動画視聴、他人との交流、情報検索…パソコンと携帯電話で大きく異なるインターネットの使い方(2015年)

2015/04/07 08:00

一部誤解をしている人もいるが、スマートフォンも従来型携帯電話も、パソコンもタブレット型端末も、道具、ツールの一つでしかない。その道具で何をするか、出来るかが問題であり、論点の対象とすべきであることを忘れてはならない。今回は内閣府が2015年3月30日付で確定報を発表した、【平成26年度青少年のインターネット利用環境実態調査結果】の報告書データを基に、小中高校生がスマートフォンをはじめとする主要なインターネットアクセス機器を用い、どのような行動をしているかについて確認をしていくことにする。

スポンサードリンク


パソコンは情報検索、スマホは音楽や動画視聴、ゲームに交流


今調査に関する調査要項は先行記事の【高校生はスマホ9割、ノーパソ3割…小中高校生のネット機器利用状況をグラフ化してみる(2015年)(最新)】を参考のこと。

次に示すのはデスクトップパソコン、ノートパソコン、従来型携帯電話、スマートフォンそれぞれでインターネットを利用している人における、その端末での利用内容を示したもの。普段からその目的で利用していると認識した項目に答えてもらっている。「コミュニケーション」とは電子メールやメッセンジャー、ソーシャルメディアなど、他人との意思疎通が出来るサービス全般を指す。

↑ インターネットで何をしているか(該当機種で、小中高校生全体・該当機種でネット利用者限定、2014年)
↑ インターネットで何をしているか(該当機種で、小中高校生全体・該当機種でネット利用者限定、2014年)

パソコンではデスクトップやノートのような形状による違いはほとんど生じておらず、従来型携帯電話・スマートフォンとは大きく使われ方が異なる状況が確認できる。また従来型とスマートフォンでも差異が大きな項目がほとんどで、機種の性能による利用目的の違いが明確化している。

パソコンでは情報検索や動画視聴がメイン、ゲームなどがほとんど。コミュニケーションやニュースなどはあまり行われていない。一方で従来型携帯電話はコミュニケーションがほとんどで、他項目は押し並べて低め。機能そのものがスマートフォンと比べて低く限定されており、現在のサービスがほとんど対応していないことから、子供達の間では電子メールなどのコミュニケーションに限ったツールとして使われている実情が分かる。

他方スマートフォンはコミュニケーションをはじめ、ゲームや動画・音楽視聴、情報検索など利用方法は多種多様。ニュースの取得や地図・ナビゲーションの活用面でも大いに利用されている。さらに電子書籍も14.8%と高めな値が出ているのは注目に値する。

これを全体比で算出したのが次のグラフ。上記が「その端末でインターネットを利用する人における利用性向」だったのに対し、これは全体に占める割合である。それぞれその端末でインターネットを利用する人の割合から逆算しており、例えばスマートフォンでは41.1%とあるので、小中高校生全体の4割強は、スマートフォンでコミュニケーションをしている形となる。子供達の実態を全体的に見る時に役立つ値といえる。

↑ インターネットで何をしているか(該当機種で、小中高校生全体、2014年)
↑ インターネットで何をしているか(該当機種で、小中高校生全体、2014年)

コミュニケーション以外でも3割前後がゲームや動画・音楽視聴、情報検索をスマートフォンで実施している。「小中高校生全体の3割から4割は、スマートフォンを使って情報のやり取りをしたり検索したり、動画や音楽を楽しんだり、さらにはゲームをしている」という現状は、数年前には到底想像も出来なかった状況に違いない。さらに2割近くがスマートフォンで地図・ナビゲーションを活用したり、ニュースを取得している。ノートパソコンによる利用状況も動画視聴や情報検索などでそれなりの値が出ているが、スマートフォンの利用状況の前にはかすんでしまう。

高校生に限ってみると……!?


今件を高校生に限定して確認したのが次のグラフ。まずは各端末でインターネットを利用している人限定による値。

↑ インターネットで何をしているか(該当機種で、高校生全体・該当機種でネット利用者限定、2014年)
↑ インターネットで何をしているか(該当機種で、高校生全体・該当機種でネット利用者限定、2014年)

小中高校生全体と比べ、各項目の回答率が高く、それぞれの機種を使いこなしていることがうかがえる。自分自身の端末を所有していたり、保護者から許諾された事例も多いことが予想されるが、特にパソコンで情報検索や動画視聴、ニュースの取得など積極的なアクセスが求められる項目で、パソコンの利用率の高さが確認できる。ただしゲームの項目は低めで、パソコンのゲームへの興味は高校生では鎮静化しているように見える。

これを高校生全体比で見たのが次のグラフ。元々スマートフォンの所有率は高く、パソコンは低めなため、当然全体比ではスマートフォンの値が高く出ることになる。端末自身を利用していない、利用していてもインターネットへアクセスしていなければ、「該当端末を用いてインターネットで何をしているか」の設問では回答のしようが無い。

↑ インターネットで何をしているか(該当機種で、高校生全体、2014年)
↑ インターネットで何をしているか(該当機種で、高校生全体、2014年)

高校生全体の8割強はスマートフォンでコミュニケーションを取り合い、2/3は音楽や動画視聴をし、6割はゲームや情報検索をし、3割はニュースの取得をしている。電子書籍の閲読やショッピングも1割強が実施している。パソコンは精々情報検索で2割、動画視聴で2割近く程度。そのまま社会人となり、あるいは大学に進学する、成人間近な高校生たちが、少なくとも現状ではこのような状況にあることを、再認識させられる次第ではある。


■関連記事:
【パソコンと携帯電話で大きく異なるインターネットの使い方(2014年)】
【いきなり半減、さらに減る!?…小中高校生のパソコン利用状況をグラフ化してみる(2015年)(最新)】
【「学校で教わった」85.9%…小中高校生のネットリスクの学習状況をグラフ化してみる(2015年)(最新)】
【パソコンからスマホへ・シフトを見せる中高生のネット端末】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー