テレビを観るのは朝昼夕食時、夜はやっぱり多めです

2011/05/07 12:00

NHK放送文化研究所は2011年2月23日、2010年国民生活時間調査の報告書を発表した。今調査は5年毎・定期的に同研究所が行っているもので、日本の社会文化の変遷を推し量る上で役立つ、貴重なデータが多数盛り込まれている。今回はその中から、テレビが一日の中でどのような時間帯によく視聴されているかについて眺めることにする(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年10月14日から24日にかけて10歳以上の日本国民を対象に住民基本台帳から層化無作為2段抽出方式によって選ばれた7200人(12人×150地点×4回)を対象にし、配布回収方法によるプリコード方式で行われたもので、有効回答数は4905人。男女比は47.7対52.3、年齢階層比は10代11.8%・20代10.1%・30代15.0%・40代15.0%・50代15.2%・60代16.2%・70歳以上16.7%。なお「行為者」とは指定された行動を行ったもの、「行為者率」は該当時間幅にその行動を15分以上した人が全体に占める割合を意味する。

また、今件記事における時間区分は、表記されている時間「まで」を表している。例えば30分毎区分で「19時30分」とあれば、「19時-19時30分」となる。さらに今件データにおける「テレビ視聴」では「テレビに専念して見入る」だけでなく「他の事柄をしながらのながら視聴」も含んでいる。

テレビを見る人の割合(テレビ行為者率、1日15分以上テレビを見ている人)は最新の調査でも9割近くに達している。もっとも、今回データが公開された1995年からは少しずつだが減少する動きを見せている。

↑ テレビを見る人の割合
↑ テレビを見る人の割合(再録)

一方でテレビを良く観る高齢者そのものの増加や高齢者のテレビ視聴時間の増加により、全体としてのテレビ視聴時間は横ばい、むしろ増加の傾向が確認できる。

↑ テレビの全員平均時間量(全員、調査年別)
↑ テレビの全員平均時間量(全員、調査年別)(再録)

それではテレビはどのような時間帯によく観られているのか。それを平均行為者率の推移で見たのが次のグラフ。一挙に平日・土曜・日曜について挙げてみよう。

↑ テレビの30分毎の平均行為者率(2010年、平日)(記載は終了時刻)
↑ テレビの30分毎の平均行為者率(2010年、平日)(記載は終了時刻)

↑ テレビの30分毎の平均行為者率(2010年、土曜)(記載は終了時刻)
↑ テレビの30分毎の平均行為者率(2010年、土曜)(記載は終了時刻)

↑ テレビの30分毎の平均行為者率(2010年、日曜)(記載は終了時刻)
↑ テレビの30分毎の平均行為者率(2010年、日曜)(記載は終了時刻)

これらのグラフはそれぞれの時間区分で、テレビを観ている人が何%いるかを意味している。例えば平日の21時(20時30分-21時の30分間)ではテレビを観ている人は45%に達している。

すべての曜日で共通していることは、朝昼夜(夕)の3回ピークが確認でき、夜のピークが一番大きな値を示していることは。これは食事の際、あるいは直後にテレビを視聴する生活様式で過ごしているからに他ならない。そして夜の時間帯がもっとも多いのは、朝食・昼食時は無理でも、夕食ならば家族一緒に食事を取り、その後テレビを観ることが容易なため。さらに比較的余裕が持てる時間帯でもあるのも大きな要因となる。

また、平日、土曜、日曜の順に、朝食-昼食、昼食-夕食時のテレビ視聴行為者率が大きく(順に10%未満、10%前後、15%前後)、休みの日は食事中や夕食後の団らん以外の時間帯でもテレビをずっと点けているようすがうかがえる。

平日、土曜、日曜のテレビ視聴リズムを比較するため、これらのグラフを折れ線グラフ化し、一つにまとめたのが次の図。

↑ テレビの30分毎の平均行為者率(2010年)(記載は終了時刻)
↑ テレビの30分毎の平均行為者率(2010年)(記載は終了時刻)

まず改めて、朝昼夕食のピークが分かる。そして朝食時のピークが平日・土曜日・日曜の順に遅くなっており、休みの日は朝食も遅い時間なのが見て取れる。さらに全般的には平日よりも土曜、土曜よりも日曜の方が観ている人が多いが、夕食を食べ、団らん時間の後はほぼ同率、むしろ日曜の方が平均行為者率は低下する。これは翌日からまた仕事の一週間が始まるのに備え、あるいは日中テレビを見続けていたことから疲れており、早めに床に就く傾向が表れているのではないかと思われる。

テレビと食事が切っても切れない関係にあることや、【主要テレビ局の複数年に渡る視聴率推移をグラフ化してみる(補足編)】でも解説した、いわゆるゴールデンタイム(19時-22時)の優位性などが、改めて認識できよう。



■関連記事:
【テレビを見る人漸減中、でもお年寄りはむしろ増加?】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー