やや値を落とし、取引量も伸び悩み…田中貴金属、2016年通期における投資用金地金などの取引量を発表

2017/01/21 05:15

田中貴金属は2017年1月19日、同社における2016年通期(1月から12月)の投資用金地金、プラチナ地金の販売量と買取量の数値などを発表した。その内容によれば金価格はドル建てでは大きく減少したものの、同時に円安が進行したことから、円建て価格はやや値を落とした4300円台/グラム前後での推移となった。また(田中貴金属側による)金の買い取り量は減少し前年比で16.9%の減となった。金の販売量は14.3%減少している。田中貴金属側では国内金価格の変動が小さかったこと、世界的な金融情勢の不安定感の後退に伴い、売買量が減退したと分析している(【田中貴金属公式サイト】)。

スポンサードリンク


リリースによれば2016年通期における金の平均価格は1グラムあたり4396円(税別、以下同)。昨年の平均価格4564円/グラムを170円ほど(マイナス3.7%)下回ることとなった。

↑ 田中貴金属における金(ゴールド)の販売・買取量指数の推移と金価格(指数は2001年の販売量を100とした時の値)(-2016年通期)
↑ 田中貴金属における金(ゴールド)の販売・買取量指数の推移と金価格(指数は2001年の販売量を100とした時の値)(-2016年通期)

2016年通期の金価格動向は次の通り。中国経済の先行き不安により引き起こされた1月頭からの世界的な株安の流れを受け上昇基調となり、2月には金価格は4500円/グラム台まで上昇。その後、年始からの株安が世界経済そのものの不透明感へと波及すると安全資産である金に買いが強まり、3月には今年最高値の4655円/グラムを記録。さらに6月は英国EU離脱の国民投票による決定で金融市場への不安感が強まり金価格は上昇、7月もドル建て金価格が上昇していく中、日本政府の大型経済政策に対する期待感の強まりから進んだ円安が円建ての金価格を押し上げ、金価格は4500円/グラム前後で推移。

その後、米国の9月利上げ観測の警戒感や日銀の追加金融緩和発表などにより金価格は軟調に。9月は米国の早期利上げ観測の後退でドル建て金価格は堅調に推移したが、為替相場の円高傾向で国内価格は4300円/グラム台に。11月の米大統領選開票直後にはトランプ氏当選の警戒感による急激なドル安/株安の進行から月間高値の4381円まで値を上げたものの、すぐに下落し軟調傾向に。その後トランプ氏によるインフラ投資施策などの表明によりドル高、米株価の上昇が進行したため、ドル建て金価格は下落となったものの、ドル高と円安で相殺され円建て国内価格は安定的に推移した。以降年末にかけて、米連邦公開市場委員会(FOMC)による利上げ観測と雇用指標などアメリカ合衆国内の各種経済指標の好調、米長期金利の急騰を受け、為替相場がドル高基調で推移したことから、ドル建て金価格は大幅に値を下げたが、同時に進んだ円安の影響から金の国内価格は相殺の動きとなり、再び4300円/グラム台で推移している。

金地金の売買動向だが、前年と比べ、田中貴金属側から見た販売量、つまり一般客の購入量は14.3%減。田中貴金属側から見た買取量、すなわち一般客による販売量は16.9%の減少を示している。値動きが大人しくなったことに加え、経済方面での不安定感が減退したことで、安定感の強い金資産への注目が後退したものと考えられる。

今後の動向だが、トランプ新米大統領の政策動向、FRBの利上げの積極性、イギリスのEU離脱に伴う同国やEUの動き、さらにヨーロッパや中東に大きな影響を与えている移民・難民問題、そして東南アジアにおける中国の挙動など、経済の不安定要素や為替変動要素は少なからぬものがあり、場合によっては大きな金価格の変動につながるものとなりうる。

↑ 金税込小売価格(田中貴金属、グラム当たり円、月次平均)
↑ 金税込小売価格(田中貴金属、グラム当たり円、月次平均)

昨今ではイギリスのEU離脱に関してEU単一市場などからの離脱「ハードブレグジット(強硬離脱)」の噂、そしてその明言がメイ首相実際になされたことで、リスク回避の動きが高まり、安全資産としての金に注目が集まったことで、金価格は上昇の動きにある。トランプ新・米大統領の政策動向と合わせ、金価格や為替にも大きな影響を及ぼすイギリスの動向には、大きな留意を払いたいところではある。


■関連記事:
【金(きん)への投資をする4つの方法】
【米で28%は「金は長期投資に最適」】
【金投資の長所は「世界共通」、では短所は?】
【メリット「どこでも通用」ではデメリットは?…金投資の良い点・悪い点を探る】
【金(きん)投資の長所は「世界共通」、では短所は何だろうか…?】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー