米利上げ可能性高まるも景況感の回復が相場を底上げ…株式市場雑感(15/11/09-15/11/13週)(週終値:1万9596円91銭)

2015/11/13 19:00

■15/11/09:日経平均終値1万9642円74銭/136.9
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前週末に発表されたアメリカの雇用統計が良い結果となり、アメリカ経済の復調を裏付けるものとして市場が好感視して上昇。それに伴い円安ドル高も進み、東京株式市場にはどちらも買い材料につながった。出来高は25億1472万株(東証一部上場のみ)とやや大きめ。前営業日比で日経平均株価は+1.96%、TOPIXは+1.75%、マザーズ指数は-0.80%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチ。1銘柄ほど暴落したが、1銘柄の急上昇が支える。前営業日比は+1.12%となる。

スポンサードリンク


■15/11/10:日経平均終値1万9671円26銭/134.0
本日の東京株式市場は安値展開だが次第に値を戻し、引けまでにはプラスに転じる流れ。前日のアメリカ市場が大きく下げたことを受けて寄り付きは売りこまれたものの、そこから少しずつ値を戻し、引けまでにはプラスに転じ、そこで場を終える形となったただし出来高は20億6925万株(東証一部上場のみ)と低迷している。前営業日比で日経平均株価は+0.15%、TOPIXは-0.09%、マザーズ指数は+0.99%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.37%となる。


■15/11/11:日経平均終値1万9691円39銭/132.3
本日の東京株式市場は安値より付きの後復調、プラス圏に転じる流れ。為替が円安に推移したことを好感し、寄り付きこそここ数日の過熱感を警戒する形で売りが優勢となったが、その後買い進まれる形となり、後場に入ると本格的なプラス圏での値動きとなった。郵政銘柄が復調したことも市場心理を後押しした。出来高は21億3534万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.10%、TOPIXは+0.37%、マザーズ指数は+1.02%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.86%となる。


■15/11/12:日経平均終値1万9697円77銭/128.0
本日の東京株式市場は安値より付きの後復調、その後はもみあいの展開。寄り付きはアメリカ市場の軟調さなどを受けて安値で始まり、一時下げ幅を拡大したものの、その後切り替えし、その後は前日終値付近でのもみあいの流れに終始した。出来高は20億9741万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.03%、TOPIXは-0.11%、マザーズ指数は-1.03%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.43%となる。


■15/11/13:日経平均終値1万9596円91銭/121.1
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。原油価格が下落したことを背景にアメリカ市場が大きく下げた流れを受け、売り圧力の強い中での相場展開となった。買戻しなども入ったが、プラス圏まで転じるには至らなかった。出来高は22億2262万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.51%、TOPIXは-0.49%、マザーズ指数は-0.27%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的にはほぼ安値銘柄のみ。前営業日比は-1.01%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー