シニアのエンジョイライフのための情報源、トップはやはりテレビ番組

2016/01/30 12:15

大和ネクスト銀行は2015年12月14日、「『2015年ランキングで見る』シニアライフに関する調査」の結果を発表した。それによると調査対象母集団のうち60代・70代のシニア層においては、いわゆるシニアライフを楽しむための情報源としてもっとも多くの人が用いているものはテレビ番組だった。6割近い人が回答している。次いで新聞、友人・知人の口コミが続く。男女別では女性で口コミ系の回答率が高く、新聞を上回りテレビに次ぐ値を示している(【発表リリース:『2015年ランキングで見る』シニアライフに関する調査】)。

スポンサードリンク


今調査は2015年11月5日から6日にかけてインターネット経由で50歳から79歳までの男女に対して行われたもので、有効回答数は1000件。男女比、50代・60代・70代の年齢階層比はほぼ均等割り当て。調査協力はネットエイジア。

次に示すのは調査対象母集団のうち60代と70代、実質的にシニアと呼ばれる人に対し、60歳以降の生活、第二の人生ともシニアライフとも呼ばれている、退職後の生活の上で、楽しみを得るための情報源として何を用いているかを複数回答で尋ねた結果。今件がインターネット経由の調査であることから、同年代全体の回答状況と比べると、いくぶんインターネット関連の項目にはプラスの影響が生じていると見る必要がある。

↑ 60歳以降の生活を楽しむための情報源(60-79歳対象、上位陣、複数回答)
↑ 60歳以降の生活を楽しむための情報源(60-79歳対象、上位陣、複数回答)

インターネット経由の調査にも関わらず、トップは群を抜く形でテレビ番組。実に6割近い人がエンジョイライフのための情報源はテレビ番組だ、と答えている。次いで新聞が5割近い同意率を示しており、高齢者におけるテレビや新聞の絶対的な権威・信頼感が改めて認識される。

それらに続くのは友人や知人の口コミで1/3強。対人関係がそれなりに構築されている必要があるが、直接他人から見聞きする情報をトリガーに、あるいは頼り、生活に潤いを考える人は案外多い。もっとも、「新聞の折り込みチラシ」が上位に食い込んでいるところを見ると、多分に「生活を楽しむ」には「お値打ちの商品販売」が含まれることは容易に想像できる。口コミもその少なからずが、近所のお店のお買い得品に係わる情報なのだろう。

口コミに続いてようやくインターネット関連の情報源が入ってくるが、そのトップはポータルサイト。具体的にはYahoo!やgooなどが該当する。昨今のポータルサイトでは単なる検索エンジンとしてだけでなく、各報道のニュースをはじめとした多様な情報を集約配信する、本当の意味での「インターネットで構築される情報世界」への窓口的な存在となりつつあるが、シニア層にとっては「多様な情報が一か所に集まる便利な場所」との認識が強いのだろう。個々の小売店に足を運ぶより、何でもそろうスーパーやデパート、コンビニを選ぶのと同じである。

高齢者が良く聴くことで知られるラジオ番組は、テレビ番組と比べると随分と低めの値。今件は「生活を楽しむための情報源」であることから、あるいは「お役立ち」「時節を確認」「目新しい情報を取得する」など他の目的で多用しているのかもしれない。

これを男女別に見ると、男女それぞれのシニアライフの違いが透けて見えてくる。

↑ 60歳以降の生活を楽しむための情報源(60-79歳対象、上位陣、複数回答)(男女別)
↑ 60歳以降の生活を楽しむための情報源(60-79歳対象、上位陣、複数回答)(男女別)

テレビや新聞などの従来型メディアの圧倒的な頼られ方は男女共通。ただし友人・知人の口コミは女性の方が極めて高く、新聞ですら追い抜いている。シニア層でも男性より女性の方が対人関係においては積極的な行動を取ることが知られているが、口コミにウェイトが置かれているのもそれが一因なのだろう(あるいは逆で、口コミが好きで重要視しているからこそ、対人関係の積極さがあるのかもしれない)。実際、今件上位陣の選択肢では、女性回答率が男性回答率を上回っているのは、直接の対人系口コミのみである。

他の選択肢は大よそ男性の方が高い回答率。元々今件がインターネット経由による調査なのも一因だが、特にインターネットに絡んだ選択肢で男女差が大きい。見方を変えれば、同じ「インターネットを利用するシニア層」でも、男性は女性と比べて「生活を楽しむ情報」の取得において、ネットへの傾注度が高いと見ることができよう。男女における老後の生活様式の違いが表れているようだ。


■関連記事:
【会話や近所付き合いから見る高齢者の「ぼっち」状態(高齢社会白書:2015年)(最新)】
【独り身高齢者の「一人ぼっち」時間、子供との距離と比例関係に(2011年社会生活基本調査)】
【孤立か積極的にアプローチか…歳を経てからの近所付き合い、どう考えてる?】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー