「結婚しなければ良かった」「人生を返して」が夫婦間認定NGワードトップ、では実際に言われた言葉のトップは?

2015/11/25 05:16

夫婦の間柄となった男女間においては、お互いのあれこれを許容するボーダーラインが通常の関係から変化し、他人ならば怒髪天を貫き関係を解消しても構わないと思ってしまう内容の言葉でも、ある程度許容できるようになる。しかしそのような関係でも、「それを言っちゃあおしめえよ」的なNGワード的な言葉は存在する。そのようなNGワードと認識している言い回し、そして実際に相方から受けたことがあるNGワードの実態を、ゲンナイ製薬が2015年11月10日に発表した調査結果【「夫婦の関係と夫婦の会話に関する調査」】から、確認していくことにする。

スポンサードリンク


夫婦間での「これ言ったらアウトでしょ」的なNGワード


今調査の調査要項は先行記事【夕食メニュー決定、財布のひも、そして口げんか…夫と妻のバランスオブパワー、その実態を探る】を参照のこと。

冒頭で触れた通り夫婦関係になると、概してお互いの間での言葉のやり取りに関する臨界点は多少制限が甘くなる。しかしそれでもなお、「これは口にしたらアウトだろう」的な内容のものは存在する。該当しそうな言い回しを列挙し、その通り、語ったら終わりだと思うものを複数回答で答えてもらった結果が次のグラフ。

なお質問の設定では「パートナー(夫・妻)の口から発せられたら、終わりだと思うセリフ」とのみ説明があり、どのように終わりなのか具体的な事案までは説明されていない。しかし「キレて反論しても良い」「脳内に設定している夫婦関係を示すパラメータをマイナスしても良い」「他人行儀モードに移行しても良い」的なものと考えて良いだろう。

↑ もしも配偶者の口から発せられたら、終わりだと思うセリフ(2015年9月、複数回答)
↑ もしも配偶者の口から発せられたら、終わりだと思うセリフ(2015年9月、複数回答)

トップは「結婚しなければ良かった/人生を返して(結婚を後悔)」で46.6%。要は結婚関係にある状況を否定するような発言である。これがNGワードのトップにつくのも十分理解はできる。

次いで多くの同意を得られたのは「触れないで!/生理的に無理(スキンシップを拒否)」で36.4%。単なるふれあいか、それ以上の行為を求めているのかまでは解説されていないが、何か汚らしいものに認識されているような感すら覚え、夫婦関係に無くとも大いに失望する言葉に違いない。

その次に来るのはドラマなどでもよく見聞きする「誰の稼ぎで生活していると思っている!(稼ぎをかさに着て強く出る)」で29.1%。男女別回答率は掲載されていないが、多分に女性が男性に対し「語られたらオシマイだな」と認識している言葉だと思われる。一つ飛んで第5位の「稼ぎが少ないくせに!(収入を批判)」はその逆の立ち位置的言い回し。いずれも語られた方はグゥのねも出ない、自らも否定的に認識している事柄なだけに、ダメージも大きなものとなる。

家庭周りの話、「家庭の事はあなたの仕事(家事の押し付け)」「なんでいるの?/一人にして(邪魔者扱い)」「家事が下手・手伝いが邪魔・飯がまずい(家事の出来栄えを批判)」はさほど高い値では無い。1割程度に留まっている。苦言には違いないが、NGワードまでの認識では無いということか。

実際に語られた経験があるNGワードたち


では実際に配偶者から言われたことがあるNGワードにはどのようなものがあるのだろうか。

↑ 実際に配偶者から言われたことがあるNGワード(2015年9月、複数回答)
↑ 実際に配偶者から言われたことがあるNGワード(2015年9月、複数回答)

回答時点で夫婦関係は維持していることから、離婚にまでは至らなかったものの、深い傷を心に、あるいは配偶者との絆に受けた言葉のトップは「出ていけ/実家に帰る(別れをにおわせる、宣言する)」で15.9%。トップで2割足らずであることから、さすがに不仲の引き金を引きかねないクリティカルな言葉はあまり語られていないようだ。さらに夫婦間のみならともかく、子供が居る前でこのセリフが交わされると、子供には大きなトラウマとなるため、十分以上の注意が必要になる……というよりは、語らないのが一番。

次いで多いのは意外にも、相方の親を否定するような発言。これが1割強。親と同居しているか否かの仕切り分けは成されていないが、多分にそのような環境下、あるいはそれに近い状況での発言と思われる。そして次に「誰の稼ぎで生活していると思っている!(稼ぎをかさに着て強く出る)」が入る。

「デブ・ブス・ブサイク(容姿を批判)」は第4位で9.0%。NGワードと認定されるランキングでは下位層にあるが、実際に語られた言葉としては上位につく。

注目すべきは回答者の「自分の夫婦生活が円満だと認識しているか否か」別。円満認識している人においては、相手からNGワードを語られた経験は押し並べて低く、円満で無いとの認識回答者では高い値を示している。特に「出ていけ/実家に帰る」は4人に1人以上、親の否定は2割以上、「誰の稼ぎで生活していると思っている!(稼ぎをかさに着て強く出る)」も2割近くが配偶者から言葉を受けた経験を持っている。

不仲だと認識してしまう要因の一つとして、このような言葉を受ける、そして恐らくは交し合う状況があることは容易に想像ができる。NGワードを自覚し、口に出さないだけでも、あるいは夫婦円満につながるきっかけとなるかもしれない。無論口に出したくなるような状況で黙っていることは、それだけストレスにつながり、色々なマイナス面をもたらすことになり、別の弊害が生じうる(健康面の悪化、子供をストレス発散の窓口にしてしまう、他の不審行動に走るなど)ので、一概には言い切れないのではあるのだが。


■関連記事:
【男性から見て「バレンタインデー」「ホワイトデー」とは何か(2015年)】
【夫婦仲 もっとも聞きたい 一言は 男女共々 感謝の一言】
【育児休業取得によるマイナス点、「家計困窮」「世話で疲労感」「復職への不安」】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー