為替円安化とポケモンGOで株価もGO…株式市場雑感(16/07/19-16/07/22週)(週終値:1万6627円25銭)

2016/07/22 19:00

■16/07/19:日経平均終値1万6723円31銭/116.3
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。アメリカ市場の堅調さに加え、為替が円安に動いていることを好感する形で買い基調の相場展開となった。ソフトバンクが大幅安となったことが指数上の圧力となったが、任天堂の堅調さがいくぶんながらも打ち消す形となり、また経済政策への期待感も後支えした。出来高は20億1050万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.37%、TOPIXは+1.08%、マザーズ指数は-0.60%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には上げ銘柄多し。前営業日比は+2.12%となる。

スポンサードリンク


■16/07/20:日経平均終値1万6681円89銭/124.7
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。ここ数日来の急騰への警戒感が強まり、寄り付きから大きく売り込まれた。もっとも、売りが一巡した後は次第に戻し、引けまでには下げ幅はかなり縮小している。出来高は18億6441万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.25%、TOPIXは-0.05%、マザーズ指数は-0.75%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチ。前営業日比は-0.03%となる。


■16/07/21:日経平均終値1万6810円22銭/125.7
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。円安を好感する形で買い基調の相場展開となった。しかし後場に入ると利益確定売りに押される形となり、上げ幅を縮小、やや高で場を終えた。出来高は20億0660万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.77%、TOPIXは+0.65%、マザーズ指数は+0.10%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.39%となる。


■16/07/22:日経平均終値1万6627円25銭/131.5
本日の東京株式市場は次第安の流れ。週末のポジション整理売り、前日のアメリカ市場の軟調さ、やや円高が進んだこと、さらに数日来の市場の過熱感を警戒した売り圧力などから、一方的な売り基調のまま相場は進んだ。黒田日銀総裁の発言も円高・株価安に影響を与えた。出来高は15億9104万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.09%、TOPIXは-0.89%、マザーズ指数は-1.03%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.06%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー