「車のある生活」購入コストや月出費は月収と比べてどれぐらい?

2015/01/10 10:00

これまで【今年の新成人、普免保有はどれぐらいだろうか?】をはじめ複数の記事で、ソニー損害保険が2015年1月6日付で発表した「2015年 新成人のカーライフ意識調査」をもとに、新成人におけるカーライフ(車のある生活)に関する実情を確認してきた。今回はいくぶんトリッキーな話ではあるが、提示された値を用い、新成人が頭に思い浮かべている「車のある生活」に関して、いくつかの指標を作成してみることにする(【発表リリース:2015年 新成人のカーライフ意識調査】)。

スポンサードリンク


今調査は2014年11月20日から28日にかけて2015年の新成人男女に対しインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1000件。男女比は1対1。調査実施機関はネットエイジア。

今調査結果では新成人における「カーライフをするにあたり1か月にかけられる金額」「カーライフをするにあたり必要な手取り月収」「車を購入する際の上限予算」が尋ねられ、その答えが掲載されている。これらの値を組み合わせることで、「車のある生活」を望んでいる新成人における各種金額の対月収比率(厳密には「カーライフが可能となる月収を確保できた場合において、想定している対月収比率」)が算出できることになる。

まず最初は新規に自前の車を調達する際の月収比率。当然ほとんどの人は月収一か月分で車が購入できるような高給取りであるはずは無く、自家用車の類が安いはずもないので、単純に月収の何倍かで表されることになる。

↑ カーライフをするにあたり投入できる車の購入金額上限(月収の何倍か)
↑ カーライフをするにあたり投入できる車の購入金額上限(月収の何倍か)

全体では8.1倍。つまりカーライフをするにあたり「この程度の月収が望ましい」と想定されている金額に対し、8倍強の額を車本体の購入額上限として考えていることになる。見方を変えれば新成人の手取りを底上げできれば、それだけ高額の新車が購入され得ることになる。

女性・地方居住者はやや低め、都心部居住者はいくぶん高めの比率が出ている。車本体への価値観の違いに加え、コスト意識の差が倍率にも表れているといえる。

以上はいわばカーライフのための初期費用だが、車を用いる際には当然定期的な出費も求められる。燃料代や駐車場代が代表的な出費。それではそれらのランニングコストは月収の何%を想定しているのだろうか。こちらは月額コストが月収を上回る状況は考えにくいので、月収に対する%で表されることになる。

↑ カーライフをするにあたり投入できる金額(対月収比率)(2015年の新成人対象)
↑ カーライフをするにあたり投入できる金額(対月収比率)(2015年の新成人対象)

ランニングコストは全体で8.1%。月収が20万円なら大よそ1万6000円を想定していることになる。女性や地方居住者はいくぶん低く、男性や都心部は高め。特に都心部居住者は9.6%と1割近くに達している。賃貸住宅を借りる際の賃料の目安は、手取りの2割から3割と言われているが、そこに1割の上乗せが生活費用として加わるとなると、結構苦しいそろばん勘定を強いられることになる。



今件は半ば数字遊び的な指標で、実用性がどこまであるのかは疑わしいものではあるが、あくまでも新成人を対象とした上で、「月収の8倍が自家用車購入時の目安」「月収の8%が自家用車保有時のランニングコスト」と見ると興味深いものがある。

今後この値がどのような変化を見せるのか、若年層の懐事情や車への価値の見出し方の変化と合わせ、見極めたいところではある。


■関連記事:
【「クルマなんかいらない!」大学生が思うその理由は!?】
【クルマからスマホへ…若者のパートナーの変化】
【自家用車と自宅、「これなら買ってもいいな」と若年層が思う年収は!?】
【外より家、遠出より近所……変わる若年層のライフスタイル】
【車の負担、車検代や自動車税よりも重く感じるのは?(2014年)(最新)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー