「今ので満足」「お金が無い」…音楽購入が減った人の事情を探る(2014年)

2014/03/20 11:32

音楽を楽しむスタイルは多種多様だが、大きな区分の一つに「金銭的な対価を支払うか否か」がある。CDや楽曲ファイルの購入は当然対価が不可欠だが、無料データのダウンロードや無料動画配信サイトの動画視聴ならば金銭的対価は(原則)発生しない。音楽業界としては対価が無ければビジネスとして継続することは叶うはずも無く、音楽視聴者の消費性向は非常に気になるもの。今回は日本レコード協会が2014年3月17日付で発表した最新の調査結果資料「音楽メディアユーザー実態調査 2013年版(概要版)」の結果を基に、音楽の対価を支払ったもののその購入度合が減った人に向けて行った質問「なぜ減ったのか」の結果を見ていくことにする。その動きから音楽業界の問題の一端を知ることができるかもしれない(【発表リリース:2013年度「音楽メディアユーザー実態調査」報告書公表】)。

スポンサードリンク


調査対象母集団の要項は先行する記事【CDの購入・レンタル性向をグラフ化してみる】を参照のこと。

今件では音楽との付き合い方に関して、新曲への関心の度合いや商品購入などの面から、大きく次の4つに区分を設定した。

↑ 該当期間における音楽との関わり合いでもっとも当てはまるもの(2013年、半年間)
↑ 該当期間における音楽との関わり合いでもっとも当てはまるもの(2013年、半年間)

有料聴取層/無料聴取層/無関心層(既知楽曲のみ)/無関心層

そして音楽市場で直接関係しうる「有料視聴層」のうち、前年同期と比べて「音楽の購入が減った人」(※原文では「音楽の購入が減少した」とのみの表記で、数・金額の明記は無い。双方を意味するものと判断する。また概算で「有料視聴層」のうち約4割が該当する)を対象に、なぜ減ったのかについて尋ねている。

↑ 購入減少の原因(複数回答、有料視聴層で、昨年から購入が減った人対象)
↑ 購入減少の原因(複数回答、有料視聴層で、昨年から購入が減った人対象)

最大の原因として挙げられているのは「現在保有している音楽で満足している」。これが45.9%に達している。音源がデジタル化し検索・カテゴリ化・ランダムアクセスが可能となり、たくさん音楽を保有しても気軽に聴きたい曲をすぐに選べるようになった。同じ1000曲を保有していても、CD1000曲分と音源ファイル1000曲分とでは、利用スタイルはまったく異なる。当然、後者の方が隔てなく何度となく音楽を視聴・利用可能。無論新曲そのものの魅力、購入意欲をかきたてるだけの価値を見いだせなかった場合もあるが、新曲への関心が薄れるのも、当たり前かもしれない。要は「お腹いっぱい」「手持ちのと比べてもっと新しいもの、良い曲でないと買うに値しない」との判断を下した結果、購入が減った次第である。

第2位は「金銭的余裕が減った」。これが39.4%と4割近い回答率を占めている。どれほどアーティストを好み曲がお気に入りになっても、肝心のお財布事情が厳しければ、購入することは難しくなる。

上位2つはいずれも有料視聴層側の事情によるものだが、第3位・第4位には音楽業界側の直接的な問題となる項目が挙げられている。それぞれ「好みのアーティストの曲が減った、無い」「買いたいと思う曲が減った」というもので、26.7%・24.0%に達している。アーティスト側も新譜を出す頻度や調子の良し悪し、事務所側の都合などもあり、コンスタントに高品質・ファンの好みにあった作品ばかりを出すわけにはいかないが、回答率が1/4前後というのは、高いと言わざるを得ない。

一方、「音楽市場離れ、購入性向が減った原因」としてやり玉に挙げられることが多い「無料音楽配信サイトでの視聴が増した」「パソコンやスマートフォンで無料の音楽ダウンロード利用が増した」は17.2%・14.6%でしかない。「有料聴取層」以外ではこれらの項目はもう少し上位につく事例もあるのだが、音楽界隈全体で、購入性向が減少している原因はすべて無料音源にあるわけでは無い、対象者の立ち位置次第で状況が大きく変わる実態は、認識しておかねばなるまい(詳しくは別途解説するが、元々対価支払いから離れている「無料聴取層」で、これらの項目の回答率は高く、また経年で増加する動きを示している)。

ちなみに2012年から2013年の変移に関して、分かりやすいように差を算出した結果が次のグラフとなる。

↑ 購入減少の原因(複数回答、有料視聴層で、昨年から購入が減った人対象)(2012年から2013年への差異)
↑ 購入減少の原因(複数回答、有料視聴層で、昨年から購入が減った人対象)(2012年から2013年への差異)

上位2位が大きく増加。可処分所得の減退に加え、趣味趣向の多様化で音楽に割ける金銭が減ったという意味での「金銭的余裕が減った」、そしてデジタル化が進み手持ちの楽曲で満足できる場合が多くなったという辺りだろうか。また「パソコンやスマートフォンで無料の音楽ダウンロードの利用や、動画配信で満足してしまう」との回答も大きく伸びている。

多分にこれをネガティブ的な原因としてとらえる向きもある。しかし見方を変えれば「支払が必要な楽曲のコストパフォーマンスが落ちているので、わざわざ買うほどのものでは無い、似たような満足感は無料のもので得られる」との判断を利用者側が下していることでもあることを忘れてはならない。

「音楽への興味が減った」「音楽の探し方が分からない、情報が無い」の選択肢の増加傾向と合わせ、音楽業界側に投げかけられた問題は、決して軽いものでは無い。またそれぞれが単独のものでは無く、複数項目が互いに浅からぬ関係にあると見た上で、考えねばなるまい。


■関連記事:
【視聴音楽入手 借りるか買うか】
【若年層中心、男性は中堅層まで…ボカロ楽曲や個人製作楽曲の購入性向(2013年発表)】
【宣伝に役立つか、それとも食われるか…音楽CD・配信とYouTubeとの微妙な関係を探る(2010年発表)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー