「とりあえず」は良く食べる、「締めに」は我慢することが多いネタ!? 回転寿司ネタ選択事情

2015/04/03 08:00

食欲をフリーダムに満たすことが回転寿司で許されるなら、お皿の色(価格)を気にせずに自分の好きなネタを何度となく注文し食することだろう。しかし実際にはお財布事情や品揃え、ネタの組合せなど多種多様な制約があり、自分の好きなネタばかりを食べるわけにはいかない。またその「自分の好きなネタ」自身、人によって好みは異なるため、すべての人が同じネタを一番好む事態もありえない。今回はマルハニチロが2015年3月31日に発表した回転寿司に関する消費者実態調査から、普段最初・しめに食べることが多いネタ、さらには普段よく食べている・食べたいけれど多様な事情で我慢することが多いネタに関して見ていくことにする(【発表リリース:回転寿司に関する消費者実態調査2015】)。

スポンサードリンク


最初もしめもサーモンが断トツ


今調査に関する調査要項は先行する記事【利用者8割、そのうち月一以上は4割近く…回転寿司の利用実態】を参照のこと。

まずは回転寿司に入って実際に食事をする際に、最初に何を食べるか、そして最後のしめとして何を食べるかを尋ねたもの。意外にも最初も最後も最上位についたのはサーモンだった。

↑ 最初に/最後に食べることが多いネタ(それぞれ単一、上位10位まで)(2015年)
↑ 最初に/最後に食べることが多いネタ(それぞれ単一、上位10位まで)(2015年)

居酒屋ならばお通し、あるいは「とりあえず●×」に該当する、最初のネタとしてはサーモンがもっとも多く2割強。次いでマグロ(赤身)が11.3%、マグロ(中トロ)が7.3%、ハマチ・ブリが6.9%と続く。寿司関連で通の人にいわせると、カウンタータイプの寿司屋では注文に関して「この順に頼むのが通だ」的なものがあるとのことだが、回転寿司ではそこまでかしこまったことは考えず、好きなものを頼めば良い。とはいえ男性は1回の回転寿司での食べる量は平均10.6皿・女性は7.6皿と今調査で明らかにされており、前座的なネタばかりを選んでお腹を満たしたのでは、メインディッシュ的なネタを十分に堪能できなくなる。

一方しめとしていただくネタだが、最初に食べるネタと比べて回答が分散しているらしく、上位層の回答率が低い。それでもトップはこちらもサーモンがついている。次いで玉(子)、さらにはマグロ(赤身)、マグロ(中トロ)、ネギトロ(軍艦巻き)などトロ系のが続く。「そういや自分も締めにはこれを食べるよな」とあるある感を覚えるラインアップといえる。

最初=いつも、締め=普段は我慢!?


次に示すのは同じ回転寿司のネタで、普段よく食べているもの、そして好みのネタで是非とも食べたいのだが、値段などの事情で我慢することが多いネタを尋ねた結果。

↑ 普段多く食べている/食べたいけど我慢することが特に多いネタ(3つまでの複数回答、上位それぞれ10位まで)(2015年)
↑ 普段多く食べている/食べたいけど我慢することが特に多いネタ(3つまでの複数回答、上位それぞれ10位まで)(2015年)

普段から多く食べているネタはサーモン、ハマチ・ブリ、マグロ(赤身)、そしてマグロ(中トロ)。そして食べたいけれども我慢することが多いのはマグロ(大トロ)が圧倒的で、次いでマグロ(中トロ)、ウニ、アワビと続く。やはり値段がネックのようだ。

そして興味深いことに、1枚目のグラフとの比較で、「最初に食べるネタ」と「普段多く食べるネタ」、「最後に食べるネタ」と「我慢することが多いネタ」が非常に似通っていることが分かる。特に「最初に」と「普段多く」は上位第4位まで種類が完全に一致している(順番は異なるが)。

回転寿司におけるネタの選択は、概して最初に食べるものを普段から良くいただくことが多く、また最後の締めに食べるものは普段はあまり食べずに我慢することが多い。ネタの選択をしている自分自身を思い返せば、なるほど確かにその通りと納得させられてしまう次第ではある。


■関連記事:
【この発想は無かった! 寿司フィギュアを組み立て直すと食材に戻る「逆再生 モトモドル 寿司モドル」が自販機カプセル商品として発売へ】
【スシロー、ラーメンやカップスタイルの寿司投入へ…倍とろ期間限定で105円販売も実施】
【おあいそ、あがり、むらさき……お寿司屋さんの業界用語、どれだけ知ってる?】
【海外から好かれる日本料理は「寿司・巻き寿司」、焼き鳥も健闘】
【回転寿司で嬉しいサービス、トップはタッチパネル式注文】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー