天然ガス漸増、石炭も増加、震災の影響が顕著…日本の一次エネルギー供給推移をグラフ化してみる(2015年)

2015/07/15 14:00

人が社会生活を営む上で欠かせないのが、各種エネルギー。そしてそのエネルギーは多分に自然界の恵みを利用して取得生成されることになる。今回は資源エネルギー庁から毎年公開されている資料「エネルギー需給実績」を基に、日本国内における主要な一次エネルギーの供給推移について確認し、動向を精査していくことにする。

スポンサードリンク


今件記事のベースとなるデータは、資源エネルギー庁の公式サイト内における【各種統計情報(需給関連)】にある「エネルギー需給実績(確報)」。記事執筆時点では2015年4月14日に発表された「平成25年度(2013年度)エネルギー需給実績(確報)」(2013年4月-2014年3月対象)が最新のものであり、ここから各種値を抽出する。

グラフ生成の前に、言葉の定義について確認をしておく。「一次エネルギー」とは、自然界に存在するそのままの形を用いてエネルギー源として使われているものを意味する。化石燃料(石油、石炭、天然ガスなど)、ウラン、そして水力・火力・太陽熱・太陽光・地熱など、自然エネルギーから直接得られる類が該当する。他方「二次エネルギー」とは電気やガソリンなど、一次エネルギーに手を加えて得られるエネルギーを指す。電気やガソリンが、すぐにでも利用できる形で自然界に存在しているわけではない。

なお【総務省統計局の「日本の統計」から取得した「総合エネルギー需給バランス」】によると、国内で供給される一次エネルギーのうち、エネルギー転換(二次エネルギーなどに転換)される割合は約30.6%(2012年度分)となっている。

元資料にある一次エネルギー供給の推移をグラフ化したのが次の図。横軸の年度は、掲載されているデータの都合上、1990年度以前は同期間の間隔では無いので注意を要する。

↑ 日本の一次エネルギー供給推移(単位:10~15J)(-2013年度)
↑ 日本の一次エネルギー供給推移(単位:10~15J)(-2013年度)

J(ジュール)はエネルギーの大きさを表す指標の一つ。1M(メガ=100万)Jは0.278kWh=0.256リットル(A重油)に相当する。

昔から石油がエネルギー供給のメインだったことに違いはないが、1970年代をピークに漸減、今世紀に入ってからはその勢いを増してい「た」のが分かる。また、前世紀末以降エネルギーの供給総量がほぼ横ばいとなっているが、これは「エネルギー消費側の効率化」「多量のエネルギーを消費する国内工場の建設スピードの鈍化(海外移転)」など複数の要因によるもの。

そして2008年度から2009年度における合計値の下落、2010年度の上昇は、金融危機・リーマンショックによる不景気で産業方面でのエネルギー消費が減退したことと、その後の回復がそのまま数字となって表れている。さらに2011年度の減退は、2011年3月に発生した東日本大地震・震災によるものであることは言うまでもない。2012年度はさらに減退しているが、こちらは主に電力需給関連で進む省エネ化によるもの……ではなく、2011年度に続き単純に原子力の供給が大幅に減ったことによる。代替としての天然ガス、石油、石炭は増加した。

直近となる2013年度は、原子力はさらに減り、天然ガスや石油はいくぶんの減少、石炭が大幅増加、水力も増加、その他(再生可能エネルギーなど)も増加を示している。総量はわずかではあるが前年比で増えた形となった。

エネルギー供給の構造変化を詳しく見るために、それぞれの要素の全体構成比変移を折れ線・棒グラフ化したのが次の図。折れ線グラフの2001年度以降と棒グラフでは石油・石炭・原子力・天然ガスの4項目はそれぞれの比率もグラフに盛り込んでいる。

↑ 日本の一次エネルギー供給推移(全体比)(個別折れ線グラフ)(-2013年度)
↑ 日本の一次エネルギー供給推移(全体比)(個別折れ線グラフ)(-2013年度)

↑ 日本の一次エネルギー供給推移(全体比)(個別折れ線グラフ)(2004年度-2013年度)
↑ 日本の一次エネルギー供給推移(全体比)(個別折れ線グラフ)(2004年度-2013年度)

↑ 日本の一次エネルギー供給推移(全体比)(構成比棒グラフ)
↑ 日本の一次エネルギー供給推移(全体比)(構成比棒グラフ)

【レギュラーガソリン価格と灯油価格をグラフ化してみる】などで解説しているように、第一次石油ショックまでは日本のエネルギーは石油に頼るところが大きかった。しかし一つの手段に傾注し過ぎることのリスクを二度の石油ショックで経験したため、大規模なエネルギー構造の転換が中長期的エネルギー戦略として実施される。以降、石油が一次エネルギー供給全体に占める比率は少しずつ、しかし確実に減少を見せてい「た」。

代替エネルギーの筆頭として注目を集めたのは原子力。1970年の0.3%から、一時期は1998年につけた13.7%にまでシェアを拡大している。しかし多様な問題点を抱えているのも事実で、以降は供給量は横ばいか低減。比率も少しずつ減少を続けている。さらに震災以降は失策などを起因としてほぼゼロのまま推移する形となった。

一方で天然ガスや石炭など、旧来の化石燃料が再び見直されているのも注目に値する。石炭は【原油高騰がもたらしたもの・北海道産の石炭が再注目を集める】でも触れているように、適切な対応を施すことで従来のデメリット「二酸化炭素の排出量」を相当なレベルまでに抑えることができるようになった。あとは国内算出の採算性が十分に取れる、ブレイクスルー技術が登場すれば言うことは無い。天然ガスは安定供給・保存を確保できれば、容易に使える燃焼エネルギーとして注目を集めており、昨今では利用比率・利用量共に増加を見せている。

なお直近の2013年度だが、上記にある通り、震災とその後の政策的混乱により、原子力の供給が前年に続き大幅に減少。シェアにおいては0.4%にまで減退してしまっている。エネルギー供給不足を補うため、天然ガスと石油、石炭の供給量が大幅に増加している(各所で「た」を用いたのは、これのため)。構成バランスの異様な変化が、折れ線・構成棒グラフの双方で把握できるはずだ。



今件は2013年度、つまり2014年3月末までのものが反映されている。震災の影響がほぼ三年丸ごと反映された年度であり、その大きな状況の変化が確認できる。特に原発の大部分が停止したことによる変動があちこちで見受けられる。

震災やそれに伴う政策上の混乱(致命的失策とも表現できよう)による電力供給不足を受け、エネルギー供給比率をどのようなバランスに保つべきか、そして安定したエネルギーの供給をいかに維持するかが、これまで以上に重要な課題となっている。そのためにも、将来性のある技術(新規だけでなく、上に挙げた石炭の効率良い・環境負荷の少ない利用など、既存技術の改善版で新たな道が開けるものも含む)開発が求められている。

その成果は国内のエネルギー供給に貢献するだけでなく、海外とのビジネスの材料としても非常に有望となる。そしてそれは海外においても、エネルギーの安定供給をはじめとする、さまざまな恩恵をもたらすことになる。

技術開発は「必ず結果が期待できる」類のものばかりでは無い。例えるなら発芽率の悪い種を植える行為ともいえる。そして芽が出ても、それが実を成らせるとは限らない。しかし種をまかずに、実を期待することなど出来はしない。即効の効果が確認できないから、具体的な短期的成果が見えてこないからとの理由で、種をまくことを「無駄」「成長など不必要」と切り捨てる、それどころかその種もみを食するような短絡的な考え方で、未来をも切り捨てる行為は厳に慎んでほしいものである。


■関連記事:
【世界主要国のエネルギー源をグラフ化してみる】
【主要国の一次エネルギー消費量推移をグラフ化してみる】
【日本の一次エネルギー供給の動きをグラフ化してみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー