不安定感がぬぐえない一週間…株式市場雑感(15/09/28-15/10/02週)(週終値:1万7725円13銭)

2015/10/02 19:00

■15/09/28:日経平均終値1万7645円11銭/72.5
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。先週後半の高値展開の反動もあり、9月末の配当権利落ち分を超える下げ幅を見せる形となった。海外市場の不安定要因の多さも、売りを助長する形に。ただし出来高は小さめで19億3139万株(東証一部上場のみ)に留まっている。前営業日比で日経平均株価は-1.32%、TOPIXは-1.04%、マザーズ指数は+2.07%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-2.23%となる。

スポンサードリンク


■15/09/29:日経平均終値1万6930円84銭/71.2
本日の東京株式市場は大幅安の展開。前日のアメリカ市場の大幅安に加え、安値をつけたことへの精神的不安感の高まり、一部中東の投資資金引上げ報道、中国の経済不調へのリスクの高まり(8月分工業企業利益の減退)、第一中央汽船の破たんなど、マイナス要因が重なる形となった。出来高は27億9416万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-4.05%、TOPIXは-4.39%、マザーズ指数は-3.70%。日経平均株価は2015年1月19日以来、8か月ほどぶりに1万7000円を割り込む形で場を終えている。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には全銘柄が安値。前営業日比は-4.90%となる。


■15/09/30:日経平均終値1万7388円15銭/82.76
本日の東京株式市場は次第高の流れ。前日の大幅安の反動で買い戻しが入り、その動きが引けまで続いた。もっとも引けにかけてやや失速の動きも見受けられる。出来高は25億8315万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.70%、TOPIXは+2.59%、マザーズ指数は+2.21%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的にはほぼ全面高銘。前営業日比は+2.55%となる。


■15/10/01:日経平均終値1万7722円42銭/94.1
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。中国経済への不信感による売りのリバウンドや、日銀の追加緩和政策への期待感、円安化の流れで後場にかけて大きく値を上げる形となった。出来高は23億1478万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.92%、TOPIXは+2.24%、マザーズ指数は+0.90%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.76%となる。


■15/10/02:日経平均終値1万7725円13銭/101.4
本日の東京株式市場はもみあいの流れ。アメリカの雇用統計発表をひかえ、大きな売買が避けられる中、週末のポジション整理のための売りがやや優勢な状況で展開した。引けにかけて下値買いの動きから値を上げ、日経平均株価はわずかながら前日比でプラスにて引ける形となった。出来高は18億8680万株(東証一部上場のみ)と低迷。前営業日比で日経平均株価は+0.02%、TOPIXは+0.16%、マザーズ指数は+1.32%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.90%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー