原油は上がり、為替は大きくゆらぐ…株式市場雑感(16/05/16-16/05/20週)(週終値:1万6736円35銭)

2016/05/20 19:00

■16/05/16:日経平均終値1万6466円40銭/109.3
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。政策に対する期待感や噂話が買い材料となり、好業績の決算を発表した企業の動向がそれを後押しする形となった。もっとも後場後半から失速の動きを示し、上げ幅は大幅に縮小する形で場を終えた。出来高は19億5208万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.33%、TOPIXは+0.11%、マザーズ指数は-6.76%。

銘柄種類数的には高安まちまち。1銘柄が大きく下落し、前営業日比は-1.05%となる。

スポンサードリンク


■16/05/17:日経平均終値1万6652円80銭/116.7
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。原油高を受けてアメリカ市場が堅調な値動きを示したのに加え、為替が円安に動いたのを背景に、寄り付きから買い進まれた。出来高が小さい中でやや粗い値動きとなったものの、総じて高値を維持した。ただし天井感も強い展開でもあった。出来高は17億8445万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.13%、TOPIXは+1.07%、マザーズ指数は+1.30%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまちやや高値銘柄多し。前営業日比は+1.10%となる。


■16/05/18:日経平均終値1万6644円69銭/114.0
本日の東京株式市場はもみ合いやや下値圏での値動き。GDPの速報値が予想を上回る結果となったことから、政府による追加経済政策への期待感が後退。一方で日銀のマイナス金利拡大への懸念も後退し、結局市場へ与える影響は差し引きゼロといったところ。しかし後場に入るとスズキの燃費データに絡んだ報道が重しとなり、やや下値圏での値動きとなった。出来高は23億4197万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.05%、TOPIXは+0.19%、マザーズ指数は-7.84%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまちやや安値銘柄多し。前営業日比は+0.01%となる。


■16/05/19:日経平均終値1万6646円66銭/110.6
本日の東京株式市場は高値より付きのあと失速、一時マイナス圏での値動き。為替が円安に振れたことを好感し、また機械受注の好調さなどから買い進まれる形になった。しかし出来高は小さめで次第に失速し、原油安の影響もあり伸び悩み。後場は前日終値付近を行き来するしばしお待ちあれ見合いに終始した。出来高は20億1877万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.01%、TOPIXは-0.14%、マザーズ指数は+1.66%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまちやや高値銘柄多し。前営業日比は+0.55%となる。


■16/05/20:日経平均終値1万6736円35銭/116.8
本日の東京株式市場は安値より付きの次第高。寄り付きは前日のアメリカ市場の軟調さや為替の円安化の動きが止まったことを受けて売り基調で始まったが、その後は今後の経済関連イベントに向けた政策期待から買い進まれる形となった。出来高は18億8727万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.54%、TOPIXは+0.51%、マザーズ指数は+1.19%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまちやや高値銘柄多し。前営業日比は+0.64%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー