ベビーカーマークの認知度は53%、都市部ほどよく知られる傾向

2016/02/17 10:42

内閣府は2016年2月15日、ベビーカーマークに関する世論調査の詳細値を発表した。その内容によれば調査対象母集団においては、ベビーカーマークを知っている人は52.6%に達していることが分かった。実際に見たことがあり、その内容・意味するものも分かっている人に限ると1/4程度となる。回答者の居住地域別では大都市圏、特に東京都区部での認知度が高く、地方にいくほど低下する傾向にある。ただし町村部では逆に東京都区部並みに上昇する傾向も見確認される(【発表リリース:ベビーカーマークに関する世論調査(平成27年12月)】)。

スポンサードリンク


今調査は2015年12月10日から20日にかけて、層化二段無作為抽出法で選んだ日本国籍を持つ20歳以上の男女3000人に対して、調査員による個別面接聴取法によって行われたもので、有効回答数は1653人。男女比は760対893。回答者の世代構成比は20代144、30代220、40代303、50代263、60代334、70歳以上389。

【「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」決定事項の公表について(国土交通省)】などに説明の有る通り、ベビーカーの利用機会の増加に伴い、さまざまなトラブルが発生していることを受け、ベビーカー使用者のマナー向上や周囲の理解・配慮を促進する目的で制定されたのが「ベビーカーマーク」。マークが無い場所でも原則として利用は可能だが、特段の配慮がなされている場所、利用を推挙する場所に掲示される。また使用を禁止する場所・設備などには「ベビーカー使用禁止マーク」が掲示されることになる。

↑ 「ベビーカーマーク」と「ベビーカー使用禁止マーク」(国土交通省発表資料より)
↑ 「ベビーカーマーク」と「ベビーカー使用禁止マーク」(国土交通省発表資料より)

それではこの「ベビーカーマーク」をどの程度の人が知っているのだろうか。見た事があり、その内容も知っている人、見た事は無いが内容を知っている人、見た事はあるが内容は知らない人、見た事も無いし内容も知らない人の中から一つを選んでもらい(「分からない」も例外選択肢としてあり)、そのうち前者3つを認知しているとの分類として集計した結果が次のグラフ。

↑ ベビーカーマークの認知度
↑ ベビーカーマークの認知度

全体では5割強が認知している。もっとも見ただけでその内容が分からないのではさほど意味は無いので、前者2つ、見た事があるか否かはともかく内容を知っている人に限定すると、ほぼ1/3程度が把握していることになる。見方を変えると2/3はベビーカーマークの意義を知らない。

男女別では女性の方が認知度が高い。これはベビーカーを利用するのが概して女性であるため、より身近な話であるからと考えれば道理は通る。また男性では30代でもっとも認知度が低く、40代から50代に渡って大きく値が伸びる。これはあるいは子育ての過程で夫婦ともに子供と出かける際に、妻と共に、あるいは妻に代わってベビーカーを使う機会が多々あるからかもしれない(ただし30代でもそれなりにベビーカーは使われているはずなので、この発想にはやや無理がある)。

女性では身近な立場にあることから、70歳以上でやや低い値を示すものの、大よそ年齢別で差異は無く5割台をキープしている。内容を知っている人に限定しても1/3は確保されており、それなりに高い認知度を示している。

速報値で今件調査が発表された際に、「都市部ほど目撃・利用ケースが多いから、認知度も高くなるのでは」との指摘があった。それを確認できるのが次に示す、回答者の居住環境別の動向。

↑ ベビーカーマークの認知度(居住環境別)
↑ ベビーカーマークの認知度(居住環境別)

都市規模別では大よそ人口が密集する都市部ほど、高い視認・認知度を示している。見方を変えれば都市部ほどベビーカーマークが貼られる必要がある場所が多いことにもなるが、やはりそれなりに身近な存在であるほど、よく知られ、中身も理解されることになる。ただし町村部では視認度が高めとなり、認知度は東京都区部とほぼ同じ値を示している。町村部では注意をうながす必要がある場所が限定されるからこそ、余計に目立つ、認識されやすくなるのだろうか。

居住地域別では東京都区部を含む関東、そして北海道や九州が高めで、四国や北陸、東山(山梨県と長野県)などが低めの値となっている。ただしそれらの地域でも見た事があり内容を知っている人の割合は相応に高めで、見た事がある人のみが少なく、結果として認知度が低い値として計上されている。

↑ ベビーカーマークの認知度(子供等の状況別)
↑ ベビーカーマークの認知度(子供等の状況別)

子供の有無別では、子供がいる人の方が認知度は高い。ただし子供が成人して社会人となると、その値はグンと下がる。子供が乳幼児の人の認知度がずば抜けて高いのは、ひとえに自分自身の利用時に直接係わるからに他ならない。

さらにベビーカーの使用状況別では、現在使用している人の認知度が一番高く、6割近くに達している。ただし見方を変えると、ベビーカーを今使っている人ですら、マークを見た事があり内容を知っている人は4割にも届かず、見た事がある・無いを別にして内容を知っている人は4割でしかない現状も把握できる。

上記に有る通りベビーカーマークは交通規制上の罰則規定付きのルールなどでは無く、使用者のマナー向上や周囲の理解・配慮を促進するための、啓蒙的なものに過ぎない。本来ならばこのようなマークが無くとも、使用者自身も周囲もスマートな環境が構築できれば良いのだが。


■関連記事:
【ベビーカーマークを知らない人は約半数】
【レゴ公式では初の車いすの人が登場するとの話】
【乳幼児と共にショッピングカートで買い物をする際の注意事項】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー