ラジオはどこで聴いているか…場所別・世代別のラジオ聴取動向をグラフ化してみる(2016年6月度版)

2016/07/14 13:00

インターネットや携帯電話など新メディアの普及浸透で大きな影響を受け、大手従来型メディアの中でも紙媒体と共にメディア力(りょく)の減退が著しいラジオ。一方で先の震災によりその存在意義を見直され、復権の様相も呈しつつある。そのラジオが活躍の場を与えられるのは、何も自宅内だけでは無い。特に震災後の非日常的な状況下では屋外での活躍ぶりが注目された。今回はビデオリサーチが定期的にプレスリリースの形で公開を実施しているラジオ聴取動向の最新データ(【発表リリース:ビデオリサーチ2016年6月度首都圏ラジオ調査結果まとまる】)を基に、直近の状況における聴取場所別のラジオ視聴動向を確認していくことにする。

スポンサードリンク


自宅内はシニアが圧倒的、若年層はほとんど聴かない


今調査の調査様式などは先行記事【首都圏のラジオ平均聴取率6.3%、高齢者は平日でも1割強(2016年6月度版)(最新)】を参照のこと。

今件項目における「週平均の聴取率」とは「週全体(平日、土日を合わせた)における、1日単位での平均聴取率」を意味する。例えば「1週間全体において、1度でもラジオを聴いた人の割合」ではない(こちらは61.8%)。

最初は男女を合わせた、場所別・世代区分別の週平均。自宅では平均2.9%/日の人がラジオを聴いている。約34人に1人の割合となる。また、年齢階層区分が10歳区切りではないことに注意。

↑ 2016年6月度首都圏ラジオ・聴取場所別個人聴取率(6時-24時、週平均)(年齢階層別)
↑ 2016年6月度首都圏ラジオ・聴取場所別個人聴取率(6時-24時、週平均)(年齢階層別)

自宅内では34歳までは1%足らず、35-49歳でも2.2%。それが50歳以上になると5.8%に跳ね上がる。これは定年退職を迎えて、自宅で有り余る時間を費やしている人が多いからだと考えられる。また世代的に「高齢者ほどデジタル系のような双方向メディアではなく、一方向性の、自分で操作して反応する必要が無いメディアであるテレビやラジオを好む傾向が多分にある」(あくまでも傾向であり、全員がそれに当てはまるわけでは無いことに注意)との理由も一因。

ところが自宅外になると、成人若年から中堅層の割合がかなり伸びる。特に35-49歳と、その上の世代50-69歳の差異はあまり無いものとなる。一方、それより下の世代は自宅外でも聴取率が低くなるが、これはラジオ離れ以外に、自ら自動車に乗らない人がいるからだと考えられる(10代は特に)。

またラジオは自宅外で聴取される比率がかなり高いことも把握できる(自宅外全体=自宅外・車内+自宅外「車内」以外である)。例えば50-69歳なら週平均聴取率10.1%のうち4.4%までが自宅外である(さらにそのうち2.5%分までがカーラジオによるもの)。カーラジオがラジオ聴取に与える影響は非常に大きいことがうかがえる。

自動車に乗らない女性はラジオ聴取率も低い


これを男女別に見ると、性別で大きな差異が見受けられる。

↑ 2016年6月度首都圏ラジオ・聴取場所別個人聴取率(6時-24時、週平均)(男性)
↑ 2016年6月度首都圏ラジオ・聴取場所別個人聴取率(6時-24時、週平均)(男性)

↑ 2016年6月度首都圏ラジオ・聴取場所別個人聴取率(6時-24時、週平均)(女性)
↑ 2016年6月度首都圏ラジオ・聴取場所別個人聴取率(6時-24時、週平均)(女性)

まずは男性について。就業をしている年齢階層は自宅での聴取率は押し並べて低い(ゼロでは無いのは朝や帰宅後に聴取をしたり、無職、自営・自由業者がいるから。主夫の人も想定される)。だが60代に入ると突然高くなる。そして50代までは自宅外の方が聴取率が高いものの(10代除く)、60代では自宅内の方が高くなる。これは上記にある通り、50代までは自宅で聴く機会はさほど多くないが、60代になると定年退職で自宅にて悠々自適な生活を迎えるため。そしてラジオは一方向性を持つ、聴き入るだけの「楽なメディア」だからに他ならない。ながら作業もし易い。

一方自宅外でも高齢者ほど利用率が高まる傾向には変わりない。ただし「車内」以外の聴取値がとりわけ低めのため、自宅外全体では60代は40代や50代と比べても低い値が出てしまっている。この傾向は2015年4月分から継続し、8回連続して起きており、60代男性における自宅外におけるラジオ聴取スタイルに、何らかの変化が生じた可能性がある。

カーラジオ女性は男性とはかなり動きが異なる。縦軸の区切りを男性と同じにして比較しやすくしたが、自宅外での聴取率が男性と比べると低い一方、自宅内聴取率は男性とさほど変わらない。むしろ50代以降は女性の方が高い。自宅外の聴取率が低いのは、ラジオを聴取する機会があるタイプの勤務による自宅外勤務者が(男性と比べて女性は)あまりいないからだと考えられる。専業主婦では自宅外でのラジオ聴取機会はさほど多くなく、兼業主婦でもパートやアルバイトではやはりラジオを聴けるタイミングは見出しにくい。

さらに男性と比較してみると、女性は自宅外でのラジオ聴取率が年齢を超えて低いままであるのも印象的。自宅外では必然的に「ながら聴取」となるが、女性はラジオの屋外での「ながら聴取」について、行儀の上で敬遠しているのだろう。自動車を運転する機会そのものも男性と比べれば少ないものと思われる。

ラジオ番組の構成を思い返すと、中堅層以降を対象としたものが多い(これについてはテレビも変わらない)。局・番組側も視聴者性向を知った上で構成していると考えれば、道理は通るというものだ。


■関連記事:
【ラジオに広告を出すにはいくら必要!? ラジオの広告費を調べてみる】
【ラジオを聴くシーンは「自動車運転中」「自宅でのくつろぎタイム」】
【地震情報で見直される「ラジオ」、評価を受ける「ソーシャルメディア」、そして……】
【ラジオを聴く最多利用機器は「カーラジオ」、radikoなどのアプリ利用は1割足らず】
【ラジオを全然聴かない人3割強、理由は「興味が無い」「ネットやテレビの方が面白い」】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー