食料品は相場安と気温が上がらずで今一つ、衣料品や住関品も季節モノがイマイチ…2016年5月度チェーンストア売上高、前年同月比マイナス1.3%

2016/06/22 05:00

梅雨を実感させる雨の日がたまに訪れるぐらいで、後は夏の暑さを覚えさせるような天候が続く今日この頃。チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の業界団体である【日本チェーンストア協会】は2016年6月21日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストアの2016年5月度分販売統計速報(月報)を発表した。その内容によると2016年5月は食料品が農産品の相場安で伸びが鈍く、衣料品と住関品は気温が上がらずに季節商品の動きが鈍く、結果として売上総額の前年同月比はマイナス1.3%(店舗調整後)を示す形となった(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

スポンサードリンク


今データは協会加入の57社・9410店舗に対して行われた調査結果によるもの。店舗数は先月比で6店舗増、前年同月比で53店舗増加している。売り場面積は前年同月比97.8%となり、2.2%ポイントの減少。売り場面積あたりの売上額は前年同月比でプラス0.4%を示す形となった。販売金額には消費税額は含まれていないため、それだけ面積当たりの業績が向上していることになる。

各主要分野別では前年同月比でそれぞれ次のような値を示している。数字はすべて店舗調整後(いわゆる「既存店」)。店舗の増減が売上に反映され、各店舗の実態を確認する際に状況が困難にならないよう、昨年同月の時点では存在していない店舗の分を除いた値で算出されている。

■総販売額……1兆1036億5676万円(前年同月比98.7%、▲1.3%)

・食料品部門……構成比:64.3%(前年同月比100.2%、△0.2%)

・衣料品部門……構成比:9.0%(前年同月比92.8%、▲7.2%)

・住関品部門……構成比:20.3%(前年同月比96.5%、▲3.5%)

・サービス部門…構成比:0.3%(前年同月比99.3%、▲0.7%)

・その他…………構成比:6.0%(前年同月比100.1%、△0.1%)

※販売金額には消費税額は含まず

農産品が相場安で低迷。
昨年同月程気温が
上昇しなかったため
涼味関連も鈍い。
気温の低迷は
住関品や衣料品の
季節商品にも足かせ。
食料品では農産品はトマトやなす、枝豆、キウイ、メロンなどは好調だったが、キャベツやレタス、りんごなどが不調。畜産品はハム・ソーセージなどの加工品以外はおおむね堅調。精肉の好調さはここ数か月変わらない動きで、先月鈍い動きに留まった鶏卵も今月は好調。消費性向的に肉食へのシフトが起きているのかもしれない。水産品は刺身盛り合わせやマグロが好調なぐらいで、多くは不調。

惣菜はサラダなどの洋惣菜や寿司が不調だが、それ以外は揚げ物や焼き物、中華などは大よそ好調。コンビニ業界の月次報告でもここしばらくは惣菜の堅調さが特記事項として記されており、中食需要が喚起されている感は強い。その他の食品では気温の影響もあって酒類、飲料、アイスクリームが不調なものの、乳製品全般やヨーグルト、インスタントコーヒーなどのし好品は好調。

衣料品では前年同月と比べると雨が多く気温が低かったことを受け、レイングッズは好調だったが、夏に向けた衣料品は大よそ不調。母の日関連ではエプロンが良く動いた。住関品でも母の日関連で婦人バッグが良く動いている。またカセットコンロや防災グッズも好調。家電製品ではテレビやエアコン、冷蔵庫、ドライヤー、電池などがよく動いたが、レコーダーや洗濯機、炊飯器などは不調。

「その他」項目は前月から転じて堅調さを見せ、プラス0.1%。サービスは0.7%とわずかだがマイナスで、旅行関係やチケット販売などが他の業種(多分にインターネット経由やコンビニ販売だろう)に奪われ、厳しい状態にあることがうかがえる。

今回計測月では一部で先月に続き、九州・熊本地震の影響に伴う需要の増加が見られたが(防災グッズやカセットコンロ、電池が好調)、全体の値を底上げするには至らなかった。逆に自粛ムードに伴う消費減退が見られなかっただけ良しとすべき。むしろ今回月は前年同月と比べて気温があまり上がらず、季節ものの動きの足を引っ張った影響が随所に見受けられる。

今年は平年と比べて気温が高く雨も多くなるとの長期予報が出ているが、各部門の売上にはいかなる影響が生じるだろうか。注意深く見守りたいところではある。


■関連記事:
【定期更新記事:チェーンストア(日本チェーンストア協会発表)】(過去記事一覧)
【スーパーやデパートの主要商品構成比の移り変わりをグラフ化してみる】
【スーパー・デパートの衣料品の移り変わりをグラフ化してみる】
【「卵が高値をつけているのは、円安のせいだ、政策のせいだ、政府のせいだ」とつまみ食い的印象論の怖さ】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー