梅雨が明けたが市場は梅雨模様のまま…株式市場雑感(16/07/25-16/07/29週)(週終値:1万6569円27銭)

2016/07/29 19:00

■16/07/25:日経平均終値1万6620円29銭/129.8
本日の東京株式市場は高値圏での値動きだが引けにかけて失速。寄り付きから買い基調で展開したが短期的な過熱感に及び腰となったのか、次第に上げ幅は縮小。引けにかけては先物主導で売られ、引けにはマイナスに転じた。相場全体をはっぴっていた任天堂がストップ安になったのも少なからぬ影響要因となった。出来高は16億8540万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.04%、TOPIXは-0.16%、マザーズ指数は+0.48%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には上げ銘柄多し。前営業日比は+0.15%となる。

スポンサードリンク


■16/07/26:日経平均終値1万6383円04銭/115.4
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日のアメリカ市場の安値感、為替の円高化、原油価格の下落を受けて寄り付きから売り込まれた。引けにかけてはやや戻しを見せるも、安値基調からの脱却はならなかった。出来高は19億1084万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.43%、TOPIXは-1.39%、マザーズ指数は-1.19%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.23%となる。


■16/07/27:日経平均終値1万6664円82銭/115.4
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。日銀への追加金融緩和への期待感もあり、買い進まれる形となった。後場に入ると一部報道を受けて大きく跳ね、その後失速する形に。出来高は22億3908万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.72%、TOPIXは+1.13%、マザーズ指数は+0.49%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.13%となる。


■16/07/28:日経平均終値1万6476円84銭/117.5
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。FOMCで政策金利の据え置きが決まったことを受けて円高ドル安が進み、これが市場への悪材料となって売り圧力が大きく膨らんだ。出来高は18億9771万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.13%、TOPIXは-1.11%、マザーズ指数は-1.37%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.13%となる。


■16/07/29:日経平均終値1万6569円27銭/117.0
本日の東京株式市場は乱高下の展開。前場は日銀の金融政策決定会合の結果待ちで小幅な値動き、後場に入って結果を受けて円高が進み、一時は大きく下げたが、内容を吟味した上での買い支えが入り、引けまでにはプラスに転じた。しかし円高はそのまま継続している。出来高は31億8874万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.58%、TOPIXは+1.20%、マザーズ指数は+1.03%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.43%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー