追加緩和政策期待で上昇…株式市場雑感(15/10/19-15/10/23週)(週終値:1万8825円30銭)

2015/10/23 19:00

■15/10/19:日経平均終値1万8131円23銭/122.94
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。先週末の上昇からの反動による売り圧力が強く、また為替の円高基調を受けて頭を抑えられる形となった。たたし取引そのものは低調で、さえない相場展開といえる。出来高は18億7544万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.88%、TOPIXは-0.74%、マザーズ指数は-0.73%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチ。前営業日比は-0.03%となる。

スポンサードリンク


■15/10/20:日経平均終値1万8207円15銭/111.34
本日の東京株式市場はプラス圏での小幅な値動き。前日のアメリカ市場の堅調さを受けて買い基調で推移したが、国内企業の大型決算が間近な時期でもあり、取引を控える動きが強まり、出来形は低迷した。携帯電話料金の引き下げ要請に関して、これまで伝えられている単純な料金の一斉引下げではなく、横並びの料金体系の是正、不公平感の解消を視野にしているとの話が有力となり、関連銘柄には買いが入る形となった。出来高は17億8157万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.42%、TOPIXは+0.30%、マザーズ指数は-0.78%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には大よそ下落。前営業日比は-0.28%となる。


■15/10/21:日経平均終値1万8554円28銭/123.2
本日の東京株式市場は大幅上昇の動き。一部大手銘柄で好決算が出たことを受けて、国内企業業績に対する不安感が後退し、市場全体の警戒感が薄らぐ形となった。ただし出来高は21億2166万株(東証一部上場のみ)と相変わらず少なめ。前営業日比で日経平均株価は+1.91%、TOPIXは+1.84%、マザーズ指数は-0.45%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には大よそ上昇。前営業日比は+1.48%となる。


■15/10/22:日経平均終値1万8435円87銭/116.2
本日の東京株式市場は後場に入って大幅安の流れ。前場は前日終値付近でのもみあいが続いたが、為替がやや円高に振れたことを嫌気する形で、後場に入ると売りこまれる形となった。ただし商いそのものは低迷しており、出来高は18億4240万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は-0.64%、TOPIXは-0.56%、マザーズ指数は+0.10%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には大よそ下落。前営業日比は-0.53%となる。


■15/10/23:日経平均終値1万8825円30銭/128.0
本日の東京株式市場は大幅高の流れ。欧州中央銀行総裁のドラギ氏による追加緩和政策の示唆発言を受けて前日の欧米市場が堅調な流れを見せたのを反映する形で、寄り付きから大きく買い進まれた。為替が円安に進んだのも後押しする形となった。ただし出来高は21億2785万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は+2.11%、TOPIXは+1.95%、マザーズ指数は+0.36%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には大よそ上昇。前営業日比は+0.89%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー