子供に一番人気のキャラは「アンパンマン」、次いで最近人気急上昇の……

2014/06/25 14:00

バンダイは2014年6月24日、子供における人気キャラクターに関する調査結果を発表した。それによると0歳から12歳で構成される調査対象母集団においては、もっとも好きなキャラクターとして最大多数の賛意を受けたのは「それいけ! アンパンマン」だった。次いで「妖怪ウォッチ」が続いている。男女別では男子が「妖怪ウォッチ」、女子は「アイカツ!」がトップに付き、男女とも「それいけ! アンパンマン」が第2位に位置している(【発表リリース:バンダイこどもアンケートレポートVol.216「好きなキャラクターに関する意識調査」結果発表】)。

スポンサードリンク


アンパンマンに続くは妖怪ウォッチ


今調査は2014年5月16日から18日にかけて、0歳から12歳の子供を持つ人にインターネット経由で「子供の意見を入力できるようような状況で」答えてもらったもので、有効回答数は800人。子供の年齢(0-2歳・3-5歳・6-8歳・9-12歳)と性別で均等割り当て。調査協力はクロス・マーケティング。

子供が好きなキャラクターはテレビ視聴率はもちろんだが、食玩、おもちゃ、文房具、ゲームソフトなど関連商品の展開の動向を探る上で、非常に重要な情報に違いない。コンビニや外食産業におけるキャンペーンでも、子供向けの商材が使われる事例は多々あり、それらは必然的に子供に人気のあるキャラクタが用いられることになるからだ。

調査対象母集団全体における、もっとも好きなキャラクター(シリーズ単位、以下同)の人気投票の結果が次のグラフ。「それゆけ! アンパンマン」の不動のトップ感には威厳すら覚える。

↑ もっとも好きなキャラクター(男女総合)(2014年)
↑ もっとも好きなキャラクター(男女総合)(2014年)

説明によれば2012年から調査方法を変更してはいるが、2002年の調査結果以来13年連続で「アンパンマン」はトップについているとのこと。人気の理由は「わかりやすいストーリー展開とキャラクターの多さ」にあるとのことで、まさに王道的ストーリースタイルがばっちり子供のハートをつかんでいることになる。

第二位は「妖怪ウォッチ」。昨年7月に発売されたゲームソフトを基幹とする、マルチメディア展開の作品。当サイトの週間ゲームソフトランキングの記事でも随時解説しているが、今年の1月からスタートしたテレビアニメ放送で人気が炸裂した作品。今では大手コンビニでの予約の登りにもある通り、7月に続編が発売されることもあり、さらに盛り上がりを見せる。この人気については「いろんな妖怪が出てきて面白い」「学校で流行って話題になっている」とのコメントが寄せられていて、「バリエーションの豊富さ」「共通話題としての適格性」「コンテンツそのものの魅力的な面白さ」が流行につながっていることがうかがえる。また、テレビアニメ放送がトリガーとなったことも再確認できる。テレビは子供にとって容易にリーチできる、共通の話題を入手する最良の手段に他ならないからだ。

第三位は「アイカツ!」。一部「大きなお子様達」にも人気のタイトルだが、特に小学生女子の評判が高い。人気の理由としては「衣装の可愛さ」「歌と踊りが良い」などがあり「ファッション性」「歌やダンス」など、女の子があこがれるアイドル的要素をすべて有していることがポイントなようだ。

男女で異なる、共通する人気キャラ


これを男女別に、上位陣を確認したのが次のグラフ。

↑ もっとも好きなキャラクター(男女別(2014年)
↑ もっとも好きなキャラクター(男女別(2014年)

「妖怪ウォッチ」は特に男子、「アイカツ!」や「プリキュアシリーズ」は女子に人気が高いことが分かる。パッと見で男子はカッコイイ系、女子はカワイイ・ステキ系が好みのようだ。またそれとは別に「アンパンマン」の(人気の上での)力強さが再確認できる。

やや余談になるが、ついでにということで。前年同時期に行われた同様調査結果から、上位10位を抽出し、今回の10位と並べたのが次のグラフ。11位以下はデータが確認できないので、その部分は当然空白となる。

↑ もっとも好きなキャラクター(男女総合)(2013-2014年、各年上位10位まで)
↑ もっとも好きなキャラクター(男女総合)(2013-2014年、各年上位10位まで)

「妖怪ウォッチ」は昨年の調査時点ではまだゲームソフトそのものが登場しておらず、ランキングには入っていない。また「ONE PIECE」は今回上位10位にその姿を見せておらず、具体的数字は不明。数%の動きはぶれの範囲だが、「アイカツ!」の上昇ぶり、「プリキュアシリーズ」「ポケットモンスター」の得票率の低下状況が気になる。単一回答であることを考えると、「ONE PIECE」の10位からもれた件もあわせ、「妖怪ウォッチ」や「アイカツ!」の奮戦が、これらタイトルのシェアに大きな影響を与えたのではないかと考えられる。それぞれ作品の傾向、印象は似通っているだけに、あながち有り得なくもない、道理が通る動きであろう。


■関連記事:
【新作展開成るも上位入りは果たせず…ゲームソフトランキング更新(2014/06/09-06/15)】
【3DS LL本体に「妖怪ウォッチ」特別版登場、数量限定でジバニャンがお出迎え】
【ウワサの「アイカツ!」初登場・ハッピーセットに「ウルトラマン/アイカツ!」4月18日から展開開始】
【アイカツ!カード付き商品第二弾・「アイカツ! ハンバーグ」丸大食品から登場】
【バンダイがアイカツでシリアルに参入、「ベリーグッドモーニングシリアル」4月7日発売】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー