子供に連絡したい時の最優先手段、米国ではテキストメッセージがトップ

2016/02/11 13:23

アメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerは2016年1月7日に、同国の親子間におけるデジタル技術の利用啓蒙に係わる調査報告書【Parents, Teens and Digital Monitoring】を発表した。その内容によれば調査対象母集団の保護者においては、自分の子供に連絡をしたい時にもっともよく使う手段はSMS(ショートメッセージサービス、テキストメッセージ)であることが分かった。次いで電話(通話)が続いている。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事の【6割は「子供の閲覧履歴を確認」…米国のデジタル子育て事情】を参考のこと。

親の立場では何らかの事情により、子供に連絡を取らねばならない機会が生じる。帰宅が予定より遅い時、買い物をお願いしたい時、友達の訪問があったが当人が居ないなどなど。そのような状況の場合、いかなる手段を用いることがもっとも多いのかを聞いた結果が次のグラフ。具体的な状況設定は成されていないので、普段における連絡手段と見れば良い。

↑ 子供に連絡を取る際にもっともよく使う手段(米国、2015年2月、13-17歳の子供を持つ親)
↑ 子供に連絡を取る際にもっともよく使う手段(米国、2015年2月、13-17歳の子供を持つ親)

最大値を示したのはSMSで49%とほぼ半数。次いで電話(通話)が41%。合わせると9割に達する。もちろんこれらの手段「のみ」が使われるのではなく、「もっともよく使う」手段ではあるが、SMSが大いに浸透し、インフラとして十分以上に役立ち、信頼されていることが分かる。また見方を変えると、9割は親子の連絡手段として携帯電話を有していることをも意味する(「電話(通話)」は固定電話を指す可能性もあるが、保護者が子供に連絡を入れたい際に、子供が固定電話のある場所に居て、そこに電話を入れる事が多いとの状況は、あまり想定しにくい。学校や塾など、固定された場ぐらいだろう)。

ソーシャルメディアは2%、電子メールは1%。連絡が可能なツールとしてはよく使われるとしても、もっとも迅速に、より確かな方法としては、SMSにはかなわない状態である。なお「その他」だが報告書では、その多くは直接対面して呼び寄せると説明している。

属性別の違いだが、具体的な数字がごくわずかしか報告書に記されておらず、大きな差は出ていないものと考えられる。いくつか例示されている値を示すと、SMSは7.5万ドル以上の世帯年収層では57%と高い値を示すものの、3万ドル未満の世帯年収層では31%に過ぎないとしている。これは多分に世帯そのものの携帯電話所有率の違いによる影響だと考えられる。今調査対象母集団の保護者の携帯電話保有率は、年収7.5万ドル以上では98%だが、3万ドル未満では86%にまで落ち込むからだ。


■関連記事:
【親子の対話、何が話題? 一番は友達の話、勉強や成績、テレビ番組では無く……】
【「インターネットのリスクをもっと学びたい」子供の保護者の6割近くが要望】
【保護者が抱える子供のネット利用での不安、しかし対策は……】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー