新成人の7割が「経済的余裕が無くて車を所有できない」とする現状

2015/01/08 14:00

日本全体の自動車保有台数は普通乗用車こそ漸減しているものの、軽自動車は大いに躍進している。車そのものの所有を避ける傾向は全般的には見られないものの、若年層に対しては「若者の(自動)車離れ」なる言葉が用いられ、所有・利用状況について懸念する声が関連業界からあがっている。それでは若年層自身はその言葉や周辺環境に関して、いかなる所感を持っているのだろうか。ソニー損害保険が2015年1月6日付で発表した、今年成人式に足を運ぶことになる新成人の人たちに聞いた結果から、その実情を確認していくことにする(【発表リリース:2015年 新成人のカーライフ意識調査】)。

スポンサードリンク


今調査は2014年11月20日から28日にかけて2015年の新成人男女に対しインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1000件。男女比は1対1。調査実施機関はネットエイジア。

冒頭で触れた通り、昨今の「若者の車離れ」と呼ばれている状況について、若者自身の代表的な立場となる新成人に幾つかの質問を実施。それぞれに「とてもあてはまる」「ややあてはまる」「どちらとも言えない」「あまりあてはまらない」「全くあてはまらない」の5つの選択肢から自分の心境にもっとも近いものを選んでもらい、そのうち前者2つ、つまり肯定派の回答数をまとめた結果が次のグラフ。例えば「若者の車離れ」とは自分のことの項目では全体で37.9%なので、37.9%は「とてもあてはまる」「ややあてはまる」のいずれかと答えている。掲載されている数字以外はすべて否定派では無く、「どちらとも言えない」も多分に含まれている事に注意を要する。

↑ 「若者の車離れ」と呼ばれる状況についての意識(2015年新成人対象)(「当てはまる」派率)
↑ 「若者の車離れ」と呼ばれる状況についての意識(2015年新成人対象)(「当てはまる」派率)

新成人の限りでは「若者の車離れ」を自認している人は4割近く。微妙な値ではある。属性別ではいくぶん都市部の回答率が高いが、正直誤差の範囲。一方「車に興味がある」人は4割強だが、男性、そして地方居住者の方がやや高めの値を示している。それぞれ自動車への必然性が高い立場にあることを考えれば、興味を示すのも当然といえる。

「車に乗る必要性を感じない」人は3割前後。こちらも誤差の範囲ともいえるが、都市部の回答率がいくぶん高め。公共交通機関が発達し、各種施設も居住地などの間近にある場合が多い都市部では、車の必要性は低いのだろう。

注目すべきは「車所有の経済的余裕がない」。こちらはほぼ7割の回答率。購入時の初期投資コスト、各種維持費、そして車検代と定期的に多額の出費を求められるため、自動車の所有にはそれなりの経済的裏付けが求められる。その裏付け(に自信)が無い人が、新成人の7割にも達している実態は、自動車関係者は大いに認識しておくべきだろう。

一方、車そのものの魅力に関する話だが、「所有はカッコイイ」「メーカーに若者向けの車を作ってほしい」との話は4割内外に留まっている。カッコよさは都市部ではあまり認識されていないこと、男性はメーカーに若年層向けの車を他属性と比べれば強く求めていないなど、興味深い動きも確認できよう。

なお車所有の動機の一つである「持っているとカッコイイ」と考えている新成人だが、2012年をピークに、各属性で減少しつつある。

↑ 同世代で車を所有している人はカッコイイと思う割合(当てはまる派合計)(各年新成人対象)
↑ 同世代で車を所有している人はカッコイイと思う割合(当てはまる派合計)(各年新成人対象)

特に都心部居住者の減少ぶりが著しい。金銭的余裕の無さに加え、格好よさすら覚えないのならば、所有動機が薄れるのも仕方がないのかもしれない。


■関連記事:
【外より家、遠出より近所……変わる若年層のライフスタイル】
【「買いたい」想いは変わらない・大学生はなぜクルマ離れをしているの?】
【「クルマなんかいらない!」大学生が思うその理由は!?】
【クルマからスマホへ…若者のパートナーの変化】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー