「原則として車内では折りたたまずにベビーカーを使えます」賛成、それとも反対?

2016/02/18 04:54

育児関連商品の技術の進歩や子育てに対する関心の高まりなどを受け、ベビーカーの利用が増えるにつれ、社会環境の対応も変化を遂げている。国土交通省の発表【「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」決定事項の公表について(国土交通省)】などにもある通り、安全な利用促進・啓蒙のためのマークも制定され、周知が進められている。また同協議会では原則としてバスや電車などの公共交通機関、エレベーターではベビーカーを折りたたまずに使用できるとの決定が下されている。このことについて世間一般はどのような認識を示しているのだろうか。内閣府が2016年2月15日に発表した、ベビーカーマークに関する世論調査の詳細値から確認していく(【発表リリース:ベビーカーマークに関する世論調査(平成27年12月)】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事【ベビーカーマークの認知度は53%、都市部ほどよく知られる傾向】を参照のこと。

冒頭にもある通り、ベビーカーに係わる国土交通省の協議会の決定事項として、2014年3月に「電車やバスなどの車内やエレベーターでは、原則としてベビーカーを折りたたまずに使用できること」を公表している。この件についていかなる感想を持つか、賛成・反対の見方で答えてもらった結果が次のグラフ。全体としては8割強が賛成、反対は1割強でしかない。

↑ 電車・バス車内、エレベーターで原則ベビーカーを折りたたまずに使用できる事についてどう思うか
↑ 電車・バス車内、エレベーターで原則ベビーカーを折りたたまずに使用できる事についてどう思うか

男女差はほとんどなく、年齢階層別では若年層ほど賛成派が多い……ように見えるが、よく確認すると確かに賛成派の回答率は若年層ほど高く、高齢層ほど反対派の意見が多くなるように見えるものの、一方で「分からない」の回答率も年上ほど高くなる。とはいえ、賛成派が絶対多数を占めている状況に違いは無い。

他方その賛成派の中身をよく見ると、強い賛成の意を示しているのは男性では30代がピークである一方、女性は20代がピークとなり、あとは年齢と共に漸次下がっていく。40代以外は同じ年齢階層でにおいては、男性の方が強い賛意の人の割合が多くなっている。ベビーカーに対する思惑の微妙な違いが見え隠れしているようで興味深い。

↑ 電車・バス車内、エレベーターで原則ベビーカーを折りたたまずに使用できる事についてどう思うか(居住環境別)
↑ 電車・バス車内、エレベーターで原則ベビーカーを折りたたまずに使用できる事についてどう思うか(居住環境別)

回答者の居住環境別では大きな差異は無い。ただし電車やバスの混雑が多分に生じる東京都区部では、他の都市規模別と比べるとやや否定派が多くなっているのが目に留まる。もっともそれでも8割近くが賛成派であることに変わりはない。

↑ 電車・バス車内、エレベーターで原則ベビーカーを折りたたまずに使用できる事についてどう思うか(子供等の状況別)
↑ 電車・バス車内、エレベーターで原則ベビーカーを折りたたまずに使用できる事についてどう思うか(子供等の状況別)

最後は回答者の子供の有無や、実際にベビーカーを使っていたか否か別。子供が居ても歳が上になるにつれて否定派が増える一方、子供が居ない人の場合は逆に肯定派が増えるのは興味深い。あるいは過去においては利用しなかった、できなかった事から、現在のように利用できる環境がある程度整備されたことへの羨ましさも値に反映されているのだろうか。

使用経験項目では当然、現在使用者の肯定派が極めて高い値となっている。

「電車やバスなどの車内やエレベーターでは、原則としてベビーカーを折りたたまずに使用できる」は無論原則論であり、状況に応じて個々の判断が必要となる。ベビーカーを使用している状態は、使用していない状態とすべて同じわけではないのだから、それに応じた判断を使用者側もなすべきであることは当然の話ではある。


■関連記事:
【ベビーカーマークを知らない人は約半数】
【レゴ公式では初の車いすの人が登場するとの話】
【乳幼児と共にショッピングカートで買い物をする際の注意事項】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー