為替と原油に左右される感…株式市場雑感(16/03/07-16/03/11週)(週終値:1万6938円87銭)

2016/03/11 19:00

■16/03/07:日経平均終値1万6911円32銭/93.7
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。先週の高値展開への警戒感や利益確定売りなどの動きがあり、寄り付きから大きく売り込まれた。またいくぶんだが円高に為替が振れたのも売り要因となっている。ただし一段下げた後は下げ渋り、下値圏で横ばいの値動きに終始した。出来高は22億1694万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.61%、TOPIXは-0.98%、マザーズ指数は+2.15%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.13%となる。

スポンサードリンク


■16/03/08:日経平均終値1万6783円15銭/84.4
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。円高化を受けて先物主導で大きく下げ、一時日経平均株価は300円を超す下げ幅になった。今週末にひかえたSQ日へ向けた思惑が影響したとの見方もある。出来高は25億4633万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.76%、TOPIXは-0.81%、マザーズ指数は-1.85%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.78%となる。


■16/03/09:日経平均終値1万6642円20銭/82.7
本日の東京株式市場は安値低迷。為替の円高状況と元や価格が下落したことを受けて、市場マインドは弱いままで推移。引けにかけていくぶん持ち直しを見せるも、安値圏からの脱出は出来なかった。出来高は22億4920万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.84%、TOPIXは-0.26%、マザーズ指数は-1.11%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。ただし上げ幅は限定的で、前営業日比は+0.35%となる。


■16/03/10:日経平均終値1万6852円35銭/94.4
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日のアメリカ市場の堅調さや為替がやや円安ドル高に動いたことを交換する形で、寄り付きから買い進まれ、一時的な失速もこなす形で再上昇。出来高は少なめなものの、高値圏を維持する形で場を終えた。その出来高は19億8326万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.26%、TOPIXは+1.49%、マザーズ指数は+1.28%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。ただし上げ幅は限定的で、前営業日比は+0.73%となる。


■16/03/11:日経平均終値1万6938円87銭/102.7
本日の東京株式市場は下値圏から復調の動き。ECBのドラギ総裁の発言(さらなる利下げは想定せず)を受けて欧州市場が低迷し、それを受けて安値での値動きとなった。ただしECBの追加緩和策への評価が定まると値を戻し、後場にはプラスに転じる形となった。出来高もSQ込みということでやや大きめで、27億6156万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.51%、TOPIXは+0.53%、マザーズ指数は+2.22%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはやや高値銘柄多し。前営業日比は+0.43%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー