波乱に富んだが週末終値で2万円は維持…株式市場雑感(15/06/08-15/06/12週)(週終値:2万0407円08銭)

2015/06/19 19:00

■15/06/15:日経平均終値2万0387円79銭/110.9
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。ギリシャに対する支援協議が不調のまま推移していることを受けて欧米市場が軟調で展開したことを反映し、終始弱気な状況での市場展開となった。もっとも安値は寄り付きで記録し、後はじわりと持ち直す流れとなっている。出来高は小さめの17億0416万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.09%、TOPIXは+0.03%、マザーズ指数は+0.67%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。前営業日比は+0.48%となる。

スポンサードリンク


■15/06/16:日経平均終値2万0257円94銭/104.7
本日の東京株式市場は安値低迷。海外情勢、特にギリシャの債務問題の不安定な状況や、FOMCの開催を前に積極的な売買をひかえる動きが強まっており、ずりずりとした下げ基調で推移した。出来高は19億9441万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.64%、TOPIXは-0.73%、マザーズ指数は-1.36%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は+0.11%となる。


■15/06/17:日経平均終値2万0219円27銭/104.0
本日の東京株式市場は安値低迷。寄り付きこそ前日のアメリカ市場の堅調さを受けて買い進まれたが、日本だけでなく欧州・アメリカにおける株価を大きく左右しうる状況が相次ぎ待ち構えている時期でもあり、買い進まれることはなく、むしろ先物中心に売り込まれる形となった。FOMCの声明文発表や日銀の金融政策決定会合、さらにはギリシャの債務問題などである程度方向性が見極められるまでは、さえない出来高の中で弱含みの展開が続きそうだ。その出来高は18億8798万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.19%、TOPIXは-0.38%、マザーズ指数は+0.78%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.60%となる。


■15/06/18:日経平均終値1万9990円82銭/102.4
本日の東京株式市場は安値低迷。FOMCの結果を受けて円高ドル安が進み、これが売りの圧力となる形で大幅安となった。またギリシャの債務不履行懸念が強まり、これも足を引っ張り続けている。出来高は20億2396万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.13%、TOPIXは-1.04%、マザーズ指数は+0.45%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.30%となる。


■15/06/19:日経平均終値2万0174円24銭/103.8
本日の東京株式市場は高値展開。欧米市場の堅調さやここ数日の安値の買い戻しや押し目買い的な動きを受け、寄り付きから大きく買い進まれた。その後高値での値動きが続いたが、やや値の変動は大きく、荒れた形となっている。出来高は24億0593万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.92%、TOPIXは+0.89%、マザーズ指数は+0.50%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.43%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー