テレビ観る時「ながら」と「専念」どちらが多い?

2011/05/08 12:00

NHK放送文化研究所が2011年2月23日に発表した「2010年国民生活時間調査報告書」は、同研究所が5年毎に定期調査を行っている研究報告の最新版で、日本の社会文化の変遷を推し量る上で役立つデータが多数盛り込まれている。今回はその中から、「ながら」「専念」別のテレビ視聴動向についてチェックを入れてみることにする(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年10月14日から24日にかけて10歳以上の日本国民を対象に住民基本台帳から層化無作為2段抽出方式によって選ばれた7200人(12人×150地点×4回)を対象にし、配布回収方法によるプリコード方式で行われたもので、有効回答数は4905人。男女比は47.7対52.3、年齢階層比は10代11.8%・20代10.1%・30代15.0%・40代15.0%・50代15.2%・60代16.2%・70歳以上16.7%。なお「行為者」とは指定された行動を行ったもの、「行為者率」は該当時間幅にその行動を15分以上した人が全体に占める割合を意味する。

また、今件記事における時間区分は、表記されている時間「まで」を表している。例えば30分毎区分で「19時30分」とあれば、「19時-19時30分」となる。

テレビの視聴スタイルについては【「「テレビをつけている時間」と「視聴時間」、「視聴率」を考え直してみる】【テレビを「つけている時間」と「観ている時間」の違いをグラフ化してみる】でも分析しているように、大きく分けると「専念……テレビ視聴だけをしている」「ながら……他の事柄をしながら観ている」の2タイプに分けられる。今調査でもこの2通りの視聴スタイル別にテレビ視聴について尋ねているが、全体平均(テレビ非視聴者も含めた)としてはそれぞれの視聴時間は次の通りとなる。

↑ テレビの視聴スタイル別平均視聴時間(一日あたり)
↑ テレビの視聴スタイル別平均視聴時間(一日あたり)

全年齢層を対象としているせいもあり、専念の方が多いが、それでも平日では1/3強、休日では約1/4が「ながら視聴」という計算になる。

時間帯によって「ながら」「専念」の視聴傾向に違いはあるのだろうか。すでに別記事で「食事の時ほどテレビを観ている人が多くなる」という傾向が示されている。食事をしながらテレビを観るとなれば、当然「ながら」視聴が増えるはずだが。まずは平日の夕飯時以降をクローズアップしてみた。

↑ 夜間のテレビの30分毎の「ながら」視聴・「専念」視聴の平均行為率(平日、全体)(記載は終了時刻)
↑ 夜間のテレビの30分毎の「ながら」視聴・「専念」視聴の平均行為率(平日、全体)(記載は終了時刻)

18時半-20時までは「ながら」視聴の方が多い。この時間帯は食事を取りながらテレビを観ているものと思われる。そして20時を過ぎると「専念」視聴が増え、特に21時-23時までは「専念」視聴そのものの多さと共に、「ながら」視聴を大きく上回っているのが分かる。遅く食事をとったり、パソコンや携帯電話など他の行動をしながら観る人もいるだろうが、多くはテレビ視聴に専念している様子が想像できる。

一日単位で「ながら」「専念」の行為者率推移を確認すると、さらに多くのことがすけて見える。

↑ 全体・平日におけるテレビの視聴(スタイル別)
↑ 全体・平日におけるテレビの視聴(スタイル別)

↑ 全体・平日におけるテレビの視聴(スタイル別)
↑ 全体・平日におけるテレビの視聴(スタイル別)

まず「専念」視聴は昼間はほぼ横ばいで、むしろ昼時は減る傾向すら見られる。そして夕食時の「ながら」視聴のピークの後に急激に増加し、夜のテレビ視聴が「夕食時にながら視聴」「食事をし終えて専念視聴」という順で観られていることが確認できる。

一方「ながら」視聴ははっきりと朝昼夕食の時に大きくせり上がっており、「食事をしながらテレビを観る」というスタイルが定着していることが分かる。また、平日は昼食時の行為者率がやや減っているが、日曜は朝昼夕とも変わらず、昼時の「ながら」視聴は会社勤め・学生には不可能な様子をうかがわせる。

さらに細かい部分だが、例えば「ながら」視聴の朝のピークは7時-7時半、日曜は8時-8時半で、1時間ほど日曜の方が遅い。食事との連動性を考えれば、日曜は遅めに起きて睡眠不足を補い、その分朝食時間も遅くなるライフスタイルが推測できる。



今調査結果では「ながら」「専念」の区分しか無く、「主に何との」ながらなのか、また「ながら」の場合テレビへの専念度はどれくらいなのかまでは分からない。さらに年齢階層別の「ながら」「専念」別データも無く、やや口惜しいところはある。

しかしそれでも「ながら」「専念」別の行為者率推移のデータは極めて貴重であることに違いは無い。今後各種テレビに関する考察において、役立つデータとなるだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー