米産、カナダ産、タイ産、そして中国産…外国産食肉や加工肉への心境をグラフ化してみる(2016年)(最新)

2016/04/23 13:56

外国産の食肉は今や食生活には欠かせない存在となるまでに浸透し、外食産業でも大いに使われている。一方、数年前にファストフード業界に大きな影響を与えた中国産鶏肉問題や、それ以前の冷凍食品問題、さらにはBSE問題など、購入・消費する側としては、何かと気になる事案も少なくない。今回はJC総研が2016年4月7日に発表した畜産品などの消費性向に関する調査結果の概要をもとに、消費者における外国産食肉や加工肉にどのようなイメージをいだいているかの実情を確認していくことにする(【発表リリース:畜産物等の消費行動調査】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事【家庭内のたまごや牛乳の摂取頻度動】を参照のこと。

今調査の該当項目では主要な外国産肉・加工肉を挙げ、それらに関するイメージを表現する項目について、同意できるか否かを複数回答で答えてもらっている。元資料では2012年以降の経年データもあるが、今回は直近となる2015年分のものを確認していく。

まずは安全面。「安全である・安心である」「安全面で心配」との問いに同意できる人の結果は次の通り。いずれも回答していない人は、該当の食肉に対して安全・安心面に関してあまりイメージを有していないことになる。

↑ 外国産肉・加工肉についてのイメージ(2015年、複数回答、安全面)
↑ 外国産肉・加工肉についてのイメージ(2015年、複数回答、安全面)

安全面でもっとも頼りにされているのはオーストラリア産の牛肉で22.0%。次いでカナダ産の豚肉と米国産の牛肉が同率の9.2%で並ぶ。ブラジル産やタイ産、中国産は比較的値が低い。

他方心配との意見がもっとも多いのは中国産の鶏肉調整品で37.8%。焼き鳥などが該当するが、先のファストフードチェーン店における問題もあり、極めて高い値が計上されている。次いでタイ産の鶏肉調整品、米国の牛肉が続く。

中国産の鶏肉調整品に関しては、例の事案が発覚した2014年より以前から安全面に対する懸念は強かった。一連の社会的な動きは、元々有していた不安があり、事案が実行動に移るきっかけとなったと見れば道理は通る。

↑ 外国産肉・加工肉についてのイメージ(複数回答、安全面、中国産鶏肉調整品、経年変化)
↑ 外国産肉・加工肉についてのイメージ(複数回答、安全面、中国産鶏肉調整品、経年変化)

2014年はわずかに事案に影響を受けた動きを示したが、大勢には変化はない。

続いてコストパフォーマンスの観点から。品質の良さ、美味しさ、価格の高さの3項目で同意できるか否かの動向。

↑ 外国産肉・加工肉についてのイメージ(2015年、複数回答、コスパ面)
↑ 外国産肉・加工肉についてのイメージ(2015年、複数回答、コスパ面)

品質の良さ、美味しさ共にトップはオーストラリア産の牛肉。価格が高いとの回答率も低く、非常に優秀な食肉であるとの結果が出ている。値そのものはやや劣る、品質の良さが美味しさに追いついていない点もあるが、米国産がそれに続いている。

品質の良好さと美味しさの回答はほぼ連動する形となっているが、興味深いのは米国産とブラジル産、タイ産で品質への好感触がさほど高くないにも関わらず、美味しさの観点では高い回答率が出ていること。品質はさておき、利用者の味覚にあったものと受け止められているのだろうか。

他方イタリア産やスペイン産は高品質で美味しいものの、価格がお高めとの回答が出ている。精肉コーナーなどで見かけるこれらの食肉や、実食した限りでは大いに納得のいく回答率ではある。

最後は需要面。要は食べたいか、食べたくないか。

↑ 外国産肉・加工肉についてのイメージ(2015年、複数回答、需要面)
↑ 外国産肉・加工肉についてのイメージ(2015年、複数回答、需要面)

食べたいとの積極的肯定意向をもっとも強く持たれているのは、オーストラリア産の牛肉で9.0%。次いで米国産の牛肉4.7%、カナダ産の豚肉が3.4%と続く。逆に食べたくないとの意見では中国産の鶏肉調整品が一番高い値を示しており46.3%。ほぼ半数に達している。上記の通り両極的な選択肢の双方に回答しなかった人は明確なイメージを持たないだけの話だが、そのような状況下でこれほどまでに高い値が出ており、同肉に対する距離感を改めて実感させられる。



外国産食肉の選択に関して、実際の需要消費量に対し好意的な選択肢の回答率がやや低いのが気になるが、これは一つに上記の通り「明確な意図、イメージを持たない」のが理由。そしてもう一つは国産品の食肉を好むのが原因ではある。今調査の別項目で、精肉購入時の重視点を答えてもらう設問があるが、そのトップは常に「国産であること」。牛肉、豚肉、鶏肉に関わらず、である。

↑ 参考:精肉購入時の重視点(「国産であること」の回答率、複数回答)
↑ 参考:精肉購入時の重視点(「国産であること」の回答率、複数回答)

国産信仰との表現はやや行き過ぎな感もあるが、改めて国産肉の人気の高さがうかがいしれよう。


■関連記事:
【サルモネラによる食中毒を避けるために注意すべき5項目】
【日本の牛豚鶏肉の消費傾向をグラフ化してみる(上:金額編)(2016年)(最新)】
【日本の牛豚鶏肉の消費傾向をグラフ化してみる(下:分量編)(2016年)(最新)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー