引越しありの一人暮らし経験者は5割強、かかった費用は業者有り無しで大きな差が

2016/02/17 05:19

インターワイヤードが運営するネットリサーチのDIMSDRIVEは2016年2月9日、一人暮らしに関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、回答時点も含めて一人暮らしをした経験がある人は5割強に達していることが分かった。女性より男性の方が経験率は高く、男性50代では7割強に達している。またその一人暮らしを始める際の引っ越し費用は、業者を使った人は3万円から5万円未満の人がもっとも多く1/3近くだったのに対し、業者を使わなかった人はゼロ円との回答が1/3を超える結果が出ている(【発表リリース:「一人暮らし」に関するアンケート 2016】)。

スポンサードリンク


引越しで一人暮らしの経験者は5割強


今調査は2016年1月15日から27日にかけてインターネット経由で行われたもので、友紘会と数は4400人。男女比は59.7対40.3、世代構成比は20代以下2.5%・30代12.0%・40代29.4%・50代31.0%・60代18.1%・70歳以上7.0%。

今調査対象母集団において現在進行形も含め、引越しを伴った一人暮らしの経験がある人は、全体では55.5%。家族全員が実家から出た結果としての一人暮らし(長期間旅行や出張)、マンスリーマンションなどへの長期滞在は除いている。

↑ 引越しを伴う一人暮らしの経験(2016年)
↑ 引越しを伴う一人暮らしの経験(2016年)

全体では55.5%。経験のあるなしを尋ねているため(「現在」一人暮らしをしている人のみでは無い)、順当ならば歳を経るほどその機会は増えることから、年上になるに連れて値は上乗せされるはずだが、男性では50代、女性では30代がピークとなっている。男性は60歳以上、女性は40代以上において、一人暮らしを避ける、しにくい社会環境下だったのかもしれない。さらには男女の未婚率の差も関係してくるものと考えられる。世帯構成上の価値観の変化とも合わせ考えると、興味のそそられる動きではある。

他方、20代はともあれ(誤差の範囲だろう)、30代以降では概して男性の方が一人暮らし経験率は高い。これは防犯上の理由に加え、保護者や関係者が引きとめるケースが多々あるからだと考えられる。また男性の場合は転勤を理由にする事例も多い。

↑ 初めて一人暮らしをするために引越しをした理由(複数回答、引越しを伴う一人暮らしの経験者限定、2016年)
↑ 初めて一人暮らしをするために引越しをした理由(複数回答、引越しを伴う一人暮らしの経験者限定、2016年)

進学・通学、就職・転勤はほぼ同率だが、転勤の割合は男女で大きく異なる。引越しによる一人暮らし(いわゆる単身赴任)の事例は男性が圧倒的に多い次第である。

他方、女性の引越しによる一人暮らし理由としては、実家を出たい、独り立ちしたいなどの独立志向が強いのが目に留まる。男性よりも自立心の結果として一人暮らしを始める事例が多いとの解釈ができよう。

引越しにかかった費用は?


引越しをする際には大抵において何らかの費用が必要となる。業者に依頼すればそれなりの料金が発生し、家族や知り合いに依頼する場合でもトラックのレンタル代や梱包関連の資材費用、ガス代、お礼金の類などが欠かせない。

その実情を尋ねたのが次のグラフ。業者を頼んだ割合は全体で1/3強。歳を経てからの引っ越しの方が、業者依頼率は高い。これは知人や家族の年齢や時間の確保がネックになっているものと考えられる。また、業者頼りの方がコスト高となるので、その余裕のあるなしも関係していよう。

↑ 引越しの際に業者を使った(引越しを伴う一人暮らし経験者限定、2016年)
↑ 引越しの際に業者を使った(引越しを伴う一人暮らし経験者限定、2016年)

↑ 引越しの際の費用(2016年、引越しを伴う一人暮らし経験者限定)
↑ 引越しの際の費用(2016年、引越しを伴う一人暮らし経験者限定)

他方、引っ越し費用は業者頼みの場合は1万円から3万円が3割近く、3万円から5万円が1/3近くで、合わせて6割強が1万円から5万円の枠となる。家族そろってでは無く、一人暮らしの引越しのため、荷物も少なめに済むことから、金額も相応。

他方、業者を使わない場合はゼロが1/3強、1円から1万円未満が3割強となり、1万円未満で2/3を超えている。低コストで済むような距離や荷物量だからあえて業者を頼まなかったのか、費用を少しでも節約するために身内などだけで対応したのか。事情は多種多様だが、業者頼みと比べて随分と安上がりで済んでいる。



やや余談となるが、「初めて一人暮らしをするために引越しをした理由」を実際に引越しした人に対する割合では無く、それぞれ性別の全体比で算出したのが次のグラフ。例えば女性・実家を出たいは8.7%とあるので、女性全体のうち8.7%は実家を出たくて引越しして一人暮らしをした経験があることになる。

↑ 初めて一人暮らしをするために引越しをした理由(複数回答、男女それぞれ全体比、2016年)
↑ 初めて一人暮らしをするために引越しをした理由(複数回答、男女それぞれ全体比、2016年)

男性の1/4強は進学や通学のために引越しして一人暮らしをした経験があり、女性は2割足らず。男性の1割は転勤のために引越し・一人暮らしを経験している。むしろ現状の把握としては、こちらの方がイメージが沸きやすいかもしれない。


■関連記事:
【「家具の破損」「対応悪さ」に「雑梱包」引っ越し業者の不満あれこれ】
【老後に向けた引越し、人気先は地方都市・理由は気候や自然に恵まれているから】
【意外に少ない引越し要員や警備バイト…大学生のアルバイト、その経験した職種は!?】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー