お年寄りは夕食前からずっと、30-40代は午後10時以降…世代・性別で異なる平日夜間のテレビ視聴スタイル

2011/05/08 06:00

NHK放送文化研究所が2011年2月23日に発表した「2010年国民生活時間調査報告書」は、同研究所が5年毎に定期調査を行っている研究報告の最新版。日本の社会文化の変遷を推し量る上で役立つ、貴重なデータが多数盛り込まれている。今回はその中から、平日夜における性別・世代別のテレビ視聴動向についてチェックを入れてみることにする(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年10月14日から24日にかけて10歳以上の日本国民を対象に住民基本台帳から層化無作為2段抽出方式によって選ばれた7200人(12人×150地点×4回)を対象にし、配布回収方法によるプリコード方式で行われたもので、有効回答数は4905人。男女比は47.7対52.3、年齢階層比は10代11.8%・20代10.1%・30代15.0%・40代15.0%・50代15.2%・60代16.2%・70歳以上16.7%。なお「行為者」とは指定された行動を行ったもの、「行為者率」は該当時間幅にその行動を15分以上した人が全体に占める割合を意味する。

また、今件記事における時間区分は、表記されている時間「まで」を表している。例えば30分毎区分で「19時30分」とあれば、「19時-19時30分」となる。さらに今件データにおける「テレビ視聴」では「テレビに専念して見入る」だけでなく「他の事柄をしながらのながら視聴」も含んでいる。

テレビがどのような時間帯に視聴されているかを「行為者率の推移」で見ると、三食の食事の時間帯、そして夕食後の団らん時に高い値を示しているのが確認できる。

↑ テレビの30分毎の平均行為者率(2010年、平日)(記載は終了時刻)
↑ テレビの30分毎の平均行為者率(2010年、平日)(記載は終了時刻)(再録)

朝食と昼食、昼食と夕食の間の時間帯は、学生や勤め人はテレビを視聴できないこともあり、値は低いままに留まっている。一方夕食後は自宅で自由時間となる場合が多く、学生や勤め人もテレビを視聴する機会が生まれ、結果として高い行為者率(テレビ全体としてのテレビ視聴率)を示すようになる。

それではこの夕食前後の時間帯におけるテレビ視聴の傾向は、男女・世代別に差異が見られるのだろうか。平日の夜、18時半-19時の時間帯以降30分区切りで、深夜0時半までの動向をみたのが次のグラフ。

↑ 夜間のテレビの30分毎の平均行為者率(平日・男性・年齢階層別)(記載は終了時刻)
↑ 夜間のテレビの30分毎の平均行為者率(平日・男性・年齢階層別)(記載は終了時刻)

↑ 夜間のテレビの30分毎の平均行為者率(平日・女性・年齢階層別)(記載は終了時刻)
↑ 夜間のテレビの30分毎の平均行為者率(平日・女性・年齢階層別)(記載は終了時刻)

18時半以降20時までは10代と50代以降、つまり高齢者(青系統の線)と子供のテレビ視聴率が高い。20代-40代は低め。10代は男女とも19時半-20時をピークに漸減しており、就寝時間の早さ、あるいは宿題をする・自分の自由時間に費やすようすが確認できる。一方高齢者は10代が減少した以降も高めの値を維持したまま。

古いテレビところが21時半-22時あたりから大きな変移が見えてくる。女性はやや遅めだが、この時間帯になると50代以降の高齢者の視聴率はグンと減り、就寝する様子がうかがえる。他方で漸増を続けている男性20代-40代、女性30代-40代はこの時間帯以降、すなわち21時半-23時くらいまでが視聴率のピークに達している。

ピーク時の視聴率(個々の世代総数に対するテレビ視聴者の率)では高齢者の方が上なことに違いない。しかし午後10時前後で個々の時間区分帯における世代間視聴率の順位が大きく入れ替わりを見せているのが分かる。とりわけ70歳以降は早寝の傾向があるせいか、男女とも午後8時半-9時をピークとし、午後10時以降は10代に次いで低い値になっているのが分かる。

高齢者では男性よりも女性の方が遅くまでテレビを観ている、10代は女性の方が早くテレビから離れる傾向があるなど、他にも興味深い動きが多数確認できる。しかしなによりも、午後10時前後でテレビの視聴世代が大きく入れ替わる動きは大いに注目すべき点といえよう。平日の夜における番組構成・番組表ももこの視点で見ると、新たな発見を得られるかもしれない。


■関連記事:
【テレビの視聴時間は平日3時間半・休日4時間強、お年寄りほど長い傾向】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー