回転寿司デート経験者は5割超え(最新)

2019/04/01 05:07

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-0330昨今のメニュー拡充、ファミレス化傾向に伴い、これまで以上に訪店ハードルが下がり、門戸が広がった感のある回転寿司店。当然、男女間のデートの場として用いたいと発想する人もいる。いわゆる「回転寿司デート」なるものを経験した人はどれほどいるのか、そしてその場ではどのような行為に気遣う必要があるのか。今回はマルハニチロが2019年3月27日に発表した回転寿司に関する消費者実態調査から、その実情を探ることにする(【発表リリース:回転寿司に関する消費者実態調査2019】)。

スポンサードリンク


今調査に関する調査要項は先行する記事【利用者3/4強、そのうち月一以上は4割近く…回転寿司の利用実態(最新)】を参照のこと。

まずは回転寿司店におけるデートの経験をしたことがある人はどれほどいるのか。婚姻状態にある無しを問わず、特別な記念日のデートとして、男女(子供は設問の文言や報告書の解説から判断し、その場にはいないのが前提)による「回転寿司デート」をした経験がある人の回答率が次のグラフ。親兄弟や友達との回転寿司店への来店をデートと認識するのは難しいので、原則的には意識している、好意を持つ異性との来店となる(婚姻関係にある者同士のデートも当然含む)。

↑ デートで回転寿司店に行ったことがある(月一以上回転寿司店利用者限定)(2019年)
↑ デートで回転寿司店に行ったことがある(月一以上回転寿司店利用者限定)(2019年)

全体としては5割強が経験あり。男女別では女性の方が経験率は高い。他方、男性の方が回転寿司デートをしたいという人の割合は大きなものとなっている。それでも女性の方が「ある」「無い・行きたい」を足した値が高いことから、回転寿司デートは女性の方が肯定的なようだ。未既婚別などの区分による回答値があると、より詳細な状況が確認できるのだが。

他方、知った間柄による回転寿司デートにおいて、パートナーにしてほしくない行動にはどのようなものがあるのだろうか。

↑ 回転寿司デートの際に「パートナーにこれだけはやってほしくない」と思うもの(複数回答、上位陣、月一以上回転寿司店利用者限定)(2019年)
↑ 回転寿司デートの際に「パートナーにこれだけはやってほしくない」と思うもの(複数回答、上位陣、月一以上回転寿司店利用者限定)(2019年)

↑ 回転寿司デートの際に「パートナーにこれだけはやってほしくない」と思うもの(複数回答、上位陣、月一以上回転寿司店利用者限定、男女別)(2019年)
↑ 回転寿司デートの際に「パートナーにこれだけはやってほしくない」と思うもの(複数回答、上位陣、月一以上回転寿司店利用者限定、男女別)(2019年)

多少の違いはあるが上位7位がほぼ同率で並んでおり、それより下の順位にある挙動と比べ、特に「してほしくない」行動であるのが分かる。冷静な目で、第三者視点で考えれば言葉通り大人げない行動で、想像しただけでも恥ずかしいものも多々ある。しかし上位陣に挙がっていることから、何らかの形でパートナーがやってしまった、あるいは第三者がそのようなことをしていたのを見た経験があり、強い拒否感を抱いているのだろう。

また「香りの強い香水をつけて入店」「入店前の待ち時間に機嫌が悪くなる」は回転寿司店に限らず、外食店利用の際には注意したい挙動に違いない。

男女別の動向では押しなべて女性の方が回答率は高く、パートナーである男性に対する行動への自制を求める声が大きい、見方を変えると多くの人がパートナーの実行動を見聞きしているであろうことがうかがえる。他方、女性がしがちだとの印象がある「香りの強い香水をつけて入店」もまた、女性の方が高い値を計上しているのは興味深い。男性の場合はヘアトニックなども該当するのだろうか。

選択肢一覧を見直すと、外食店で子供がはしゃぐ時の挙動とさほど変わりが無い様相が多々あることに気が付く。つい浮かれて、自分らはお客なのだからこれ位は構わないだろうとの思惑があるのかもしれないが、お店や周囲の人にはもちろん、パートナーにすら好まれない行為であることは知っておいた方がよいに違いない。


■関連記事:
【回転寿司 家族と一緒に8割強】
【回転寿司店選択の重要点は「美味いこと」、情報源は「周囲の紹介や口コミ」】
【おなじみの音楽が頭に響き渡る、回転寿司を使った広告】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー