カービィがトップを果たすが二位以下はパワプロがずらり…ゲームソフトランキング更新(2016/04/25-2016/05/01)

2016/05/09 07:00

連休も終わりしばらく土日以外の休みとは遠縁になる現実に悲しみを覚える今日この頃。メディアクリエイト発表による【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位は任天堂の新作「星のカービィ ロボボプラネット」(3DS)となった。何でも吸い込み自分の能力に変えてしまう素敵なカービィが主人公のアクションゲームシリーズ「星のカービィ」の最新作。今回はロボットに搭乗するという新たなシチュエーションでの戦いとなる。ロボット「ロボボアーマー」に乗りこんだカービィには凄まじい力が与えられ、またロボット自身も敵の能力をコピーする能力を持っている。カプセルで敵と戦う「ドクター」、毒液攻撃の「ポイズン」など新たなコピー能力の登場、amiibo毎に与えられる特典の数々など、今作ならではの新機軸も多分に導入されている。初回計測週の感想は概ね堅調。ファンサービスの心意気、創り手の意気込みなどが感じられるとの意見が多い。

スポンサードリンク


第2位はコナミデジタルエンタテインメントの新作「実況パワフルプロ野球2016」(PS4)。プロ野球を題材にしたスポーツゲームシリーズの中でも息の長い「パワプロ」の最新作。2015年のペナントシーズン中のデータを基に作成されており、直近動向に近い選手の活躍ぶりが楽しめる。シナリオを進めながら選手育成をしていくサクセスモード20周年を記念した特別モード「パワフェス」の導入や、新球種の開発モード、オンライン機能の強化などが実装されている。初週感想は大よそ堅調。ボリュームの充実、完成度の高さなどが評価されている。一方、純粋なスポーツゲームとしての難易度はやや高めで、従来のシリーズ経験者でもかなり難儀しているとの話も多い。なお同名タイトルのPS Vita版が第3位、PS3版が第4位にランクインしており、
3機種合わせた初週販売数は24.3万本。

今回計測週では新作がずらりと勢ぞろい……ではあるが第2位から第4位までが「パワプロ」ばかりで、顔ぶれはやや微妙。それだけ「パワプロ」の人気が絶大である証には違いないが。他方次回計測週は連休中のさなかとなるため、新作はごく少数。恐らくは今回のランキング上位陣の多分が、そのままスライドする形となるのだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー