「音楽離れ」では無く「有料音楽離れ」か…世代別の「音楽との付き合い方」をグラフ化してみる(2014年)

2014/03/19 15:00

昨今の音楽業界、特にCD市場の不調要因として、インターネットや携帯電話の普及というメディア環境の変化・競合の登場以外に、視聴者の音楽離れが進んでいるのではないかとする意見がある。そこで今回は日本レコード協会が2014年3月17日付で発表した「音楽メディアユーザー実態調査」の最新版となる2013年度版から、「主に音楽と対価との関係から見た、世代・経年における音楽との関わり合いに対する姿勢、考え方の相違」について見ていくことにする。音楽の入手ルートも多様化し、無料で楽しめる手段も増える中、世代による考え方の違いにはどのような動きがあるのだろうか(【発表リリース:2013年度「音楽メディアユーザー実態調査」報告書公表】)。

スポンサードリンク


「音楽離れ」らしきもの


調査対象母集団の要項は先行する記事【CDの購入・レンタル性向をグラフ化してみる】を参考のこと。

音楽に対する興味関心の有る無し、その気持ちをきっかけにどのような行動に移すかについては人それぞれ。また、同じ気持ちを有していても、表現手段も多種多様に及ぶ。今件では音楽との付き合い方に関して、新曲への関心の度合いや対価の支払いの面から、大きく次の4つに区分を設定。回答者には自分の音楽への姿勢として、もっとも当てはまる選択肢を選んでもらった。

有料聴取層/無料聴取層/無関心層(既知楽曲のみ)/無関心層

全体的な経年動向としては少しずつだが確実に「音楽へ対価を支払う層」が減り、「既知の曲のみを聴きまわす」「音楽そのものに無関心」の人が増えている。調査各年では人口分布に従いウェイトバックが行われているので、特定調査年で構成世代が変わったから比率が変化した訳ではない。

↑ 該当期間における音楽との関わり合いでもっとも当てはまるもの(各年3-8月)
↑ 該当期間における音楽との関わり合いでもっとも当てはまるもの(各年3-8月)

たとえ現状で対価を支払わない層でも新曲に興味を持つのなら、今後「魅力ある、お金を出す価値があると認めた新曲」を購入し、「有料聴取層」に転じる可能性はある。しかし「新曲にすら興味を持たない」場合、何か特別なきっかけが無ければ、購入層に転じる可能性は薄い(ただし既知曲のリバイバルなどなら可能性はある)。その観点から今データを見直すと、市場の活性化を期待できない層(右側二つ)が漸増している状況は、音楽業界にとってはあまり好ましいとは言えない。せめて「無料聴取」層が増加してくれればよいのだが、この4年間は(2010年のイレギュラー値をのぞけば)ほぼ微動だにしない(ちなみにこの層は、無料動画配信サイトなどでの視聴が該当しうる)。2013年においてはやや増えているものの、その分「有料聴取」層が減っており、有意義な動きとは言い難い。

若年層で進む「音楽離れ」


これを世代別に区分したグラフで見ると、50代以降ではようやく「音楽離れ」らしきものの動きが止まり、40代にもその兆候が見えていることが分かる。

↑ 該当期間における音楽との関わり合いでもっとも当てはまるもの(各年3-8月)(属性別)
↑ 該当期間における音楽との関わり合いでもっとも当てはまるもの(各年3-8月)(属性別)

ここ数年は金銭的に余裕があるシニア層における「音楽離れ」傾向が著しかったが、直近3年間に限れば50代と60代以降ではその動きに歯止めがかかり、50代ではむしろ「無料聴取層」「無関心層」すら増加する流れが見えている。また40代もようやく縮小傾向を止めそうな雰囲気が見受けられる。

もっとも30代までの「音楽離れ」の動きは相変わらずで、特に30代ではもっともロイヤリティの高い「有料聴取層」の下落が加速化している。直近2013年では40代の値に近づきそうな勢いですらある。報告書でも「20代から40代中心に「有料聴取層」が減少」とあり、業界側でも注視していることが分かる。

ライブ今年も去年同様に特別調査項目としてライブ・コンサートでの動向にスポットライトをあてている(ただし以前のように、シニア層を中心としたものではなく、全体的な流れを解説している)。ライブなどでは音楽関連商品の購入性向を高める作用があり、対象者のロイヤリティを底上げすることが期待できるからだ。しかしながら詳しいデータ分析は別の機会に譲るが、2012年との比較をする限り、このライブ・コンサートの部門においても、参加状況こそ横ばいから微増しているものの、会場における購入性向は減退を示しており、何らかの手立てが求められる気配が見受けられる。

余暇時間に加え可処分所得も多分に有するシニア層、特に女性陣に、ライブ・コンサートで楽しんでもらい、それをきっかけに音楽市場の優良顧客化を画策する。面白い話ではあるが、具体的にはどのようなアプローチをとるのか。各関連企業の動向に注目したいところだ。

以前解説した「生活における音楽との接点」において、30代や50代は音楽との接点が少ないとの結果が出ている。

↑ 「生活における音楽の接点」年代別回答項目数(概算平均値)(再録)
↑ 「生活における音楽の接点」年代別回答項目数(概算平均値)(再録)

接する場面が少なければ、関わり方が無関心的な方向に進むのも致し方ない。劇的に興味関心度のアップが期待できるライブ・コンサートへの来訪も合わせ、特にこの世代に対し、音楽の世界に目を向けてくれるよう、同世代向けとなる新曲の展開をはじめ、創意工夫が業界側には求められよう。


■関連記事:
【CDレンタル店舗数をグラフ化してみる】
【ビデオソフトのレンタル動向をグラフ化してみる(2012年分反映版)】
【レンタルショップが一番、次いでアマゾン…音楽入手ルートをグラフ化してみる】
【音楽好きで「ボカロ曲」を知ってる人7割近く、そのうち購入経験者は1割】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー