2015年の新成人は126万人・21年ぶりに増加へ転じる…新成人人口の推移をグラフ化してみる(2015年)

2014/12/31 18:00

総務省統計局は2014年12月31日、2015年1月1日現在における「未(ひつじ)年生まれ」の人口と「新成人」の人口の推計データを発表した。それによれば未(ひつじ)年生まれの人口は1007万人で、新成人の人口は126万人との推計となり、新成人の数は去年2014年と比べると5万人増えた値となった。これは1995年に減少へ転じて以来21年ぶりの増加となる。また、記録を始めてから一番多い値を示した昭和45年(1970年)の246万人に対し、5年ぶりに半数(123万人)を上回った。もっとも、昨年に続き6年連続で総人口に占める割合が1%を割り込むことも確認されている(【発表リリース:「未(ひつじ)年生まれ」と「新成人」の人口-平成27年 新年にちなんで- (「人口推計」から)】)。

スポンサードリンク


未年生まれの人口は1007万人で、そのうち男性は488万人・女性は519万人。総人口1億2702万人に占める比率は7.9%。出生年別に見ると、2015年中に48歳になる昭和42年(1967年)生まれの人が188万人でもっとも多い。次いで多いのは昭和18年(1943年)生まれの人で164万人との結果が出ている。また未年生まれの人口は十二支の中では9番目に多い人数となっている(一番多いのは丑(うし)年生まれで1122万人) 。

一方、新成人(2014年中に成人に達した人、2015年1月1日現在20歳)の人口は126万人。男性が女性より4万人多い。

↑ 新成人人口推移(万人)(各年1月1日現在)
↑ 新成人人口推移(万人)(各年1月1日現在)

↑ 新成人人口推移(万人)(各年1月1日現在)(21世紀分)
↑ 新成人人口推移(万人)(各年1月1日現在)(21世紀分)

新成人の人口推移を見ると、グラフ左の1970年が一番多い。これは第一次ベビーブーム世代が成人に達したのが原因。その後減少を続けているが、1980年以降再び増加に転じ、第二次ベビーブーム世代の人が成人に達する1995年前後にピークを見せる。その後減少傾向を再開し、今はそれが継続中の状態にある。

今回発表された2015年に成人の日を迎える新成人126万人は、データが残っている範囲では過去最低数を記録した去年の121万人から5万人増加している。これは先に触れた通り21年ぶりの増加で、総人口に占める比率も21年ぶりの増加となる。もっとも昨年同様に1%未満(2つ目のグラフで確認できるが、5年連続の状況)なのは継続中。去年までは「人口そのものの減少」「若年層人口の減少」の2つの状況が並行して起きていたが、今年は両方について増加を見せたことになる。

この新成人人口の増加の動きについて総務省側では、第2次ベビーブーム世代の人が親になる年齢に達し始めたことが影響し、新成人の出生年である1994年の出生数が、前年1993年に比べて増加したなどを理由として挙げている。 ただし国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば新成人数は今後も上下を繰り返しながら中期的には減少の動きを示し、2025年には110万人を下回ると見込まれている。

なおグラフ上、1987年に大きなへこみが生じているのが目に留まる。これは昭和41年・丙午年生まれの人が成人した年。いわゆる「丙午信仰・迷信」により出産数が極端に少なかったことに起因するもの。これが主な原因で、上記にある通り十二支では丙午生まれの人口がもっとも少なくなっている。このように視覚化すると、ここまではっきりとした動向が確認できる次第である。歴史的事実として覚えておくとよいだろう。


■関連記事:
【日本の出生率と出生数をグラフ化してみる(2014年)(最新)】
【高齢者人口3296万人で過去最多、総人口比は1/4超に(2014年・敬老の日)】
【2050年には1億人割れ…日本の人口推移をグラフ化してみる(高齢社会白書:2014年)(最新)】
【2050年の日本人口推計は9515万人・首都圏や中部圏に集中化へ…地域別人口推計をグラフ化してみる】
【2100年には8450万人に…国連予想による日本の2100年までの人口推移をグラフ化してみる(2013年)(最新)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー