美味しさ、好み、そして価格…食品選択時の重視点と世帯年収との関係をグラフ化してみる(最新)

2020/02/06 05:10

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-0122好き嫌いや自分・家族の要望、目の前にある食材の鮮度、安全性、大きさ、そして価格。自分や家族が食べることになる食品を選択する際の着目点は多様。普段食品を選ぶ際に、どのような点を重視しているだろうか。その着目点は経済的な環境の違いで差は生じるのだろうか。今回は厚生労働省が2020年1月14日に発表した「平成30年国民健康・栄養調査」の結果を基に、世帯年収別で食品選択時の重視点の総意を確認していくことにする((【国民健康・栄養調査】)。

スポンサードリンク


今調査に関する調査要項は先行記事【一日の平均歩数は男性6794歩・女性5942歩(最新)】を参照のこと。

次に示すのは男女に区分した上で、世帯年収を200万円未満・200万円以上400万円未満・400万円以上600万円未満・600万円以上に区分し、食品を選択する際に重視している点を複数回答で答えてもらったもの。なお世帯年収別区分では年齢階層と世帯員数による多変量解析を行い、各種調整をしてあることに注意する必要がある。つまりそれぞれの世帯年収で、年齢階層や世帯構成人数は同率ずつ存在している状況となっている。年収200万円未満の区分内では高齢者の比率が大きいため重視点が他の世帯年収層と異なるといった、アンバランスな状態の統計値ではない。

まずは男性。

↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、男性、複数回答、世帯年収別)(2018年)
↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、男性、複数回答、世帯年収別)(2018年)

どの世帯年収層でもトップは美味しさ、次いで好み、そして価格、安全性が続く。多少の差異はあるが、この順位で変化が無い。低世帯年収ほどエンゲル係数が高くなる傾向があるため、価格により強い関心を抱くのではと思いがちだが、実際にはそうでもないようだ。

一方で一部イレギュラーが出ているものの、おおよそ世帯年収が高いほど各選択肢の回答率が高くなる傾向が確認できる。世帯年収が高い人ほど食品選択の際により一層の選り好みをするようだ。

女性でも大勢は変わらない。

↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、女性、複数回答、世帯年収別)(2018年)
↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、女性、複数回答、世帯年収別)(2018年)

ただし男性と比べるとほとんどの項目で値が高くなっている。また好みよりも価格の方が、一部世帯年収層では安全性も高い値を示しており、自分以外の世帯構成員のことも考えて食品を選択することが多い女性の実情がうかがえる。

さらに男性同様、女性もまた、高世帯年収ほど値が高めの結果が出ている。世帯年収が高いほど食へのこだわりが強くなるようだ。

男女や世帯年収の差異が一目で把握できるのが次の結果。それぞれの属性の回答数の平均値を算出したもの。

↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、複数回答、回答数平均値、男女別)(2018年)
↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、複数回答、回答数平均値、男女別)(2018年)

高世帯年収ほど、そして男性よりも女性の方が回答数は多い。食費に回せる金銭的な余裕と、誰のための食品選択なのかにより、大きな違いが生じている次第ではある。

また今件結果を読み返すと、男性は概して美味しさと自分の好みに合えばよいと考えているのに対し、女性はそれに加えて価格や安全性にも注意を配っていると読み解くことができる。それぞれに向けた食品を提供する側には、色々と考えさせられる結果に違いない。


■関連記事:
【健康目的の通販利用、何を買ってる継続してる?】
【大豆食品選択時にも表れる「食の安全」への意識】
【鮮度、価格、安全性、そして何よりも…食品選択の際の重視点とは(2015年)(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS