報道の自由度ランキングをグラフ化してみる(2016年)(最新)

2016/04/30 11:22

国際NGOフリーダム・ハウス(Freedom House)は2016年4月26日、「報道の自由度(Freedom of the Press)」のランキングに関する最新報告書「Freedom of the Press 2016」を発表した。その内容によると、世界でもっとも報道の自由度が高い国はノルウェーで、続いてベルギー・フィンランド・オランダ・スウェーデンなど、欧州諸国が続く形となった。日本は国数的には44位で、ドミニカや台湾と同点となり、自由と評価される部類に属している。今回はこの調査結果の内容をいくつかの視点から確認していくことにする(【発表リリース:Freedom of the Press 2016: The Battle for the Dominant Message】)。

スポンサードリンク


日本は44位、報道の自由があると認められている領域


フリーダム・ハウス(Freedom House)は1941年にアメリカ合衆国国内で設立された国際NGO団体。同国としては初の世界規模で自由を守るために活動する組織として知られており、創設者はウェンデル・L・ウィルキー(1940年時点の共和党の大統領候補)やエレノア・ルーズベルト(当時のアメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトの妻)。同大統領の支援も受けているが、超党派的な存在として設立され、その方針は今も続いている。

設立当時同国内をはじめ世界には孤立主義、共産主義、ナチズム、全体主義が広まりを見せており、それに対抗しうる最大の武器が、自由と民主主義の浸透であるとし、それを監視しその現状を知らしめることを存在意義としている(キャッチコピーの「75年に渡る民主主義の擁護者」もそれを表している)。またその考えに連なる形で、世界中に自由や人権を広め、強化していくことも使命として掲げている。現在では12か所に事務所を構え、120人以上の専門家や活動家から構成されている。なお同国の指標的報告書「Freedom in the World(世界の自由度ランキング)」は1973年から展開を開始した。

今回確認をする「報道の自由度(Freedom of the Press)」ランキングだが、3つの主要カテゴリ「A:法的環境」「B:政治的環境」「C:経済的環境」に分類された合計23の質問(さらにそれらは複数の質問に分岐され、合計で100)に対し、該当しうるか否かでポイント付けされる。結果は国別に判断され、100点がもっとも報道の上では不自由、ゼロ点がもっとも自由。30点以下は自由、31-60点がやや自由、61点以上が不自由と大別化される。

それぞれの質問への判断は該当地域の専門家や学者によって多層プロセスでの評価が成されている。90人ほどのアナリストによって分析が行われているが、その分析の際には実地調査以外に専門家へのインタビュー、国際的民間組織からの報告書、政府や地域の国内外のニュースメディアからの情報取得が行われている。特にIFEX(the International Freedom of Expression Exchange)からは多大な協力を受けている。なお「報道の自由」は紙媒体に限らない。また従事担当者はすべてその詳細なプロフィールと共に公開されており、透明性は確保されている。

さて直近となる「報道の自由度2016」だが、これは2015年の動向を確認したもの。発表ページでは世界地図を色づけした形で大勢が分かるような図版が用意されている。

↑ 報道の自由度(Freedom of the Press)2016
↑ 報道の自由度(Freedom of the Press)2016

グリーンの国は自由、黄色はやや自由、紫は不自由判定が下されている。アジア地域は大よそ不自由、欧米諸国は大よそ自由。南米・アフリカ大陸はやや自由から不自由。地域で大体の仕切り分けができるのは興味深い。報道に係わる文化的な姿勢の違いが根底部分にあるのだろう。その観点で、日本がアジア地域では台湾と共に数少ない自由判定を下されているのは注目に値する(太平洋地域まで含めるともう少し数は増えるが)。

続いて最新のデータに基づいた、報道の自由度をランキング付けしたもの。全部の国を一つに集約するのは無理があるので、自由、やや自由、不自由それぞれの該当国のみで仕切り分けし直し、グラフに収めている。

↑ 報道の自由度ランキング(2016年発表、2015年分)(「自由」判定の国)
↑ 報道の自由度ランキング(2016年発表、2015年分)(「自由」判定の国)

↑ 報道の自由度ランキング(2016年発表、2015年分)(「やや自由」判定の国)
↑ 報道の自由度ランキング(2016年発表、2015年分)(「やや自由」判定の国)

↑ 報道の自由度ランキング(2016年発表、2015年分)(「不自由」判定の国)
↑ 報道の自由度ランキング(2016年発表、2015年分)(「不自由」判定の国)

日本は上記にある通り26点で44位。もっとも数点の差異は誤差レベルのものであることを考えると、プラスマイナス5点位の国は大よそ同じ報道の自由度を有していると考えても良い。ドイツやニュージーランド(20点)、アメリカ合衆国(21点)、イギリス(25点)からチリ(29点)辺りが知名度の高い国として同一領域だろうか。先の事案で大きく「報道の自由」が論議されたフランスは28点で、自由判定はされているものの、日本よりはわずかに低い値となっている。

一方、値が高い、つまり報道の自由度が低い国としては、最上位は北朝鮮の97ポイント、次いでトルクメニスタンの96点、ウズベキスタンの95点が続いている。イランは90点、中国は87点、ロシアは83点といずれも高い値。自由度の高い上位陣と共に納得できる結果ではある。

太平洋アジア地域に限定して確認


良い機会でもあるので、太平洋・アジア地域に区分された国に限定して、内容をもう少し確認していく。まずは全体値の状況。

↑ 報道の自由度ランキング(2016年発表、2015年分)(低値ほど自由)(アジア太平洋地域)
↑ 報道の自由度ランキング(2016年発表、2015年分)(低値ほど自由)(アジア太平洋地域)

同地域でもっとも自由度が高いのはパラオ、次いでマーシャル諸島、ニュージーランド、ミクロネシア、そしてオーストラリア。日本はバヌアツに続く値。自由・やや自由・不自由の仕切り分けにおいて、国数としてはほぼ等分だが、諸島や人口の少ない国が多い中で、日本は数少ない「人口の多い自由判定国」であることが分かる。

韓国は33ポイントでやや自由判定、香港も39点でやや自由。インドは41点、フィリピンは44点でやはりやや自由。中国や北朝鮮はともかく、タイやシンガポール、マレーシアが不自由判定を下されていることに、それぞれの国の第一印象からすると意外さを覚えるものもある。

これを「A:法的環境」「B:政治的環境」「C:経済的環境」それぞれのポイントで仕切り分けしたのが次のグラフ。

↑ 報道の自由度ランキング(2016年発表、2015年分)(低値ほど自由)(アジア太平洋地域)(ポイント要素仕切り分け)
↑ 報道の自由度ランキング(2016年発表、2015年分)(低値ほど自由)(アジア太平洋地域)(ポイント要素仕切り分け)

国によってやや違いを見せる部分もあるが、大よそ法的な環境、政治上の環境、経済上の環境の上で、それぞれ同程度のチェックが入り問題があるとされ、ポイントが加算されていることが分かる。日本はやや政治的要素が大きいがその分、法や経済の縛りが緩い、不自由な国では法や政治上の縛りが多い、自由度の高い国では概して法的しばりが緩いなどが傾向として挙げられる。



これらの指標はフリーダム・ハウスの判断によるもので、絶対無比のものでは無い。他方、75年に渡り各方面の自由を尊重し、監視を続け啓蒙を果たしてきた機関による精査であり、「報道の自由度」に限っても1980年以降毎年継続して精査と公表が行われ、調査のたびに状況に応じた指針の変更模索がなされていることや、その内容が極めて高い透明度で公開されていることから、大いに参考になる値にも違いない。

日本ではあまり伝えられることが無い今指標だが、注目すべきものであることは言うまでもあるまい。


※順位カウントに一部ミスがあり修正しました。本文そのものや図表に変更はありません


■関連記事:
【「報道の自由度ランキング」ガーという意見がまだあるようですが、ならばこちらはという話】
【「報道の自由」2016年版が発表。ただしフリーダムハウス版。さて日本は?!】
【日本が見せる独自性…メディアと「報道の自由」に関する人々の見方(2016年)(最新)】
【「『報道しないこと』これがマスコミ最強の力だよ」…あるマンガに見る、情報統制と世論誘導】
【報道される側の一次情報公開のススメ】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー