出来高少なし円高進む…株式市場雑感(16/08/22-16/08/26週)(週終値:1万6360円71銭)

2016/08/26 19:00

■16/08/22:日経平均終値1万6598円19銭/89.1
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。円高が一息ついたことを好感する形で買い基調の中で場は展開したが、大きな機運には至らず、上げ幅も限定的。出来高も非常に小さいものとなった。その出来高は14億0819万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.32%、TOPIXは+0.62%、マザーズ指数は-1.18%。

スポンサードリンク


■16/08/23:日経平均終値1万6497円36銭/86.6
本日の東京株式市場はほぼ安値圏での値動き。円高基調が続く中で相場への圧力が強まり、買いが難しい雰囲気が蔓延しているのが重荷となった。FRB議長の講演が26日になされるため、それを受けて為替がどのように動くのかを見極めるため、商いが薄くなっているとの解釈も伝えられている。その出来高は15億8254万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.61%、TOPIXは-0.47%、マザーズ指数は+0.82%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.05%となる。


■16/08/24:日経平均終値1万6597円30銭/85.2
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。円高の進行に足踏み感が生じたことを好感する形で買い進まれたが、その歩みはスローリーで、上げ幅も限定的なものとなった。出来高も13億2287万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は+0.61%、TOPIXは+0.71%、マザーズ指数は+0.51%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.64%となる。


■16/08/25:日経平均終値1万6555円95銭/84.7
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。為替は相変わらずの円高基調だがそれ以上の動きは無く、市場動向に与える影響は今のところなし。他方、前日のアメリカ市場の軟調さや商品市場の下げを嫌気する形で売り基調の中での展開となった。もっとも出来高そのものが小さいこともあり、下げ幅は限定的。26日のFRB議長の講演内容を見極めたいとの動きが多々あるようだ。出来高は13億4919万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は-0.25%、TOPIXは-0.19%、マザーズ指数は-0.54%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.15%となる。


■16/08/26:日経平均終値1万6360円71銭/78.9
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日のアメリカ市場の軟調さ、週末のポジション整理の売り、FRB議長の講演前でのポジション維持のリスク回避など、売り材料が積み上げられ、安値圏での値動きとなった。出来高は15億4608万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は-1.18%、TOPIXは-1.26%、マザーズ指数は-1.72%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまちやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.73%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー