思惑で大きく動く相場観…株式市場雑感(15/10/26-15/10/30週)(週終値:1万9083円10銭)

2015/10/30 19:00

■15/10/26:日経平均終値1万8947円12銭/131.9
本日の東京株式市場は高値推移。中国の中央銀行による追加金融緩和政策を好感する形でアメリカ市場が好調な動きを見せ、それに連動する形で同国市場も大きく上昇し、また為替も円安ドル高に振れたことで、買い基調の中の相場展開となった。ただし、過熱感への警戒から、後場に入ると上げ幅は縮小した。出来高は18億1051万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.65%、TOPIXは+0.72%、マザーズ指数は+1.55%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には大よそ上昇。前営業日比は+0.94%となる。

スポンサードリンク


■15/10/27:日経平均終値1万8777円04銭/124.4
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。中国市場が軟調に推移したことを背景に、さらにここ数日の上昇から利益確定のための売りも重なり、後場に入って一段安の展開となった。南シナ海での緊張も市場の雰囲気にはマイナスに作用するかたちに。出来高は18億9876万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.90%、TOPIXは-1.02%、マザーズ指数は-0.72%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には大よそ下落。前営業日比は-0.07%となる。


■15/10/28:日経平均終値1万8903円02銭/118.8
本日の東京株式市場は上値圏での値動き。売り買いともに内外動機の乏しい中、一部値嵩株の上昇が相場全体をけん引した。とはいえ出来高は17億1993万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は+0.67%、TOPIXは-0.16%、マザーズ指数は-0.07%。

自己保有銘柄関連。1銘柄を手数料の関係から1単元のみ信用買い。明日朝一で現引き予定。その他銘柄数的には大よそ上昇。前営業日比は+0.47%(現物のみ)となる。


■15/10/29:日経平均終値1万8935円71銭/126.8
本日の東京株式市場は方向感の乏しい値動き。日銀の金融政策決定会合が明日にひかえていることもあり、思惑が錯綜する形となった。他方、TOPIXの浮動株計算比率変更に伴う売り買いもあり、出来高そのものはやや活性化している。その出来高は27億2557万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.17%、TOPIXは-0.01%、マザーズ指数は+0.70%。

自己保有銘柄関連。先日信用買いした銘柄を現引き。その他銘柄数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.27%となる。


■15/10/30:日経平均終値1万9083円10銭/137.7
本日の東京株式市場は前場軟調、後場に入って上昇の流れ。前場は日銀の金融政策決定会合の内容待ちでやや軟調に推移。後場に入り、追加緩和政策が盛り込まれなかったことへの落胆から大きく下げたが、その後補正予算の報道で大きく切り返す形となった。大きな実材料が無いことから、多分に思惑で変動する市場感となっている。出来高は26億6855万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.78%、TOPIXは-0.32%、マザーズ指数は+0.65%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には大よそ上昇。前営業日比は+2.44%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー