ギリシャ問題は一息ついたか…株式市場雑感(15/07/13-15/07/17週)(週終値:2万0650円92銭)

2015/07/17 19:00

■15/07/13:日経平均終値2万0089円77銭/88.9
本日の東京株式市場は次第高の流れ。ギリシャ情勢は場中ではきわどい状況が続いているが、先週のような過度の悲壮感は無くなり、またアジア市場が堅調に推移したこともあり、大きく値を上げた。日経平均株価は終値ベースで1週間ほどぶりに2万円台を回復している。なお場が引けた後にギリシャの金融支援は合意に達したと報じられている。出来高は20億5345万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.57%、TOPIXは+1.89%、マザーズ指数は+2.71%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはほぼ全面高。ただし1銘柄が暴落し、前営業日比は-0.05%となる。

スポンサードリンク


■15/07/14:日経平均終値2万0385円33銭/101.9
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。ギリシャの債務問題に関して基本合意がなされたことを好感して欧米市場が大幅上昇。その流れを受ける形で、全面的に買い進まれた。為替が円安に進んだことも好感された。ただ中国株がまだ不安定なところもあり、頭は抑えられている。出来高は24億6268万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.47%、TOPIXは+1.56%、マザーズ指数は+3.32%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。前営業日比は+2.08%となる。


■15/07/15:日経平均終値2万0463円33銭/106.5
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の欧米市場の高値を好感する形で買い進まれた。もっともギリシャ問題の不安定さへの懸念やFRBにおける議長の議会証言を見極めたいとする思惑もあってか、上値は抑えられる形に。出来高は20億4469万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は+0.38%、TOPIXは+0.47%、マザーズ指数は-0.33%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.53%となる。


■15/07/16:日経平均終値2万0600円12銭/104.2
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。ギリシャ議会において財政改革法案が可決されたことを好感する形で、良い値動きに終始した。安全保障関連法案の衆議院本会議での可決は、特に材料とはならなかった。出来高は21億2756万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.67%、TOPIXは+0.88%、マザーズ指数は+1.07%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。前営業日比は+0.61%となる。


■15/07/17:日経平均終値2万0650円92銭/102.2
本日の東京株式市場はやや高値圏での値動き。為替の円安化や前日のアメリカ市場の堅調さを背景に買い基調となったものの、週末のポジション整理の売りや、来週以降の動向見極め感が強く、勢いは弱かった。出来高は18億7308万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.25%、TOPIXは+0.13%、マザーズ指数は+1.06%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.05%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー