従来型とスマホ、携帯電話それぞれの利用率の推移をグラフ化してみる(最新)

2018/09/27 04:48

2018-0917先行する記事【パソコンや従来型携帯電話、スマートフォンなどの利用状況を確認してみる】などで、総務省情報通信政策研究所が2018年7月27日に発表した「平成29年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」などの調査結果を基に、携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォン双方。以下同)などの利用状況を確認した。今回は直近版となる2017年分の調査結果だけでなく、過去の調査結果も合わせ、経年における利用率の推移を確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

スポンサードリンク


調査要項などは今調査に関する先行記事【主要メディアの利用時間をグラフ化してみる】を参考のこと。

次以降に示すのは主要なモバイル端末である従来型携帯電話、スマートフォン、そしてその両機種の動向と密接な関係があるタブレット型端末における利用率に関して、「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」においてさかのぼれる過去のデータとなる2012年分以降、都合6年分の推移を記したもの。単純比較がしやすいよう、従来型携帯電話とスマートフォンの縦軸の仕切り分けは同一にしている。

まずは従来型携帯電話。なお調査票には「携帯電話(スマートフォンを除く。 PHSを含む)」とあり、厳密にはPHSも含まれる。また、スマートフォンやタブレット型端末とは別個選択肢で質問されており、複数回答形式であることから、複数種類の端末利用者の場合は、それぞれに対して「利用している」と回答するため、全項目を合わせると100%を超える属性は当然存在する。

↑ 従来型携帯電話利用状況(属性別)
↑ 従来型携帯電話利用状況(属性別)

2012年の時点では約7割の利用率を示した従来型携帯電話だが、その翌年には51.0%に急落。それ以降も漸次利用率は減少しつつある。男性よりは女性の方が、高齢層よりは若年層の方が下げ幅が大きい。また、学生・生徒や10代から30代では2012年から2013年にかけて著しい減退(前年比でほぼ半減)が生じており、従来型携帯電話からスマートフォンへのシフトが(両用からスマホ限定も合わせ)一気に生じたことがうかがえる。

他方50代から60代、特に60代の利用率減退は緩やかではあったが、直近の2017年では小さからぬ下げ幅を示している。中年層まで加速度的に進んでいたスマートフォン化の波が、50代以降にも到来した感はある。

続いてスマートフォン。

↑ スマートフォン利用状況(属性別)
↑ スマートフォン利用状況(属性別)

2012年の時点では32.0%でしかなかった利用率も、直近の2017年では80.4%と8割を超える勢い。男女の差はほとんど無く、年齢階層別では20代はもともと高く、2012年の時点ですでに7割近くを計上している。また10代から50代に至るまで、2012年から2013年にわたり大きな利用率の上昇が生じており、上記の従来型携帯電話の減少と合わせ、この1年間で大移動が生じたことが分かる。

興味深いのは学生・生徒における上昇率の変化。10代や20代では2012年から2013年にかけて大きな上昇が見られたが、学生・生徒では2013年から2014年において24.6%ポイントもの上昇が確認できる。同時期において爆発的な普及を示したコミュニケーション系アプリLINEが、この伸びの一翼を担ったものと推測できる。

直近年では40代と50代、さらには60代でも大きな伸びが確認できる。スマートフォン化がこの層にも本格的に進んできたようだ。

最後にタブレット型端末。こちらは上記2種端末とは縦軸の区切りを異にしている。調査票では「タブレット端末(iPad、 Nexus9、 GalaxyTab など)」とあり、また別項目では「電子書籍リーダー(Amazon の Kindle など)」の表記もあるため、回答者が誤認識しない限りは電子書籍リーダーの類は該当しない。

↑ タブレット型端末利用状況(属性別)
↑ タブレット型端末利用状況(属性別)

スマートフォンほど急速な伸び方ではないが(縦軸の仕切りが異なることに注意)、少しずつ、そして確実に増加の動きを示している。女性よりは男性の方が伸び方が大きかったが、直近年では女性が大きく伸び、男性を越えてしまったのが興味深い。また20代が直近年で大きな伸びを示したことで、「20代から40代までが大よそ4割の利用率」との表現を用いることができるようになった。

10代では伸び方がやや大人しいが、それ以外では属性別の動きの違いはさほど無く、一様に利用率は伸びていると見てよい。



今回精査した3種端末に関する値は、現時点では6年分しか公開値が蓄積されていない。この6年間は該当端末の周辺環境が大きな変化を見せたため、非常に有意義なデータを取得できた次第ではあるが、同時に、6年分ではやや動向を推し量るのには不足している感もある。

来年以降も継続して調査が成され、各端末の値が取得されることを願いたいものだ。


■関連記事:
【スマホは使える、けどパソコンはダメ? 新時代のデジタル世代はスマホがメイン】
【パソコン、携帯、タブレット、そしてテレビ…各ハードの利用状況を確認する(最新)】
【スマホなどで1/4超え、パソコン減少中だがその分をタブレット型端末が補完…メディア接触時間推移(経年変化)(最新)】
【10代と40代以降で進むスマホシフト…モバイル端末利用率動向(最新)】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー