原油の消費・輸入量、天然ガスの消費量、そして再生エネルギーの内訳…日本のエネルギー事情をグラフ化してみる(2016年)(最新)

2016/08/22 10:39

これまで複数回に渡り、国際石油資本BP社が毎年公式サイト上に公開している、エネルギー関連の動向をまとめた白書「Statistical Review of World Energy」を元に、さまざまな視点から日本、そして世界全体のエネルギー事情を確認した。今回はこれまで取り上げてこなかった視点から、日本に関するいくつかのエネルギー動向を見ていくことにする(【Statistical Review of World Energy 2016】)。

スポンサードリンク


まずは日本における原油の消費量。こちらは1965年以降の値が年次で収録されている。単位は億トン。個人レベルではピンと来ない単位だが、大まかにその分量の推移を把握できればそれで十分。

↑ 日本の原油消費量(億トン)
↑ 日本の原油消費量(億トン)

内燃機関を持つ多様な自動車の燃料となるガソリン、ストーブには欠かせない灯油だけでなく、火力発電所の燃料や各種工業製品の原材料としても欠かせない原油だが、科学技術の進歩や高効率性の機関の開発、利用資源の多様化などに伴い、1996年の2.71億トンをピークに消費量は減退しつつある。2011年以降数年間はイレギュラーな形で上昇しているが、これは発電事情に伴うもの。

続いて原油の輸入量。こちらは1980年以降のデータを確認できる。元値はバレルだったが、トンに置換している。

↑ 日本の原油輸入量(億トン)
↑ 日本の原油輸入量(億トン)

やはり前世紀末をピークとしてそれ以降は漸減。昨今では震災起因で少しばかり量を増やしているが、それも失速している。なお消費量と微妙に値が異なるのは、備蓄として回されたり、何らかの形に加工されて海外に輸出されるケースがあるからに他ならない。とはいえ、急激にそのバランスが変わるはずはなく、消費量のグラフ形状と大きな違いはない。

次に天然ガス。日本の産出量はゼロではないが、少なくともその名前を産出国として独自に挙げられる量には達していないようだ(【天然ガス鉱業会の資料】では年間30億立方メートル以上とあるが、これは270万トンの原油に相当する)。消費量の大部分はLNGの形で海外から輸入することになる。

↑ 日本の天然ガス消費量(原油換算で億トン)
↑ 日本の天然ガス消費量(原油換算で億トン)

環境負荷が小さいことや地域による産出の偏りが原油よりも少ないため、天然ガスは大いに重宝される形となり、消費量も増加している。特に震災以降は火力発電の燃料として大いに注目され、消費量も急増。昨今ではその反動もあり、多少ながらも消費量は落ちているものの、全体的には上昇傾向を継続している。

続いて一次エネルギーの消費量。これは先行記事【世界主要国のエネルギー源をグラフ化してみる】に掲載したものと実質的に同じで、続く新規グラフとの兼ね合わせもあり、単位を一部変更している。

↑ 日本一次エネルギー消費量内訳(原油換算、100万トン)
↑ 日本一次エネルギー消費量内訳(原油換算、100万トン)

震災直前とそれ以降を対象期間としたが、震災を機に原油が一時的に上昇したものの、その後は下落、天然ガスは上昇、石炭は一時的な上昇を見せたがすぐに横ばい。そして原子力は失速し2014年にはゼロとなり、2015年に入ってわずかに戻しを見せるが、まだ微少に過ぎない。原子力の穴埋め的な立場にある水力は少しずつ増え、再生可能エネルギーも増加しているが、小回りの利く原油や天然ガスと比べると、圧倒的な不足感は否めない。

その再生可能エネルギーだが、内訳は次の通り。縦軸の仕切りは変えてあるが、表示単位そのものは直上のグラフと変わらない。

↑ 日本一次エネルギー消費量内訳(再生可能エネルギー、原油換算、100万トン)
↑ 日本一次エネルギー消費量内訳(再生可能エネルギー、原油換算、100万トン)

再生可能エネルギーの増加分はほとんどが太陽光によるもの。風力や地熱なども増加しているが、それは微々たる量でしかない。さらにバイオ系の燃料は数字として計上されるまでには至っていないので(原油換算で100万トン以上を継続)、資料には掲載されていない。

太陽光の増加量は目覚ましいものだが、同時にひとつ前のグラフと合わせ見ると、2015年の時点ですら、エネルギー消費量全体においてはほんのわずかな割合でしか貢献できていない現実も突きつけられることは否定できない。



以上、今後多方面の記事で参照、資料となりそうなデータを抽出して検証できるようグラフ化した。特に再生可能エネルギー周りは、エネルギー需給のバランスを精査する際に、大いに参考になるはずだ。


■関連記事:
【日本の原油輸入元をグラフ化してみる(石油統計版)】
【日本の一次エネルギー供給推移をグラフ化してみる】
【各国再生可能エネルギーの発電量動向をグラフ化してみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー