LINEは6割、Facebookは8割、ツイッターは2割が実名利用…主要ソーシャルメディアの利用状況(2015年)

2015/08/31 11:19

先行記事【世代で大きく異なるソーシャルメディアでの情報拡散の基準(2015年)】などで総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)で用いられている「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」の結果を元に、ロボットの利用願望やソーシャルメディアの利用実態などを確認した。今回はその調査において判明した、現状における主要ソーシャルメディアの利用状況を見ていくことにする。調査要項の詳細は先行記事の【ウェアラブルデバイスによる健康管理サービスの需要をグラフ化してみる】を参照のこと。

スポンサードリンク


まずは主要ソーシャルメディア(LINEは厳密にはチャットツールだが便宜上ソーシャルメディアに含めておく)の利用状況。今件調査がインターネット経由であり、事実上インターネット利用者における利用率であることに注意。

↑ 主要ソーシャルメディア利用率(過去1年間、2015年、インターネット利用者限定、複数回答)
↑ 主要ソーシャルメディア利用率(過去1年間、2015年、インターネット利用者限定、複数回答)

↑ 主要ソーシャルメディア利用状況(実名・匿名別)(過去1年間、2015年、各サービス利用者限定)
↑ 主要ソーシャルメディア利用状況(実名・匿名別)(過去1年間、2015年、各サービス利用者限定)

LINEが37.5%でトップ、次いでFacebookが35.3%、Twitterが31.0%と続く。この3サービスが3割超えで、mixiは16.5%、日本の調査ではあまり顔を見せることのないInstagramが6.0%となっている。

実名・匿名別ではLINEとFacebookが実名寄り、それ以外は匿名寄り。元々Facebookは実名原則だった、LINEはプライベートツール的な利用が多いことを思い返せば、実名率の高さも納得できる。一方mixiはかつて完全な招待制だったが、現状ではその決まりも無く、匿名度はむしろTwitterより高くなっている。

この利用状況を回答者世代別に見たのが次のグラフ。

↑ 主要ソーシャルメディア利用率(過去1年間、2015年、インターネット利用者限定、複数回答)(年齢階層別)
↑ 主要ソーシャルメディア利用率(過去1年間、2015年、インターネット利用者限定、複数回答)(年齢階層別)

いずれも20代以下の利用率が一番高い。そして歳を経るにつれて利用率は落ちていく。一方でLINEは20代がずば抜けて高く、30代と40代で1段階下がり、50代以降は急速に低下していく。Facebookは30代以降の減少率が小さめで、60代でも2割強が利用している。60代以上に限れば最大利用率を示すのはLINEでは無くFacebookとなっている。

似たような現象はTwitterでも生じており、サービスによって世代間の格差が生じているのは興味深い。また出歩きと大きな関連性を持つInstagramは20代以下が高く、30代以下は低め。LINEと似たよう動きだが、20代以下とそれ以外との世代の格差はLINE以上でもある。

利用率トップ2を世代別に見ると次の通り。世代別の利用性向がうかがい知れて興味深い。

・20代以下…LINE、Twitter

・30代…LINE、Facebook

・40代…LINE、Facebook

・50代…Facebook、LINE

・60代以上…Facebook、Twitter

やや余談ではあるが、実名による利用者で限定したグラフは次の通り。比較をしやすいよう、上記のグラフと縦軸は揃えてある。

↑ 主要ソーシャルメディア利用率(実名利用者)(過去1年間、2015年、インターネット利用者限定、複数回答)(年齢階層別)
↑ 主要ソーシャルメディア利用率(実名利用者)(過去1年間、2015年、インターネット利用者限定、複数回答)(年齢階層別)

Twitterの利用状況が特異的。高齢層ほど高い値を示しており、実名利用者の全体比は世代毎の差異がほとんど無くなっている。研究者や評論家など便宜上・職務上実名を出しても問題の無い人が多く利用しているのも一因かもしれない。


■関連記事:
【増える実名登録、顔写真は…? Facebook登録者の実情変化をグラフ化してみる】
【諸外国別に見るソーシャルメディアの実名・匿名の利用実態(2014年)】
【実名登録してる? ハンドル名!? Facebookの登録名実態(2015年)(最新)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー