テレビの視聴時間、若年層で減少中、でもその分高齢者が増えて…

2011/05/06 19:00

NHK放送文化研究所は2011年2月23日、2010年国民生活時間調査の報告書を発表した。今調査は5年毎・定期的に同研究所が行っているもので、日本の社会文化の変遷を推し量る上で役立つ、貴重なデータが多数盛り込まれている。今回はその中から、テレビの視聴時間の15年間に渡る変化についてスポットライトを当てることにした(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年10月14日から24日にかけて10歳以上の日本国民を対象に住民基本台帳から層化無作為2段抽出方式によって選ばれた7200人(12人×150地点×4回)を対象にし、配布回収方法によるプリコード方式で行われたもので、有効回答数は4905人。男女比は47.7対52.3、年齢階層比は10代11.8%・20代10.1%・30代15.0%・40代15.0%・50代15.2%・60代16.2%・70歳以上16.7%。なお「行為者」とは指定された行動を行ったもの、「行為者率」は該当時間幅にその行動を15分以上した人が全体に占める割合を意味する。また、グラフ上では時間を「時間:分」で表記する。例えば3時間54分は「3:54」とする。

テレビを見る人の割合(テレビ行為者率、1日15分以上テレビを見ている人)は最新の調査でも9割近くに達している。もっとも、今回データが公開された1995年からは少しずつだが減少する動きを見せている。

↑ テレビを見る人の割合
↑ テレビを見る人の割合(再録)

それでは視聴時間はどのように変化しているのだろうか。男女別で平日の視聴時間の変移をグラフ化したのが次の図。

↑ テレビの時間量変移(調査年別、男性、平日)
↑ テレビの時間量変移(調査年別、男性、平日)

↑ テレビの時間量変移(調査年別、女性、平日)
↑ テレビの時間量変移(調査年別、女性、平日)

男性は40代までは漸減、50代は横ばいで、60代以降はむしろ増加。女性も同様に30代までは漸減で40-60代は横ばい、70歳以上で増加の動きを見せている。最初のグラフにあるように、テレビを観る人は漸減しているのだから、全体としてのテレビ視聴時間も減りそうなものだが……

↑ テレビの全員平均時間量(全員、調査年別)
↑ テレビの全員平均時間量(全員、調査年別)

実のところ、全体量ではほぼ横ばい、むしろ微増の傾向すら確認できる。これはひとえに長時間視聴する高年齢層が増加しているから。テレビにとって高齢者はますます大切なお客様になっているわけだ。

茶の間元資料には詳細な数字こそ1995年以降のものしかないが、グラフとしては1970年以降のも用意されている。それを見ても「全体としての」テレビの平均視聴時間に変わりがないのが分かる。普通のメディアやサービスなら「高齢者が抜けてその分若年層の割合が増え総量が維持される」新陳代謝が起きるわけだが、テレビの視聴に関しては「若年層が減り高齢者が増え総量が維持される」逆新陳代謝が起きていることになる。

その観点で考えると、一時期は冗談交じりで語られていた「お年寄り専用チャンネル」(時代劇や歴史物をはじめ、高齢者向けの番組ばかりで構成されるチャンネル)もあるいは、現在の視聴者ニーズにマッチしているのではないかと思えてくるから不思議ではある。


■関連記事:
【テレビを見る人漸減中、でもお年寄りはむしろ増加?】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー