小中高校生の携帯電話などネット利用可能機器の保有状況をグラフ化してみる(2015年)

2015/04/06 11:00

インターネットの普及は大人だけでなく子供の間にも大きな変化をもたらしつつある。従来型携帯電話やスマートフォン、タブレット型端末に留まらず、携帯ゲーム機や据え置き型ゲーム機、さらにはテレビなどに至るまで、アクセスできる環境は広がりを見せ、子供達がインターネットの世界に触れる窓口を解放している。それでは今の子供達のうちどれ程の割合で、それらのネット接続可能機器を利用しているのだろうか。今回は内閣府が2015年3月30日付で確定報を発表した、【平成26年度青少年のインターネット利用環境実態調査結果】を元に、その実情を確認していくことにする。

スポンサードリンク


小学生は携帯ゲーム機、中学生は加えてスマホ、高校生はスマホが断トツ


今調査に関する調査要項は先行記事の【高校生はスマホ9割、ノーパソ3割…小中高校生のネット機器利用状況をグラフ化してみる(2015年)(最新)】を参考のこと。

次に示すのは小中高校生それぞれの、インターネットへのアクセスが可能な端末の利用率。所有権を有していなくても回答には該当しうる。またインターネットにアクセスが可能な機種でも利用しないよう保護者に諭され止められていたり、ブロック機能で使えないような状態になっていても、利用には該当する(インターネットの利用率では無く、端末の利用率であることに注意)。例えば携帯ゲーム機はインターネットへのアクセスが可能なものの、その機能を使っていないことも多い。

まずは小学生

↑ デジタル機器利用状況(2014年11月-12月、小学生)(複数回答)(インターネット利用の是非を問わず)
↑ デジタル機器利用状況(2014年11月-12月、小学生)(複数回答)(インターネット利用の是非を問わず)

携帯電話やパソコンなどの利用率は低く、ゲーム機周りの利用率が高めに出ている。そのゲーム機では据え置き型が3割強なのに対し、携帯ゲーム機が5割を超えており、現状のゲーム業界を象徴する値にも見える。またすでに1割以上がスマートフォンを利用しているのも確認できる。

続いて中学生。

↑ デジタル機器利用状況(2014年11月-12月、中学生)(複数回答)(インターネット利用の是非を問わず)
↑ デジタル機器利用状況(2014年11月-12月、中学生)(複数回答)(インターネット利用の是非を問わず)

ゲーム機の保有率は下がり、その分携帯音楽プレイヤーが大きく伸びる。趣味娯楽として音楽視聴をする人が増えていることを表している。またスマートフォンの利用率も大きく伸び、中学生時点ですでに3割を超えている。パソコンではノートパソコンが25.6%、デスクトップパソコンが11.7%。

最後に高校生。

↑ デジタル機器利用状況(2014年11月-12月、高校生)(複数回答)(インターネット利用の是非を問わず)
↑ デジタル機器利用状況(2014年11月-12月、高校生)(複数回答)(インターネット利用の是非を問わず)

スマートフォンの利用率がグンと伸び、9割に近づいている。他方ゲーム機の利用率はさらに落ち込み、代わりに携帯音楽プレイヤーが伸び、「その他」部門で最大値を示すようになる。パソコン系も伸びているが伸び方は鈍く、ノートパソコンでも3割でしかない。

大よそこれらの流れから、インターネットに接続できる機種の利用状況は、小学生はゲーム機、中学生はゲーム機に加えてノートパソコンやスマートフォン、高校生になるとスマートフォンがほぼ主流になる流れを示しているのが分かる。

スマートフォンの流れの詳細を確認する


本来今記事は携帯電話の保有=利用状況の経年変化として【小中高校生の携帯電話保有状況をグラフ化してみる(2014年)】を更新する形で掲載の予定だった。ところが「青少年のインターネット利用環境実態調査」が2014年度版以降大きく調査内容が変わり、更新の形で精査が難しくなった項目が多々生じる形となった。今記事もその1つで、新規書き起こしとなっている。

一部断絶部分はあるが、かろうじて経年変化が確認できるデータの一つとして、スマートフォンの保有=利用率の推移を見ていくことにする。まずは直近2014年分の利用状況。あくまでも端末としての利用状況なのでインターネットを利用していない人も含まれているが、それはごく少数。また上記グラフから分かる通り、通常版のスマートフォン以外に格安スマホ、子供向けスマホ、携帯契約切れスマホを利用している人もいるが、今件では除外する。単純加算して「スマートフォンの類」としてのカウントが出来ないからである。

↑ スマートフォン利用率(2014年)(全体比)(通常版のみ)
↑ スマートフォン利用率(2014年)(全体比)(通常版のみ)

各学校種類別の利用率は上記グラフの通りだが、男女別では小中高すべてにおいて女子の方が高い利用率を示している。防犯のために持たされている場合もあることや、女子の方が早熟でデジタル機器への興味関心も強い、さらにはインターネットなどの口コミツールに敏感なのが原因だろう。

この値について、前年(2013年)からの変化を算出したのが次のグラフ。同様の手法で2013年分を2012年分と比較した結果も併記しておく。

↑ スマートフォン利用率(2014年)(全体比)(前年比)(2014年は通常版のみ)
↑ スマートフォン利用率(2014年)(全体比)(前年比)(2014年は通常版のみ)

↑ スマートフォン利用率(2013年)(全体比)(前年比)
↑ スマートフォン利用率(2013年)(全体比)(前年比)

2014年における前年比を観ると高校生の伸び方の低さが目に留まるが、2013年の前年比を合わせ見ると、その理由も分かる。これはすなわち、2012年から2013年にかけて高校生の間で猛烈な勢いでスマートフォンが普及し、ほぼ上限に近い値にまで達したため、2013年から2014年における伸び率は大人しくなってしまった。代わりにその勢いが中学生にシフトした形となっている。

もっとも中学生の伸び率も前年からはさほど変わらず、12%前後。これでもこの勢いがもう一年続けば、中学生全体でもスマートフォンの利用率は2人に1人の割合に届きそうではある。

高校生はすでに9割近くに届いているため、これ以上の伸びを望むのは難しい。今後は中学生にスマートフォン利用率の伸びの中心が移ることだろう。


■関連記事:
【女子高生の7割は「スマホの無い生活なんて考えられない」】
【高校生のスマホライフはメールやチャット、調べものなど多種多様】
【携帯持ちの高校生、9割はスマートフォン】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー