じわりと下降トレンド継続…ゲーム・エンタメ系雑誌部数動向(2015年1月-3月)

2015/05/01 14:00

デジタル系のゲームを楽しむ層の需要を多分にスマートフォンのアプリゲームなどに奪われ、家庭用ゲーム機市場は厳しい状態が続いている。それと共にそれらソフトの新着情報や解説記事、関連ニュースを提供するゲーム専門誌の需要も減退気味。似たような状況はアニメや漫画などのエンタメ部門の専門誌でも生じている。スマートフォンを中心としたデジタル情報へのシフトの中で、荒波にもまれつつあるこれらの専門誌の実情に関して、社団法人日本雑誌協会が2015年4月27日付で発表した、主要定期発刊誌の販売数を「各社の許諾のもと」に「印刷証明付き部数」として示した印刷部数の最新版となる、2015年1月から3月分の値を取得精査し、現状などを把握していくことにする。

スポンサードリンク


Vジャンの群抜きトップ変わらず…部数現状


データの取得場所の解説や「印刷証明付部数」など用語の内容に関する説明、読む際の諸般注意事項、さらには類似記事のバックナンバー一覧に関しては、一連の記事のまとめページ【定期更新記事:雑誌印刷証明付部数動向(日本雑誌協会)】で説明済み。必要な場合はそちらを確認のこと。また記事のカテゴリ名をクリックしてたどれる同一カテゴリの記事一覧からも、印刷証明付き部数関連の記事の過去のものを確認することが可能。

まずは最新値にあたる2015年の1-3月期分と、そしてその直前四半期にあたる2014年10-12月期における印刷実績をグラフ化し、現状を確認する。

↑ 2014年の10-12月期と2015年1-3月期におけるゲーム・エンタメ系雑誌の印刷実績
↑ 2014年の10-12月期と2015年1-3月期におけるゲーム・エンタメ系雑誌の印刷実績

今四半期では追加誌は無いものの、脱落誌として「ニュータイプ」が確認された。同誌は現在もなお紙媒体として新刊が定期的に発行されており、休刊の類でのデータの非公開化では無い。編集部、あるいは会社単位での方針によるものと考えられるが、詳しい事情は不明。今サイトで一連の記事による定期精査が始まった時には現在の倍ほどもの種類の雑誌が今ジャンルでは取り扱われていたのだが、この「ニュータイプ」の脱落で10誌にまで減ったことになる。

さらに先日【週刊アスキー、紙媒体版は5月末で終了し、今後はネットへシフト】で伝えているが、週刊アスキーが2015年5月末版で紙媒体版を終了し、デジタルに完全移行することが発表されている。早ければ次の四半期、遅くとも半年後にはさらに1誌減ることが確定してしまった次第である。

元々今ジャンルは対象となる商品がデジタル系と相性が良く、インターネット上での情報展開に向いている。見方を変えれば雑誌媒体はその媒体の特質そのものが既に不利な状態にある。インターネットが(現在と比べて)低速回線で利用されていた時には、各種データをCDなどに取り込んだ上で雑誌付録として提供し、雑誌購入の意義を高めるなどの工夫がなされた。しかし今では高速回線化が果たされ、瞬時に各種データがダウンロードでき、さらには動画も共有サイト経由で提供できる。紙媒体である必要性はさらに薄れつつある。

特にパソコン系・インターネット系の強いエンターテインメント誌はこの状況変化に対応が果たせず(良い方法論が見つからないのが最大の原因)、次々と消えていってしまう。最後まで残っていたパソコン系雑誌は(今件記事で抽出、印刷証明の部数公開が成されているのは)「週刊アスキー」のみ。無論類似ジャンルの雑誌は本屋に足を運べば他にもあるが、印刷部数を公表している「パソコン・コンピュータ誌」の分野は他には無い。

プラスは3誌…前四半期との相違確認


次に四半期、つまり直近3か月間で生じた印刷数の変化を求め、状況の確認を行う。季節による変化が配慮されない(「季節調整値」の修正をしない)ため、季節変動の影響を受けるが、短期間における部数変化を見極めるには一番の値。

↑ 雑誌印刷実績変化率(ゲーム・エンタメ系雑誌)(2015年1-3月期、前期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(ゲーム・エンタメ系雑誌)(2015年1-3月期、前期比)

プラス領域を示したのは「声優グランプリ」「アニメディア」「メガミマガジン」の3誌。誤差範囲の5%を超えたのは「声優グランプリ」のみ。ただし同誌は元々部数が少なめで、この上昇分は実数として1400部足らずでしかなく、上昇も誤差の範囲と見た方が無難。この3、4年は1000部単位の上下の振れ幅内での値動きに留まっている。

他方マイナスは7誌、誤差範囲を超えた下げは6誌。中でも「ファミ通DS+Wii」の下げ幅が大きい。こちらも「声優グランプリ」同様、元々部数が少ないため、比率の上での大きな下げは仕方がない面もあるが、中期的な流れを見ると2014年以降は下降を継続しており、危機感は否定できない。

↑ ファミ通DS+Wii印刷実績(部)
↑ ファミ通DS+Wii印刷実績(部)

独自路線、そして「進撃の巨人」特需で大きく背伸びをした「PASH!」は、その特需の終結と共に失速状態に移行。特需による上昇はその後の反動をも導く、よくあるパターンを形成してしまっている。

↑ PASH!印刷実績(部)
↑ PASH!印刷実績(部)

今回取り上げている種類の雑誌の中ではもっとも大きな部数を誇る「Vジャンプ」は、今回マイナス4.5%。下げ基調の雑誌の中では一番下げ幅は狭い。しかし今回の下げで前四半期の値で懸念していた、部数のボックス圏の底を抜けた、一段安の展開にシフトした感は強い。

↑ Vジャンプ印刷実績(部)
↑ Vジャンプ印刷実績(部)

このままの動きが続けば、今年中に20万部割れの可能性もゼロでは無い。

前年同期比は全誌マイナス


続いて前年同期比における動向を算出し、状況確認を行う。年単位の動きのため前四半期推移と比べればやや雑な値動きの精査となるが、季節変動を気にせず、より正確な雑誌のすう勢を確認できる。

↑ 雑誌印刷実績変化率(ゲーム・エンタメ系)(2015年1-3月期、前年同期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(ゲーム・エンタメ系)(2015年1-3月期、前年同期比)

全誌が揃ってマイナス。前四半期比ではプラスを示した「声優グランプリ」「アニメディア」「メガミマガジン」もすべてマイナスで、特に「アニメディア」「メガミマガジン」は1割以上の下げを示している。中でも「ファミ通DS+Wii」の下げ幅はきっかり5割で、これは奇しくも前四半期における前年同期比の動向と同じ。何らかの意図すら覚えさせる。またその実態は上記の折れ線グラフの通りで、下降一直線の状況。

アニメ関連雑誌としてはライバル的な存在、「三国志」ならば魏呉蜀のような立場にある「三大アニメ誌」、具体的には「アニメージュ」「アニメディア」「ニュータイプ」の動向に関して、ここ数四半期は継続的に追いかけている……のだが、上記の通り今四半期から「ニュータイプ」の部数が非公開となったため、残り「アニメージュ」「アニメディア」のみ、データの継続反映をさせた上で、状況の精査を続ける。

「アニメージュ」と「アニメディア」の2誌間で順位変動が起きた後、そのポジションが維持されたまま、3誌とも部数を下げていた。今四半期では「アニメディア」がいくぶん部数を増やし、「アニメージュ」が減らしたことで、両誌の差は縮まることとなった。しかしまだ順位に差し替わりは無い。

↑ 三大アニメ誌の印刷実績(部)(2015年1-3月期まで)
↑ 三大アニメ誌の印刷実績(部)(2015年1-3月期まで)

↑ 三大アニメ誌の印刷実績(部)(2015年1-3月期まで)(アニメディア・アニメージュ抜粋)
↑ 三大アニメ誌の印刷実績(部)(2015年1-3月期まで)(アニメディア・アニメージュ抜粋)

直近値では「ニュータイプ」は非公開、「アニメージュ」5万2400部、「アニメディア」4万8200部。各誌とも中期的には漸減傾向なのに変わりはないものの、「アニメージュ」はこの数年下げ幅を最小限のものにとどめる一方、「アニメディア」の下げ幅がきついことから、順位変動が起きてしまった実情が良くわかる。前四半期の記事では「場合によっては今後数四半期のうちに、「ニュータイプ」と「アニメージュ」間の順位変動すらありえる」としたが、今回の非公開化が継続した場合、「ニュータイプ」を絡めた順位動向は確認できないことになる。



先行記事【少年・男性向けコミック誌部数動向】で触れているが、「妖怪ウォッチ」の特需は今なお少年コミックの一部雑誌で継続しており、数年来無かったような部数実績が確認されている。元々「妖怪ウォッチ」はマルチメディアコンテンツによる展開ではあるが、アニメ同様ゲームも主軸媒体には違いなく、その恩恵がほとんど今件雑誌業界で得られていないのは、不思議でもあり残念でもある。

先日の発表の通り、任天堂もスマートフォン分野に本格的な歩みを進めることを決めている(他のソフトメーカーとは方向性は異なるが、これまでと比べれば大きな一歩に違いない)。冒頭の通りゲームやアニメはデジタル媒体と相性が良いことから、今後スマートフォンがさらに普及し、インターネット経由による情報配信技術が進んで浸透すれば、紙媒体の専門誌はさらにビジネス環境が厳しいものとなる。

デジタルよりも紙媒体の方が優れている切り口、対価を出しても良いと思える価値の創生。成長を示している方法との連動性。ゲームやアニメ関連のエンタメ専門誌には、起死回生の発想と決断が求められているに違いない。


■関連記事:
【「妖怪ウォッチ」はなぜ子供達に受け入れられたのか(上)…メディアミックス編】
【定期更新記事:出版物販売額の実態(日販)】
【付録付き雑誌「魅力を感じる」約4割】
【iPadはマンガ、Kindleは……!? iPadとKindle(キンドル)、閲覧したい電子書籍で異なる傾向が】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー