閑散相場は続く…株式市場雑感(16/09/05-16/09/09週)(週終値:1万6965円76銭)

2016/09/09 19:00

■16/09/05:日経平均終値1万7037円63銭/90.8
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。日経平均株価は3か月ぶりに1万7000円台を回復して終えた。雇用統計を発表した後のアメリカ市場の堅調さや円安の展開を背景に買い進まれ、前場は大きく上げている。後場に入ると黒田日銀総裁の講演内容が伝わり、これをトリガーとして金融セクターが売られ、市場はやや下げ始めたものの、プラス圏は維持した。出来高は相変わらず少なめで、17億5010万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.66%、TOPIXは+0.23%、マザーズ指数は+2.10%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には上げ銘柄多し。前営業日比は+1.25%となる。

スポンサードリンク


■16/09/06:日経平均終値1万7081円98銭/99.6
本日の東京株式市場はやや高値圏での値動き。前日のアメリカ市場がレイバーデーで休場のため、大きな材料も無く、為替がやや円安に動いたことのみに反応する形となった。取引も閑散としており、出来高は15億4267万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は+0.26%、TOPIXは+0.65%、マザーズ指数は+1.01%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.42%となる。


■16/09/07:日経平均終値1万7012円44銭/105.6
本日の東京株式市場は安値より付き次第高ながらも安値圏で場を終えている。アメリカの9月利上げ観測が後退したことを受け、為替が1ドル101円にまで円高化したのに影響し、輸出関連銘柄を中心に売り込まれたものの、下げ幅は次第に縮小している。出来高は19億1584万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.41%、TOPIXは-0.23%、マザーズ指数は+1.85%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.35%となる。


■16/09/08:日経平均終値1万6958円77銭/112.87
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。為替が円高に振れたことを嫌気して売り基調のままで推移した。後場に入るとマイナス金利の深堀りに係わる報道によって金融銘柄を中心にさらに売り込まれたが、引けにかけて値嵩株を中心に買い戻され、下げ幅は縮小している。出来高は16億7242万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.32%、TOPIXは-0.27%、マザーズ指数は-0.43%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.10%となる。


■16/09/09:日経平均終値1万6965円76銭/109.1
本日の東京株式市場は前場安値圏、後場高値だが勢いのないやり取り。前場は為替の円安化を受けて買い基調となったが、北朝鮮の問題を受けて売りに転じる形に。後場に入ると総理と日銀総裁の会談の報を材料にやや買い進まれたが、勢いは弱い。出来高は17億6469万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.04%、TOPIXは-0.16%、マザーズ指数は+1.66%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.42%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー