米利上げ先送りか…株式市場雑感(15/10/05-15/10/09週)(週終値:1万8438円67銭)(最新)

2015/10/09 19:00

■15/10/05:日経平均終値1万8005円49銭/98.3
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。アメリカの9月分雇用統計が予想を下回り、同国の利下げが先送りされるとの観測が広まり、これを受けて同国市場が上昇。この流れを引き継ぎ、寄り付きから買いが優勢な市場展開となった。TPP周りの期待を反映し、関連しそうな銘柄にも買いが集まる形となっている。出来高は小さめで18億9654万株(東証一部上場のみ)に留まっている。前営業日比で日経平均株価は+1.58%、TOPIXは+1.31%、マザーズ指数は+2.40%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には全銘柄がきれいに上げ。前営業日比は+1.61%となる。

スポンサードリンク


■15/10/06:日経平均終値1万8186円10銭/98.2
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の欧米市場が堅調だったこと、円安が進んだことなどを買い材料として、さらにTPPの大筋合意報道もポジティブに働き、買い進まれる形となった。しかしここ数日の勢いの強い買い上がりへの警戒感もあり、寄り付き以降は少しずつ値を落としている。出来高は24億3836万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.00%、TOPIXは+0.81%、マザーズ指数は-0.60%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には大よそ上昇。前営業日比は+0.47%となる。


■15/10/07:日経平均終値1万8322円98銭/93.9
本日の東京株式市場はもみあいの後高値への値動き。寄り付きから前日終値付近やや安値で推移していたが、日銀の金融政策決定会合の結果が現状維持と伝えられると一部値を大きく下げたものの、底値感・手堅さを受けて反転の動きを示し、高値への値動きに。中東での米ロ緊張に反応する形で原油高となり、関連銘柄も上昇したのが相場を後押しした。出来高は23億2839万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.75%、TOPIXは+1.17%、マザーズ指数は+0.40%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には大よそ上昇。ただし1銘柄が暴落し、前営業日比は-0.42%となる。


■15/10/08:日経平均終値1万8141円17銭/91.1
本日の東京株式市場は失速、安値圏での値動き。前日までの上昇続きへの警戒感もあり、寄り付きの後しばし値を上げたがその後失速、あとはずるずると投げ売りされる形となった。為替がやや円高に振れたのも売り要因となった。出来高は23億1154万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.99%、TOPIXは-0.79%、マザーズ指数は-0.59%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には大よそ下落。1銘柄が暴落し、前営業日比は-1.64%となる。


■15/10/09:日経平均終値1万8438円67銭/104.7
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前日アメリカ市場が大きく上げただけでなく、アジア市場も堅調な動きを示したことを好感し、徐々に買い進まれる形となった。後場に入ると一段高の流れとなり、大きく買い進まれた。FOMCの議事要旨により利上げ懸念が後退したことも買い材料となっている。出来高は25億4925万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.64%、TOPIXは+2.28%、マザーズ指数は+0.98%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的にはほぼ全面高銘。前営業日比は+2.04%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー