ニュースを見聞きしたり分からなかったら調べてみたり…子供達の知的探究心事情(2015年)

2015/02/04 08:00

新聞や雑誌、テレビやラジオ、そしてインターネットと、世の中は多種多様な手段で日々の出来事を取得できるツールに満ちあふれている。それらを用いてニュースを見聞きし、社会の出来事を知るのは、感性を刺激し、知的探究心を充足するのに欠かせない行動となる。今回は少年教育振興機構が2014年6月に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、日々のニュースの見聞状況、そして分からないことに出会った際にそのままにせずに調べてその疑問を解決するか否かの点から、子供達の知的探究心の実情を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」 (平成24年度調査)報告書】)。

スポンサードリンク


ニュースの見聞きは直近で少々増加


今調査の調査要項については先行記事【果物の皮を包丁でむいたり、ぞうきんを絞ったり……いまどきの子供事情を探る】を参考のこと。

次に示すのは新聞やテレビ、インターネットなどの主要メディアを使い、その日のニュースを見聞きしているか否か、しているならばどの程度の度合いかを尋ねたもの。例えば高校生なら6割強は「自分は日々のニュース取得をしている」と意識していることになる。

↑ 新聞やテレビ、インターネットでその日のニュースを読んだり見たりする(2012年度)
↑ 新聞やテレビ、インターネットでその日のニュースを読んだり見たりする(2012年度)

テレビの利用率も影響しているのだろうか、意外にも中高生より小学生の方がニュースを見聞きする割合は高い。小学5年生ではほぼ7割がメディアを使ったニュース取得に肯定的。そして小学5年生をピークに、以降は学年が上がるに連れてニュースとの接触度合いは落ちていくことになる。

全体的な経年変化を見ると、直近の2012年度でやや積極的な方向への動きが確認できる。

↑ 新聞やテレビ、インターネットでその日のニュースを読んだり見たりする(経年変化)
↑ 新聞やテレビ、インターネットでその日のニュースを読んだり見たりする(経年変化)

これは多分に【月ぎめで新聞を取ってる人はどれぐらいいるのだろうか】でも解説の通り、新学習指導要領によって小中高校で新聞などを教材として活用することが示されたのが原因として考えられる。小学校では2011年度から、中学校では2012年度からの実施となっているが、実際高校生では動きが見られないものの、小学生では有意な積極化が確認できる。

↑ 新聞やテレビ、インターネットでその日のニュースを読んだり見たりする(経年変化、小学5年生)
↑ 新聞やテレビ、インターネットでその日のニュースを読んだり見たりする(経年変化、小学5年生)

↑ 新聞やテレビ、インターネットでその日のニュースを読んだり見たりする(経年変化、高校2年生)
↑ 新聞やテレビ、インターネットでその日のニュースを読んだり見たりする(経年変化、高校2年生)

次年度分の調査結果が積み上げられれば、その影響による動きがさらに裏付けられるに違いない。

分からないことがあったらそのままにせずに調べる……かな?


知的探究心を確認できる項目としては、日々のニュースの見聞き度合だけでなく、疑問に感じたことをそのままにせず、調べあげてその疑問を解消するという積極的行動をするか否か、その度合いもある。

↑ 分からないことはそのままにしないで調べる(2012年度)
↑ 分からないことはそのままにしないで調べる(2012年度)

中学2年生でいくぶん大きな凹みが生じているのが気になるが、大よそ低学年ほど調べものには積極的で、歳を経るほど消極的になる。特に「とても当てはまる」の回答率の動きに顕著に表れている。とはいえ6割前後は疑問に思ったことを放置せず、調べてその疑問を解消する姿勢を示している。

経年変化では全体像としての動きはほとんど無いものの、高校2年生に限れば明らかな増加が確認できる。

↑ 分からないことはそのままにしないで調べる(経年変化、高校2年生)
↑ 分からないことはそのままにしないで調べる(経年変化、高校2年生)

それだけ高校2年生の「調べて自分の疑問を解消したい」との欲求が強まっていることが推測できる。あるいは元々疑問への探究心は強かったものの、それを気軽に解消できるツール(インターネット、特に携帯電話(とりわけスマートフォン))が普及し始めていることが、この値の上昇を後押ししている可能性はある。もちろん裏付けは今項目の動向だけでは不可能だが、大いに考えられる話ではある。

実際クロスデータで確認すると、インターネットの利用時間による有意な差異は見られないものの、インターネットの利用の有無の区切りでは、明らかに違いが出ている。

↑ 分からないことはそのままにしないで調べる(2012年度、高校2年生)(普段のインターネットの利用時間別)
↑ 分からないことはそのままにしないで調べる(2012年度、高校2年生)(普段のインターネットの利用時間別)

少なくとも高校2年生においては、知的探究心の充足に関して、インターネットが支えになっていることは容易に想像できよう。


■関連記事:
【気になる子供の社会への関心度、そして新聞購読率】
【「調べる」の意味の変化…米生徒のリサーチ傾向の現状】
【インターネットは勉強にどれほど役に立っているのだろうか】
【「楽しんで勉強」「すぐに調べもの」タブレットでの勉強期待、では不安は……?】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー