5つの視点から世代間のメディアへの信頼度を確認してみる(2015年)

2015/06/08 11:00

先行する記事【国内の政治や経済問題の情報源として、各メディアはどこまで信頼されているのだろうか】などで、総務省が2015年5月19日に情報通信政策研究所の調査結果として発表した「平成26年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の公開値を基に、いくつかのジャンルに係わるニュースを取得する際に、人々がどのような情報源を信頼しているかを検証した。今回は調査で取り上げられている5つのジャンルについて、信頼度、そしてそもそも論としてそのメディアをニュース取得源としては用いているか否かを確認していくことにする(【発表リリース:「平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」の公表】)。

スポンサードリンク


信頼度は世代で差が生じるのか


調査要項などは今調査に係わる先行記事【主要メディアの利用時間をグラフ化してみる】、信頼度などの計算方法は【国内の政治や経済問題の情報源として、各メディアはどこまで信頼されているのだろうか】を参照のこと。

信頼度は高い方が信頼されている、低い方が信頼されていない、1.50が信頼されている・されていないの境目。ただし信頼度の算出には「そのメディアを利用している人」が前提になるため、信頼に足りないので該当メディアを使っていない人も算出からは除外されることから、実際には信頼度は計測値よりもいくぶん低い値となることが推定される。

抽出する世代は、未成年者を多分に含む、そしてある意味特殊な生活環境に置かれている学生・生徒、若年社会人として20代、そして高齢層として60代。それぞれ、政治・経済問題(国内)、社会問題(国内)、海外ニュース、原子力の安全性、東アジアの外交問題の各ジャンルに関し、代表的なメディアとしてテレビ、新聞、インターネットニュースサイト、ソーシャルメディア、ブログやその他サイトを挙げ、それぞれの信頼度を算出した。

↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、学生・生徒)
↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、学生・生徒)

↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、20代)
↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、20代)

↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、60代)
↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、60代)

年齢的には近く、被っている部分もあることから、学生と20代は近しい動きを示している。新聞をもっとも信頼し、次いでテレビ、インターネットのニュースサイトが続き、ソーシャルメディアやブログはあまり信頼していない。ただしテレビや新聞、ニュースサイトへの信頼度は学生よりも20代の方が低めで、ブログなどは高めに出ている。一般論レベルの話ではあるが、メディアに対する信頼度のウェイトが変化しているようすがうかがえる。

一方60代では大きな相対関係・順位に差は無いものの、ソーシャルメディアやブログの値が低くなり、大よそテレビや新聞の値が高い値を示す。またインターネットのニュースサイトも高くなっているが、これは多分にテレビや新聞などの4マスの企業体による運営サイトをイメージしているものと考えられる。若年層と比較すると、物理メディアとインターネットメディアとの間の信頼性の格差が開いているようだ(ニュースサイトをのぞく)。

「そもそも使っていない」人


上記にも記した通り、信頼度の算出には利用していない人は除外されている。信頼度とは別に、元々使っていない人も多分にいるのだろうが、同時に信頼ならないので利用していない人も多分に考えられる。そこでそれぞれのジャンルに関して、該当メディアを情報源として使っていない人の割合を抽出したのが次のグラフ。

↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、学生・生徒、そもそもその情報源を使っていない、知らない)
↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、学生・生徒、そもそもその情報源を使っていない、知らない)

↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、20代、そもそもその情報源を使っていない、知らない)
↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、20代、そもそもその情報源を使っていない、知らない)

↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、60代、そもそもその情報源を使っていない、知らない)
↑ 普段利用している情報源における信頼度(2014年、60代、そもそもその情報源を使っていない、知らない)

信頼度の観点では近しい学生と20代も、情報源としてのメディアの利用度合いでは大きな違いを見せている。学生は使っていないメディアが多めで、特に新聞やインターネットニュースサイトは20代と比べて利用している人の割合が小さい。他方ソーシャルメディアは20代と変わらない、ジャンルによってはむしろより多くの人が使っているものもあり、ソーシャルメディアを多用する学生諸氏が、ニュースの情報源としてもソーシャルメディアを積極的に活用している様子がうかがえる。

他方、高齢層は若年層とは大きな違いを見せる。テレビや新聞のような従来型の4マスはほとんどの人が情報源として用いているが、インターネット系は大よそ利用そのものをしていない。それでもインターネットニュースサイトは4割近くの人が利用しているものの、ソーシャルメディアやブログなどは2割にも届かない。そのメディアを使えるツール自身を有していない、持っていてもアクセスする気にはならない人が多分にいるとはいえ、ここまで若年層と大きな差が生じているのでは、メディアを通して見える社会の有りようが違って見えるのも不思議では無い。



先行する記事で一部高齢層において、また今本文中でも、インターネットのニュースサイトに対する信頼度が高めに出る傾向があることについて、新聞やテレビなど従来のマスメディアが主催するサイトだから信頼するとの説明をしている。それは確かに一理あるのだが、その一方で利用者そのものが4割に満たない状況を見るに、「信頼していない人はそもそも利用していない」のパターンが多分に及んでおり、必然的に相応の信頼をしている人のみが利用している結果、平均値も高いものとなった可能性も否定できない。

今後スマートフォンやタブレット型端末がさらに浸透し、高齢層にもその利用が広まるにつれ、これらの値はどのような変化を示すのだろうか。非常に気になるところではある。


■関連記事:
【尖閣諸島を知った経由「テレビ・ラジオ」が97%、求める取り組みも「テレビ」が最多回答】
【世界各国から見た「この国、世界全体に良い影響与えてる?」度】
【強い懸念を示す周辺国…領土紛争における東南アジア諸国の対中軍事衝突への懸念度】
【「新聞って信頼できるよね」「正確だよね」はそれぞれ6割、ただし若者と高齢者の間には大きなギャップも】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー