テレビかネットかそれともラジオ? 音楽を購入・知るきっかけのルートを探る(2014年)

2014/03/20 15:00

世の中には意識して、あるいは無意識のうちに音楽に触れる場面と多数遭遇する。テレビを観れば番組内はもちろん、テレビCMでも音楽が流れるのは当たり前、街中を歩いていても店から流れるBGMや、路上を走行する宣伝車両の曲、さらにはカーステレオから漏れる音楽。ゲームのプレイ中や動画視聴、さらにはウェブの閲覧の際にですら、音楽は耳に飛び込んでくる。それら日常生活における音楽との接点の中で、どのような機会が曲の購入や新曲認知のきっかけとなるのだろうか。日本レコード協会が2014年3月17日付で発表した最新調査の結果「音楽メディアユーザー実態調査 2013年版(概要版)」をもとに、その実状を確認していくことにする(【発表リリース:2013年度「音楽メディアユーザー実態調査」報告書公表】)。

スポンサードリンク


「音楽を買いたい」との衝動は何から得たのか


調査対象母集団の要項は先行する記事【CDの購入・レンタル性向をグラフ化してみる】を参照のこと。

音楽への対価支払いは主にCDの購入か楽曲ファイルの購入を通してとなる。そこでそれぞれのルートで、未知のアーティストの新品を購入した人に、どのような経緯でそれを知り、買おうと思ったかを聞いた結果が次のグラフ。すでに知っていたアーティストのものならば会報を購読したり専門誌でチェックを入れていたり、あるいは所属事務所やアーティスト本人のブログ・ソーシャルメディアを追いかけることで新譜の登場を知ることができる。しかし今件は「それまで知らなかったアーティストの新作」の購入動機、機会のため、「購入性向の高い(惰性的な購入でない)新規公知をするのに有望なルート」と解釈することができる。

↑ 未知アーティストに関する新品CD購入のきっかけ(複数回答)(購入者限定)
↑ 未知アーティストに関する新品CD購入のきっかけ(複数回答)(購入者限定)

↑ 未知アーティストに関する楽曲ファイル購入のきっかけ(複数回答)(購入者限定)
↑ 未知アーティストに関する楽曲ファイル購入のきっかけ(複数回答)(購入者限定)

CD購入の場合は「テレビCM(楽曲発売)」によるところが大きく、2013年では23.2%の人が同意している。CMは繰り返し見聞きする場合が多く、さらに曲の「さび」の部分が用いられるので、印象深くなるのだろう。

次いで多いのは「アーティストの公式サイト・ブログ」だが、アーティスト自身を知っていなければそのブログなどにアクセスすることも無いわけで、何らかの理由、例えば他メディアで用いられた曲が気になって検索したらたどり着いた、他人の紹介を受けてチェックしてみたなど、二次的な結果によるアクセスであることが考えられる。「テレビCM(一般商品)」や「無料動画配信サイト」、「音楽番組」などもそれなりに「きっかけ」とはなりうるが、テレビCMと比べれば影響力は小さめ。

経年変化では「テレビCM(楽曲発売)」や「アーティストの公式サイト・ブログ」によるところが大きく、色々な思惑で問題視されることがある「無料動画配信サイト」は経年としての影響力の増減を判断するのは難しい状態。

一方楽曲ファイルとなると、「きっかけ」を得た上での購入のしやすさ、連動性の高さもあり、「無料動画配信サイト」によるところがもっとも大きく、1/4近くに達している。しかも経年でますます増加する動きを示しており、「無料動画配信サイトで視聴して、もっとじっくりと聴きたいという衝動に駆られる」「すぐに購入できる楽曲ファイルを購入して堪能する」というパターンが増えていることを示唆している。他方、他メディアからの購入はそれなりに高い値を示す項目もあるが、経年による増加の動きは見られないどころか、「テレビ番組(音楽番組)」では低下する流れすらある。

無料聴取層の「きっかけ」は


それでは無料聴取層(音楽への対価支払いはしていないが、無料動画サイトやテレビなどで新たに知った楽曲を聴いた経験がある。つまり新曲も含めて音楽に関心はある層)における、新曲を知るきっかけにはどのようなルートがあるのだろうか。

↑ 新しい曲を知るきっかけ(複数回答)(無料聴取層)
↑ 新しい曲を知るきっかけ(複数回答)(無料聴取層)

テレビそのもののメディア力はまだまだ絶大で、多くの人がテレビに接して日々を過ごしていることから、テレビを介しての新曲を知る機会は多い。番組だけでなくCMもまた、音楽を知る機会として大いに認知されている。もっともテレビ周りは今件3年に限れば、やや影響力を落としている感はある。

一方、「無料動画配信サイト」や「AM・FMラジオ」は漸次その機会を増やしつつある。無料で音楽を聴取するルートが増えたということだろう。特に後者、ラジオの認知機会が増えつつあるのは興味深いところ。震災をきっかけにラジオを用いる機会が増えたのも一因と考えれば道理は通る。

もっとも今件はあくまでも「無料聴取層」の動向。音楽への対価発生はまず最初にその曲を知ってもらわねばならないため、認知そのものは大切だが、上記の実購入層と比べ音楽業界サイドから見れば、ウエイトはさほど高くはない。



テレビそのもののメディア力はいまだに大きく、音楽を知り、購入意欲をかき立てさせるきっかけとして重要なポジションにあることに違いは無い。他方、無料の動画配信サイトもまた、音楽を知り、対価を支払う機会として、無視できない存在となりつつある。特に連動性が高く、購入衝動をすぐに体現化できる楽曲ファイルとの相性の良さは、注目に値する。

音楽という娯楽の周辺環境が大きく変わる中、これらの「きっかけ」との関わりはどのような変化を見せていくのか。来年の調査結果が(公開されるのであれば)楽しみでならない。


■関連記事:
【テレビがCD購入に与える影響力はインターネットの2-3倍にも】
【最近疎遠になったもの、ゲームに活字、そして……】
【主要国の携帯・スマホでの音楽を聴くスタイルをグラフ化してみる(ICMR2013版)】
【クルマからスマホへ…若者のパートナーの変化】
【ナルホド納得、大学生の自由時間の過ごし方トップは「インターネット閲覧」】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー