シルバーウィークで取引低迷…株式市場雑感(16/09/20-16/09/23週)(週終値:1万6754円02銭)

2016/09/23 19:00

■16/09/20:日経平均終値1万6672円92銭/105.7
本日の東京株式市場は前営業日終値を挟んだ小幅な値動き。連休中に米国市場が下落したことを受け、寄り付きは売り優勢の展開となったが、その後大型株を中心に買い戻しが入る。しかしその後、金融政策決定会合を前にした買い控えの動きや、指数に大きな影響を与えるファーストリテイリングの大きな下げの影響を受け、失速する形に。出来高は17億9559万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.16%、TOPIXは+0.42%、マザーズ指数は-0.72%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には下げ銘柄多し。前営業日比は-0.07%となる。

スポンサードリンク


■16/09/21:日経平均終値1万6807円62銭/111.7
本日の東京株式市場は前場は下値低迷、後場に入って大幅反発の流れ。前場は日銀の金融政策決定会合の結果待ちで大きな動きはなく、やや売りが優勢。後場に会合結果が発表され、マイナス金利の深掘りが見送られたことを受けて金融関連の銘柄に買いが入り、同時に為替が円安に振れ、輸出関連銘柄も買い進まれた。政策会合の決定内容は一応評価されたが、FOMCの結果待ちとの思惑も大きく、上げ幅は限定的となった。出来高は25億8902万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.91%、TOPIXは+2.71%、マザーズ指数は+1.48%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.70%となる。


■16/09/23:日経平均終値1万6754円02銭/114.86
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。FOMCの結果を受けて円高が進み、それが株価の頭を押さえる形となった。しかし下げ幅は限定的で、中小株が主に支える状態となっている。出来高は19億6332万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.32%、TOPIXは-0.23%、マザーズ指数は+2.86%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+1.86%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー