2014年の全体喫煙率19.7%、はじめて2割を切る(JT発表)

2014/07/31 13:00

JT(2914)は2014年7月30日、同社が定点観測的に毎年実施しており、今年は2014年5月に実施した「全国たばこ喫煙者率調査」の結果を発表した。それによると2014年5月時点における全国の喫煙率は19.7%となり、前年比で1.2ポイントのマイナスとなったことが分かった。これは計測値として確認が出来る値の中では、はじめての2割を切る形となる。男女別では男性が1.9ポイント減少の30.3%、女性は0.7ポイントの減少で9.8%を示している。女性の喫煙率は男性と比べて元々少なめだが、今年はさらに減じて1割を切ったのが目に留まる(【発表リリース:2014年「全国たばこ喫煙者率調査」、男女計で19.7%】)。

スポンサードリンク


今調査は1965年以降JTが毎年、定点観測的に実施しているもので、今回調査では前回同様に層化二段抽出法が用いられ、郵送依頼・郵送回収法で実施している。成人(20歳以上)の男女約3万2000人を対象に依頼し、今年は1万9420人の有効回答が得られた(有効回収率は60.5%)。喫煙率の算出の際には、回答者の性別・年齢階層において、成年人口構成比に合わせて補正(いわゆるウェイトバック)が行われている。

今回の調査結果を把握するため、グラフ化すると次の通りとなる。

↑ 全国喫煙率(-2014年7月、JT発表)
↑ 全国喫煙率(-2014年7月、JT発表)

↑ 全国推定喫煙人口(-2014年7月、万人、JT発表)
↑ 全国推定喫煙人口(-2014年7月、万人、JT発表)

グラフから直近6年間の動向を確認すると、喫煙人口は全体としてぶれることなく漸減傾向を続けている。他方男女別動向を確認すると、喫煙人口は男性が圧倒的に多く、一定率で減少を続ける一方、女性は喫煙率の上では10%切れを間近に横ばいで推移し、大きな動きが無い。また昨年2013年にいたっては、誤差の範囲との解釈もできるものの、喫煙率・喫煙人口共に増加する結果を示した。しかし2014年では男性同様に喫煙率・喫煙人口共に減退し、1割を切る形となっている。

JT側では今回の結果に関するコメントとして、「喫煙者率が減少傾向にあるものと考えております。この要因は複合的であり一概には言えませんが、高齢化の進展、喫煙と健康に関する意識の高まり、喫煙をめぐる規制の強化や、増税・定価改定等によるものと考えております」と、去年と一言一句変わらない言い回しを用い、それらの条件が重なったことで喫煙人口が減退したと説明している。つまり状況は昨年から変わらず、たばこの消費が減りつつある環境に変化は無いとの分析を(少なくとも対外的には)していることになる。

直近の【たばこ販売本数実績の最新動向】(今記事執筆時点では2014年6月分)で確認する限り、多少の起伏はあるが、2010年10月のたばこ大幅値上げ以降、そして2011年3月の震災に伴う一時的な供給減がさらに弾みをつける形で消費量は減退しており、その上2014年4月の消費税率引き上げでも消費量の減退速度が加速化された感はあり、それらの数字からも喫煙人口の減少は裏付けられる。

なお今年発表分も去年同様、2014年の最新値としての各種喫煙率データが今件リリース上で公開されている。関連する記事に関しても、機会を改めて最新値を反映した上で、現状を精査することにしよう。


■関連記事:
【たばこの税収推移をグラフ化してみる】
【たばこ税の推移をグラフ化してみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー